バイナリーオプション講座

FX取引で勝っている人が使っているテクニカル分析とは

FX取引で勝っている人が使っているテクニカル分析とは

FXの勝ち方を考える上で 損切りのルール設定は必須 です。

FXは少額資金で始められる!初心者におすすめのFX会社8選も紹介

読者

  • FXを始めたけど時間がないし、売買の判断が難しいから自動売買ツールを使ってみたい
  • FXの自動売買ツールは稼げるの?なんか怪しくない?
  • FXの自動売買とは何か開設
  • 自動売買のメリット・デメリットを紹介
  • 最後におすすめの自動売買ツールを紹介

FXの自動売買(システムトレード)とは?

  • システムが自動でトレードしてくれる
  • 自動売買の種類は3種類
  • 裁量トレードとの違い

①:システムが自動でトレードしてくれる

  • 移動平均線のゴールデンクロスで「買い」デットクロスで「売り」
  • ある価格帯に近づいてきたら「買い」もしくは「売り」を入れる

②:自動売買の種類は4種類ある

1.リピート型

ルールに従って機械的にトレードが行われるため「人間の感情が一切介入しない」ことが強みです。

設定型は中・上級者向けの自動売買です

4.MT4型

③:裁量トレードとは「心理的な負担」が違う

自動売買 裁量トレード
取引方法 機械的に取引 個人で売買のタイミングを判断
稼げる難易度 コツコツで利益になる可能性はある 9割が負けると言われている

裁量トレードとの大きな違いは「心理的な負担」の違いです。

自動売買(シストレ)デメリット

  • 100%勝てるわけではない
  • チャート分析の能力が身につかない
  • 詐欺が多い

デメリット①:100%勝てるわけではない

自動売買のソフトは過去のデータに基づいて「次はこのように動くだろう」といった予測に基づいてプログラムされています。

デメリット②:テクニカル分析の力が身につかない

裁量トレードで勝てるようになると「自分だけの稼げるスキル」が身につきますが、自動売買ではこういった技術は身につきません。

デメリット③:詐欺が多い

FXの自動売買の界隈には、怪しいツールは結構売られていますが、こういったツールは絶対に購入してはいけません。

FX自動売買にかかる費用はどれくらい?

  1. 必要証拠金
  2. 自動売買の購入費用
  3. VPSの契約費用

必要資金①:取引する用の証拠金

必要証拠金②:自動売買ツールの購入費用

必要証拠金③:自動売買を稼働させるためのVPS費用

そこでVPSを利用することで、さまざまなリスクを減らし「安定して」FXの自動売買ツールを運用できる、ということです。

  • 常に安定してプログラムを動かせる
  • PCスペックは普通でOK
  • 機械の管理が必要ない

FXの自動売買は初心者でも稼げるの?

結論、稼げる可能性は十分あります。

  1. 24時間トレードできるから
  2. 「感情抜き」でトレードできるから
  3. 初心者でも扱いやすいから

①:24時間トレードできるから

FXの自動売買であれば、仕事中・睡眠中でも稼働してくれるので、初心者にとって大きなハードルである「チャートの監視」をする必要がなくなります。

②:感情に左右されずにトレードできるから

③:初心者でも扱いやすいから

とはいっても一度設定してしまえば、あとは自動的にトレードを繰り返してくれるので、初心者でも扱いやすい部類に入ります。

FXの自動売買で稼ぐコツ

  1. ある程度の資金力がある
  2. バックテストを信頼しすぎない
  3. 自分にあった注文方法を理解する
  4. 損失や利益に反応しすぎない
  5. 一定期間は同じルール手法を貫く

①:ある程度の資金力がある

  • 資金が100万円の人場合
    目標が資金の10分の1であり、リスクを抑えながら運用できる
  • 資金が10万円の人の場合
    資金が100万円の人に比べて、目標が資金の100%であるため、資金を溶かしてしまうリスクが高まる

ここで言いたいことは「資金力がないなら自動売買はやるな」ということではなく、「資金力がないなら大きな利益を狙うべきではない」ということです。

②:バックテストを信頼しすぎない

バックテストの成績が良い場合でも、実際の相場では「人間の感情が介入する」ため、実戦で勝てるようになるとは限りません。

つまり、バックテストには信頼を置きすぎず、あくまで参考の1つとして捉え、自分で検証していくことが重要になります。

③:自分にあった手法を理解している

そういった方は、「ポジション数」「投資する金額」「リスク許容額」この辺りをある程度ルール化して、自分なりのルールを持っておくと良いでしょう。

④:損失や利益に反応しすぎない

⑤:長期間同じルールを続ける

長期で運用してみて勝てるならそのまま続ける、逆に長期でも勝てないなら別のツールにしてみるか、設定をいじる。こういった改良をすることで、自動売買で勝てる確率が上がっていきます。

FX自動売買ツールを選ぶポイント

  • 実績
  • 少額取引が可能か
  • 手数料
  • 自動売買ツールの種類

①:実績があるか

先ほども説明しましたが、こういった実績やバックテストを信頼しすぎることはやめたほうがいいでしょう。

②:少額取引が可能か

  • トライオートFX
  • みんなのシストレ
  • トラッキングトレード
  • iサイクル2取引

FXの手数料としてはスプレッドが有名ですが、自動売買ツールを利用する場合には通貨ペアを「購入」「売却」する際にも手数料がかかる場合があります。

スプレッド(ドル/円) 手数料
みんなのシストレ 1.9銭 無料
トライオートFX 0.3銭 片道20円
iサイクル2取引 0.9銭 片道20円
トラッキングトレード 0.2銭 片道20円

④:自動売買ツールの種類

「選択型」であれば、FX会社が用意したツールを選択するだけなので、初心者でも十分利用可能です。

おすすめのFX自動売買ツール

第1位:トライオートFX

おすすめ第一位はインヴァスト証券のトライオートFXです!

FX取引で勝っている人が使っているテクニカル分析とは
収益率 160%以上
スマホ対応
手数料 片道20円
通貨ペア 17種類
取引単位 1Lot=1,000通貨

第2位:iサイクル2取引

実績 57.5%
スマホ対応
手数料 片道20円
通貨ペア 29種類
取引単位 4,000円〜

第3位:みんなのシストレ

FX取引で勝っている人が使っているテクニカル分析とは FX取引で勝っている人が使っているテクニカル分析とは
実績 160%以上
スマホ対応
手数料 片道20円
通貨ペア 17種類
取引単位 1Lot=1,000通貨

第4位:トラッキングトレード

第4位はトラッキングトレードです!

FX取引で勝っている人が使っているテクニカル分析とは
実績 85.2%
スマホ対応
手数料 片道20円
通貨ペア24種類
取引単位 4,000円〜

FX自動売買のまとめ

  • 自動売買(シストレ)とはプログラムが人の代わりにトレードしてくれる
  • 自動売買ツールには大きく分けて4種類ある
  • 自動売買なら初心者でも勝てる可能性がある
  • 詐欺は多いが、実績のあるツールを利用することで回避できる
  • 初心者には「リピート型」か「選択型」がおすすめ
  • 最後におすすめの自動売買ツールを紹介

自分なりにカスタマイズしてみたかったり、自分の手法を落とし込みたい場合はMT4などでプログラムすることで、自分だけのツールを作成することもできます。

FXテクニカル分析おすすめ5つをあなたのレベルに合わせて紹介

テクニカル分析について徹底解説

初心者におすすめのテクニカル分析2選

これから紹介する分析手法は中級者以上向けであり、少し複雑ですが以下の2つを使いこなせば武器になります。

1:MACD

macd

具体的には、短期の移動平均線と中期の移動平均線を使用して売買を判断するものです。

移動平均線よりも 相場の転換を早く判断可能なだけでなく、移動平均線の応用としてステップアップで使える メリットがあります。

MACD アップ

2:ボリンジャーバンド

ボリジャーバンド

ボリンジャーバンドは、統計学的に為替レートが一定の確率でバンド内に収まることを表すテクニカル指標です。

多くのトレーダーが トレンド分析や売買判断、損切り・利食いなどに活用 していて、比較的万能に使えるのがボリンジャーバンドの特徴です。

FXテクニカル分析でおすすめな本2選

  1. 先物市場のテクニカル分析
  2. FX チャートリーディング マスターブック

FXテクニカル分析成功率上昇のポイント3つ

テクニカル分析の成功率を極めるポイント

上記を実践すれば、初心者でも安心してテクニカル分析を行えます。

1:100%成功するとは限らないと考える

大事なのは、 予想と外れた時の損切りの判断 です。

なぜなら、どんなテクニカル分析も失敗するとわかっていれば、損切りの判断が速くなり損失をおさえられるからです。

2:一つの方法にこだわらない

上記のように、テクニカル分析も万能ではないので、 複数の視点で判断すべき です。

そのため、ファンダメンタルズ分析など複数のテクニカル分析手法を組み合わせての判断がコツです。

3:売買シグナルが消えたら決済する

テクニカル分析を使って売買していて、根拠となる売買シグナルが消えたら、 ムリせずに利確・損切りする のが損失をおさえるコツです。

その売買シグナルが消えたら、将来の相場は予測できないので、早々の決済がポイントです。

テクニカル分析が使いやすいFX会社2選

テクニカル分析が使いやすいFX会社2選

テクニカル分析が使いやすいFX会社は、以下の2社がオススメです。

  1. GMOインターネットグループのFX会社「外貨ex byGMO」
  2. FX取引高世界第1位! ※ 「GMOクリック証券」

約4千円から取引可能な 外貨ex byGMO

外為exbyGMO

外貨ex byGMOは、プロ仕様の取引ツール「外貨exアプリ NEXT」が使いやすいのでオススメです。

外貨exアプリ NEXTの中で、とくに スピード注文系 が優れており、全36種類のテクニカル分析を使用できます。

なぜなら、チャートを見ながらワンタッチで発注するので、操作性に優れているだけでなくチャンスを逃さず取引可能だからです。

また、 最大6画面 の分割が可能なので、とにかくテクニカル指標やチャートが使いやすいFX会社としてオススメです。

手数料が最安値水準な GMOクリック証券

GMOクリック証券

GMOクリック証券は発注機能に特化した「はっちゅう君FX」と、チャート機能に特化した「プラチナチャート」のバランスが取れているFX会社です。

また「スピード注文」を使えば ワンクリックで注文 でき、チャート上で注文する「チャート注文」があるなど、注文方法も豊富です。

このようにGMOクリック証券は幅広い機能があるので、初心者だけでなく中級者にもオススメです。

FXテクニカル分析のオススメまとめ

テクニカル分析を極めよう

上記で紹介した「 勝率アップのコツ 」を実践すると、今後はテクニカル分析の勝率を上げたいと悩むことは一切なくなり、応用レベルのテクニカル分析にステップアップができます

FXにテクニカル分析はいらない?意味ない?効果的な使い方を解説

FXにテクニカル分析はいらない?意味ない?効果的な使い方を解説

FXのテクニカル分析がいらない理由は?

FXのテクニカル分析がいらない理由は?

つまり、 確固たる根拠を持って将来の値動きを予想できるものではないのです。

ここでは、 テクニカル分析がいらないとされる理由を詳しく見ていきましょう。

結果論でしかなく科学的根拠はない

テクニカル分析は あくまで結果論であるため、科学的根拠を求めることはできません。

しかし、 テクニカル分析の限界を知っておくことも非常に重要です。

裁量トレードよりも取引が遅くなる

裁量トレーダーよりもテクニカルトレーダーの方が 投資判断が遅くなる傾向があります。

つまり、テクニカルトレーダーは 指標越しに相場を分析している分、時間的に劣勢に立たされてしまうのです。

ランダムウォーク理論によると90%は規則性がない

ランダムウォーク理論とは、チャートの値動きは ランダムに動くため予測はできないことを裏付ける理論です。

ランダムウォーク理論は、 テクニカル分析のみに頼りきりで勝負すると勝てないことを裏付ける理論です。

システムトレードが開発されている

FX自動売買の仕組みや特徴をわかりやすく解説

テクニカル分析は システムトレードと呼ばれる自動ツールでも行えます。

テクニカル分析を学ぶという理由が無いのであれば、 システムトレードに売買をゆだねてみても良いでしょう。

FXのテクニカル分析が必要な場面はある?

FXのテクニカル分析が必要な場面はある?

テクニカル分析を身につけることは FXで取引をする上で決して無駄にはなりません。

FXで成功を収める上で、 テクニカル分析がどのような効果があるのかについて詳しく見ていきましょう。

自分の中でのルールの基準になる

取引をする上で、 自分のルールを明確にするのは非常に重要です。

不安定なものを相手にするFX取引において、 自分の軸を失うことだけは避けましょう。

10%の規則性を見つけるのに役立つ

ランダムウォーク理論をもとに考えると、 テクニカル分析が有効になるのは市場全体の10%です。

彼らが成功している主な理由は、 テクニカル分析が通用する相場環境と通用しない相場環境の見極めが的確だからです。

市場の心理の理解が深まる

テクニカル分析を理解できれば、 市場全体の心理を理解しやすくなります。

大衆心理の動きを読み取ることで有利に取引を組み立てられるため、 トレンド相場では強い味方になるでしょう。

スキャルピングでは一定の効果が期待できる

スキャルピングのような短期取引は、 テクニカル分析を活用しやすい傾向があります。 FX取引で勝っている人が使っているテクニカル分析とは

ボリンジャーバンドはランダムウォーク理論を元に開発されたテクニカル指標であるため、 相場の不規則性も考慮に入れたテクニカル指標として有名です。

FXのテクニカル分析の効果的な使い方

FXのテクニカル分析の効果的な使い方

FXのテクニカル分析は 相場環境を判断した上で使い分けていくことが重要です。

オシレーター系で過熱度を見る

過熱度とは、 相場の売られすぎや買われすぎの度合いを指す言葉です。

相場がもみ合った後のトレンドを読み取る重要な判断軸になります。

10%の規則を確実に狙う

FX相場は90%がランダムウォークで変動しますが、 残り10%のトレンド相場は一定の規則を持った値動きをします。

FXの勝ち方とは?実践すれば負けにくくなる法則10選!

FX_勝ち方_勝率


FXの勝ち方は 負けないトレードができるようになる事 です。

・損失を少なくし「損小利大」のトレード FX取引で勝っている人が使っているテクニカル分析とは
・1つ1つのトレードに一喜一憂しないでトータルで利益が出せるトレード

・今すぐ稼ぐ事ではなく将来稼ぎ続けるスキルを身に着けると考える
・「FXは簡単」ではなく「努力と忍耐と継続」が必要なビジネスと考えを改める
・チャートが悪い、手法が悪いではなく、すべての結果は自分自身に責任があると考える
・取引ルールがすべてに優先する

退場者の多くは この4つの考え方を持てなかったからFXから離れた と言っても良いでしょう。

・資金に余裕を持たせる
・ナンピンをしない
・損切りルールを守る
・分析を怠らない
・自分に合ったトレードスタイルを選ぶ
・タイミングが悪いときはトレードをしない
・勝っている投資家に学ぶ
・デモ口座で練習する
・通貨ペアを見直す
・自動売買ツールを使ってみる

資金に余裕を持たせる

FX_勝ち方_資金

実際には小資金から始めた場合もう少し多くなりますが、大切なことは FXは勝つ可能性もあるが負ける可能性もある事を認識すること FX取引で勝っている人が使っているテクニカル分析とは です。

「早く稼ぎたい」との気持ちは十分わかるのですが、 徐々に利益を重ね、それが積み重なって大きな利益になる投資がFX です。

ナンピンをしない

FX_勝ち方_ナンピン


ナンピンは投資の悪いポジションの持ち方と考えがちですが、実は立派な手法です。

  1. ポジションを持ったけど反対に相場が進んでしまって含み損が出ている
  2. しかし多分ここから好転するだろうと追加のポジションを持つ
  3. また反対に進んだけどここで今までの倍ポジションを持って予定通り進めば損も出ないし何とかなる・・・

損切りルールを守る

FX_勝ち方_損切り


FXの勝ち方を考える上で 損切りのルール設定は必須 です。

この負けた方のほとんどが損切りの設定もせず「恐らく相場が好転するだろう」と 「根拠のない期待」で含み損を大きくしたことが原因 です。

分析を怠らない

FX_勝ち方_分析


「相場の先は誰もわからないのならば分析しても無駄」

相場の動きにはある一定の法則があり、チャートの動きの中からその法則を見つけ、 予想の精度を上げる手段が相場分析 なのです。

決して「値ごろ感」「2分の1の選択」では無く、客観的なデータに基づいた予想になります。

相場分析の種類 主な分析の仕方
テクニカル分析 チャートの動きのパターンやインジケーターを使い、次の動きを予想する方法
ファンダメンタル分析 経済指標や要人発言、各国の情勢などの情報から相場の動く方法を予想

相場分析の種類 1回のトレードの長さ 主な分析の仕方
スキャルピング 数秒~数十分 テクニカル分析
デイトレード 数分~数時間 テクニカル分析
スイングトレード 数日~数週間 期間が長くなるほどファンダメンタルズ分析要素が強くなる
長期トレード 週単位~月単位 ファンダメンタルズ分析

ほとんどの初心者トレーダーはテクニカル分析から始めると思いますし、テクニカル分析から始めたほうが取り組みやすいでしょう。

・相場の基本法則(ダウ理論や三尊などのチャートパターン)を最初に身に着ける
・全てのインジケーターはローソク足から出来ている事を理解する
・過去チャートを含め、できる限りチャートを見続ける

相場の基本法則(ダウ理論や三尊などのチャートパターン)を最初に身に着ける

FXで早く稼ぎたいと思うとテクニックに走りがちですが、実際は FX取引で勝っている人が使っているテクニカル分析とは 相場の基本法則を身に着け実践で使えるレベルにした方が早道 です。

FXは「急がば回れ」の考え方が勝ち方のポイントでしょう。

全てのインジケーターはローソク足から出来ている事を理解する

つまり、インジケーターや手法から勉強してしまうと、勉強しているつもりが 実は肝心の部分が学べていない となってしまうわけです。

インジケーターや手法はチャートの基本法則を知り、ローソク足の動きが分かった上で、 FX取引で勝っている人が使っているテクニカル分析とは その根拠を確実なものにするための補助として使う使い方が正しい使い方 であることは覚えておきましょう。

過去チャートを含め、できる限りチャートを見続ける

自分に合ったトレードスタイルを選ぶ

FX_勝ち方_トレード


FXの勝ち続ける為には自分の戦う舞台を決める必要があります。

最初に 1つのトレードスタイルを極める事がFXの勝ち方のポイント です。

・メインの時間足を決める
・取引方法を決める
・取引ルール決める

またトレードスタイルを決めるまではトライアンドエラーを何度も繰り返し学び続ける必要があります。

メインの時間足を決める

しかしこれではあまりにも曖昧です。
具体的には どの時間足をメインに分析してトレードしたいのかを最初に決めなければいけません。

FX_勝ち方_トレード

つまり 戦う時間足を決めなければ戦い方を決められない わけです

取引方法を決める

取引方法
順張り 大きな流れにもメインで観察している時間足でも現在発生しているトレンドに乗ってポジションを持つ手法
逆張り 大きな流れに逆らっていないが、メインで観察している時間足ではトレンドに逆らった方向にエントリーする手法

順張り、逆張りについての定義は様々ですが、 初心者はどちらも「大きな流れに逆らわない」ことを忘れないようにすることがポイント です。

1つの取引方法を深く考え、不具合を修正していく。 FXで勝つためには「こだわり」も必要 ですよ。

取引ルールを決める

トレードスタイルとは最終的に 自分が守ることができる取引ルールを持つ事 と言い換えられます。

ポイントは「感情の入り込む余地がない明確なルール」という点。

タイミングが悪いときはトレードしない

FX_勝ち方_トレード


FXの勝ち方は負けないトレードを身に着けるとずっと話してきましたが、その為には攻めてはいけません。ひたすら待ちます。

具体的にはこの2点を守ることでしょう。

FXは今ではなく将来利益が出ていることを目指す投資方法です。どうしても目先の利益に気持ちが向いてしまうのなら上記2点を紙に書いて画面の端に貼っておくのも良いと思いますよ。

勝っている投資家に学ぶ

FX_勝ち方_投資家


勝っている投資家に学ぶとは手法を学ぶのではありません。

・相場の原理原則に則した内容か
・話している事に一貫性があるか
・営業的要素がない内容か

ですので、 情報はFXの基礎を学ぶ場所と割り切り、手法はオリジナルを作る参考程度に活用した方が有効に活用できる でしょう。

デモ口座で練習する

FX_勝ち方_デモ口座


FXの勝ち方で重要な「取引ルール」ですが、勝てないトレーダーはこの「取引ルール」が守れない人が非常に多い。

ですのでデモ口座は勝ち負けではなく、 自分の取引ルールが正常に機能しているかなどの検証の場所 として使ったほうが賢明でしょう。

  1. 取引ルールを作る
  2. 過去チャートで検証
  3. デモ口座で取引ルールが機能するか検証確認
  4. 修正が必要な場合は1に戻る
  5. リアル口座で心理的バイアスの問題を克服

通貨ペアを見直す

FX_勝ち方_通貨ペア


通貨ペアには特徴があり トレードスタイルによって通貨ペアを限定する事がFXの勝ち方では重要な要素 となります。

FX_勝ち方_通貨ペア

FXで勝ち続ける為には 1つのポジションの精度を上げる事が大事 になってきます。

トレードスタイルにあった通貨ペアを選ぶとともに、 自分が精度を低下させないで監視できる通貨ペアは何個なのか客観的に判断する必要はある でしょう。

短期取引で選ぶべき通貨ペアの特徴

流動性が多い通貨ペアとは市場参加者が多い通貨ペアの事を言います。

FX_勝ち方_トレード

短期取引の場合には通貨ペアの特徴を良く理解し、チャートを監視し続け、 通貨ペアの動きを体で覚える事が勝ち方として必要 でしょう。

長期取引で選ぶべき通貨ペアの特徴

長期取引の場合は最初に スワップポイントで利益が取れるのか が通貨ペア選びの一つの基準になります。

例えば現在日本は金利-0.1%、南アフリカ共和国が金利3.5%です。この時ランドを円で買うと3.5%--0.1%=3.6%の金利をラントを持ち続ける限り受け取れます。

自動売買ツールを使ってみる

FX_勝ち方_自動売買


・取引ルールが中々決まらない
・感情に流されて取引ルールが守れない
・仕事でチャートを十分に観察できない、土日しかチャートを見られない

FXテクニカル分析とは?初心者におすすめ9種類を現役プロが解説

鈴木拓也

鈴木拓也

動画をご覧になった方も、記事で復習すれば、効率的な学習になりますよ。

FXテクニカル分析とは

テクニカル分析とは、 チャートを使って過去の値動きから、将来の価格を予想する手法 のことです。

FXの仕組み

ちなみに、将来の価格を予想する方法としては、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の二つがあります。

  • ファンダメンタルズ分析:経済状況や各国の金融政策の動向を分析して相場を予想
  • テクニカル分析:チャートを使った値動きの分析によって相場を予想

トレンド系とオシレーター系

テクニカル分析は大きく分けると、以下の「トレンド系分析」と「オシレーター系分析」の2つに分けられます。

  • トレンド系:トレンドを認識したり、またはその発生を予想
  • オシレーター系:買われ過ぎや売られ過ぎを判断

トレンド系のおすすめテクニカル分析6種類

為替相場の動きは、上昇するか、下降するか、それとも横ばい(レンジ)かの3つしかなく、 トレーダーは上昇している時は“買い”、下落している時は“売り”、横ばいの時は“様子見”の選択肢 しかありません。

上昇トレンド下降トレンド横ばい
相場環境 FXトレンド FXトレンド FXトレンド
取引買い売り様子見

トレンド系のテクニカル分析が使いこなせるようになると、 トレンドを見極めトレンド方向に仕掛けることが出来る ので、面白いくらいFXで利益を上げられるようになります。

ラインでトレンドを把握する「トレンドライン」

トレンドラインとは過去の高値と高値、安値と安値を斜めに結んだ線のことです。

上昇トレンドライン下降トレンドライン
上昇トレンドライン 下降トレンドライン

例えば、上昇トレンドラインが引ければ「上昇トレンド」が発生していると判断でき、ライン上での反転を狙って買いを仕掛けることができます。

また、一度引けた上昇トレンドラインが下にブレイクしたら、上昇トレンドの勢いが弱まっていると認識できます。

過去一定期間の平均値を結んだ「移動平均線」

移動平均線とは過去一定期間の終値の平均値を結んだ線のことです。

例えば、下図のように移動平均線(青線)を表示した場合、その線の向きを確認することで、下降トレンド、上昇トレンド、横ばい(レンジ)の判断を行うことができます。

移動平均線には、トレンドの把握に加えて、「グランビルの法則」という非常に有名なトレード手法があります。

水平に引くライン「水平線(サポート・レジスタンスライン)」

水平線とは、高値と高値、安値と安値を水平に結んだ線のことです。

高値と高値を結んだ線をレジスタンスライン、安値と安値を結んだ線をサポートラインと呼び、そのラインで価格が反転する可能性があります。

水平線は非常にシンプルで簡単ですが、水平線だけで稼いでいるトレーダーもいるくらい重要なテクニカル分析になります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる