オプショントレーダー

スマートオプションの攻略法をご紹介

スマートオプションの攻略法をご紹介
中国から日本国内のグループウェアを利用

スマートオプションの攻略法をご紹介

必要なのは
「コミュニケーション力」
そのために英語教育も、大学入試も変わります。

必要なのは「使える英語力」 必要なのは「使える英語力」

グローバル化が益々進み、多様な人と英語でコミュニケーションすることが求められる時代になります。今後は日本で働いていても外国人の同僚の割合が増えることでしょう。そのとき必要なのは、自分で考え・判断したことを英語で発信し、議論や交渉ができる「コミュニケーション力」。そのために学習指導要領が改訂され、大学入試も、学校の授業も、より実践的な内容に変わっていくのです。コミュニケーション力とは「聞く・読む・話す・書く」の4技能において、目的や相手のある「意味ある状況」で英語を使える力を指します。まさに「使える英語力」です。

  • 1 2019年7月時点で、進研ゼミ『中学講座』高校合格アンケートによって進学先の高校と志望順位をご報告いただいた3ヵ月以上受講経験者のなかで、「塾に通わず「ゼミ」だけで合格しましたか?」という質問に「はい」とお答えいただいたかたのうち、「第1または第2志望高校に合格した」とお答えいただいたかたの割合です。
  • 2 2019年4月に中学生が利用した学校・参考書・問題集以外の学習法の利用率を調査。文部科学省「H30年度学校基本調査」の生徒数を用い利用者数を推計。比較した事業者は矢野経済研究所「2018年版 教育産業白書」をもとに選定。(調査委託先:(株)マクロミル、回答者:中学生のお子様を持つ保護者3,299名、調査期間:2019/5/16~17、調査手法:インターネット調査)
  • 受講費は2ヵ月分かかります。
  • 1ヵ月のみのご受講はできません。
  • 7/31(水)までに8月号からご入会いただくかたが対象です。
  • 8・9月号の2ヵ月で退会・スタイル変更の場合は 8/26(月)までに電話連絡が必要です(自動的には解約されません)。
  • 退会のお申し出がない場合は、続けて10月号以降の教材をお届けします。入会と同時に退会のお手続きはできません。
  • 8・9月号の2ヵ月で退会の場合は、「一括払い」を選択されても「毎月払い」の2ヵ月分の受講費のお支払いとなります。
  • <ハイブリッド><中高一貫スタイル>でご受講のかたには、2ヵ月からご受講いただきやすいように、夏の特別キャンペーンを実施中です。

通常、受講6カ月未満での退会(<中高一貫スタイル>の場合は4カ月未満での退会)または学習スタイル変更の場合、タブレット代金として9,720円(税込)をご請求しておりますが、夏の特別キャンペーン期間中は、 <ハイブリッド><中高一貫スタイル>を8・9月号のみで退会・<オリジナル>への学習スタイル変更の場合、お届けした専用タブレットをご返却いただければ、タブレット代金は無料となります(10/10弊社必着、送料弊社負担)。 期日までに返却が無い場合、もしくは10月号以降も受講を継続いただき6カ月未満での退会(<中高一貫スタイル>の場合は4カ月未満での退会)またはスタイル変更された場合は、タブレットの返却は不要ですが9,720円(税込)を請求させていただきます。また、専用タブレット返却後はデジタルコンテンツは利用できません。あらかじめご了承ください。

ANAカードでマイルを貯める攻略法やおすすめANAカードを紹介【最大71,000マイルプレゼント】

ANAカードでマイルを貯める攻略法やおすすめANAカードを紹介【最大71,000マイルプレゼント】

学生時代には月間1,000万PV規模のWebメディアでインターンを経験。 SI系のベンチャー企業での勤務を経て、2017年に株式会社サイバーエージェント入社ののち株式会社CyberSS(現:CyberOwl)に異動。 クレジットカードはアメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)とJAL Global WALLET、キャッシュレスではLINE Payを愛用中。 釣りが趣味で船、陸問わず釣りに行く。どこかにマイルを使って南の島に釣りに行くのが目標。

※当サイト内に掲載されている[PR][Sponsored]の表記がある商品は広告(アフィリエイトプログラム)により編集部のおすすめとしてご紹介させて頂いております。 ※当サイト(マネ会 by Ameba)はクレジットカードやカードローンなどのお金に関する情報を提供しており、クレジットカードの申し込みを斡旋するのではありません。 ※クレジットカードやカードローン、キャッシュレスに関する個人の相談や質問にはお答えできません。 ※当サイトはGoogleのコンテンツポリシーのガイドラインに沿ってコンテンツを製作していますが、情報の正確性や信頼性、安全性を担保するものではありません。 ※金融商品への申し込みは各公式ホームページに記載されている内容をご確認の上、自己判断で申し込みをしていただきますようお願いいたします。 ※当サイトはマネ会 by Amebaと提携している企業のPR情報が含まれています。 ※当サイトの広告から発生する収益はコンテンツ品質向上のためのコストとして使用させていただいております。

マネ会 by Amebaは、株式会社CyberOwlが運営しているサービスです。
株式会社CyberOwlは、東証一部上場企業である株式会社サイバーエージェント(証券コード:4751)のグループ企業です。

スマートオプションの攻略法をご紹介

ホーム

ご利用ガイド

イベント/トレーニングスケジュール

サイトマップ

お問い合わせ


前回の投稿を見ればVxRail+Smart Fabric Servicesの導入準備は完了していると思います。と言うことで、 今回は実際の導入作業の流れをご紹介 します。ご準備が済んでいない方、これまでの連載記事をご覧になっていない方は以下のリンクからご参照下さい。

PowerSwitchのSmart Fabric Servicesの有効化

まずはネットワークスイッチ(PowerSwitch)のSmart Fabric Servicesを有効化します。前回の準備編で示した通り ネットワークスイッチのOSはOS10 Enterprise Edition 10.4.1.4以上になっていることが前提 となります。 また、Smart Fabric Servicesを有効化するとそれまでの設定は削除(初期化)され、自動的に再起動します ので既存環境で実行する場合にはご注意下さい。


〇 ONIEインストール
サポートするOS10 Enterprise Editionを以下の手順でインストールします。イメージの入手方法は前回の記事をご確認下さい。

1. PowerSwitchの電源を投入します
2. 起動時に[ECS]キーを押下します
3. ONIE Bootメニューが表示されたら[Install OS]を選択し、リターンを押下します

4. 以下のコマンドを実行します
$ onie-discovery-stop
5. USBを接続し以下のコマンドを実行します
$ mkdir /mnt/media
$ mount –t vfat /dev/sdbX /mnt/media ※該当ファイルシステムはfdiskコマンドで確認
$ onie-nos-install スマートオプションの攻略法をご紹介 /mnt/media/ファイル名.bin

〇 OS10ライセンスインストール
続いて、ライセンスをインストールします。 ライセンスインストールを怠ると72時間毎に再起動してしまう のでご注意下さい。ライセンスのインストール方法は幾つかありますが、ここではUSBドライブにライセンスファイルを保存した状態からインストールする方法をご紹介します。

• 以下のコマンドを実行してライセンスをインストールします
$ license install usb://mnt/media/NOSEnterprise-License.xml
• 以下のコマンドを実行してステータスを確認します
$ show license status


〇 Smart Fabric Servicesの有効化
次にスイッチの運用モードを通常モードからSmart Fabric Servicesモードへ変更します。以下の手順を実行すると上記でお伝えした通り構成情報が削除され、自動的に再起動が行われます。

1. Linuxシェルにログインします(adminパスワードが必要です) スマートオプションの攻略法をご紹介
$ system “sudo –i”
2. Smart Fabric Servicesを有効化します
$ Smart Fabric Services_enable_vxrail_personality.py -i VTLiリンクポート –u アップリンクポート
※ Smart Fabric Services_enableコマンド実行後に自動的に再起動します

Smart Fabric Services_enableコマンドにはほかにもオプションが準備されています。詳細については以下の一覧表を参考にして下さい。



〇 そのほかの基本的な管理設定
最後に管理IPアドレスなど基本的な管理設定の方法を以下にご紹介します。

管理ポートの静的IPアドレスの設定
1. $ interface mgmt1/1/1
2. $ no shutdown
3. $ no ip address dhcp
4. $ ip address IPアドレス/ネットマスク

管理ポートのデフォルトゲートウェイの設定
1. $ management route 0.0.0.0/0 デフォゲIPアドレス

管理ユーザ設定
1. $ username ユーザ名 password パスワード role ロール(sysadminなど)

SNMP通知設定
1. $ logging server SNMPサーバIPアドレス 2. $ snmp-server community コミュニティ名 権限


VxRailの初期設定ウィザードの実行

前段のPowerSwitchの準備が完了していれば、あとはVxRailを導入するだけです。Smart Fabric Servicesを有効にする場合でも、 VxRailの初期設定ウィザード自体の流れは変更ありません。 はじめのSmart Fabric Servicesが有効化されているスイッチクラスタを検出するステップでSmart Fabric Services有無が分岐します。
Smart Fabric Services有での構成の場合、REST スマートオプションの攻略法をご紹介 APIを実行するユーザ情報を追加入力する必要があります。(パスワードをここで設定します)
VxRailの初期設定を実行するまでであれば、管理セグメントやvSANセグメントのVLANを変更しても、「スイッチの構成」を行えばスイッチクラスタ側の設定も追従して変更されます。
標準構成時との差分部分を以下にご紹介します。


〇 スイッチクラスタの検出とREST APIユーザパスワードの入力
1. VxRailの初期設定ウィザードを進めると、冒頭でSmart Fabric Servicesが有効化されているスイッチクラスタを検出するステップがあります
2. スイッチクラスタを検出したら[リストされたDell EMCスイッチクラスタを構成します]チェックボックスを有効化します
• Smart Fabric Services無で進めたい場合は[スキップ]ボタンをクリックしてSmart Fabric Services検出を無視します
3. [次へ]ボタンをクリックするとREST APIユーザに設定するパスワードを入力するダイアログが表示されるので、任意のパスワードを入力してウィザードを進めます



〇 スイッチクラスタの構成
1. VxRailクラスタの構成に必要なパラメータを全て入力したのち、最後のステップとしてSmart Fabric Servicesスイッチクラスタの構成ステップがあります
2. [スイッチを構成する]ボタンをクリックし、このステップまでに入力したVxRailクラスタ構成パラメータをベースにSmart Fabric Servicesスイッチクラスタが自動構成されます
• このステップの後にVxRailクラスタの構築前検証が行われます
• 検証に失敗してパラメータを修正した場合はこのステップで再度[スイッチを構成する]ボタンをクリックすれば修正したVxRailクラスタのパラメータをベースにSmart Fabric Servicesスイッチクラスタが再度構成されます



OpenManage Network Integration for VMware vCenterの導入

VxRailクラスタのセットアップが完了したら最後にOpenManage Network Integration for VMware vCenter(以下OMNI)をセットアップします。OMNIはvCenter Web Client上の操作でSmart Fabric Servicesスイッチクラスタを管理・運用するためのツールです。Smart Fabric Servicesスイッチクラスタを運用するためには不可欠です。Virtual Applianceとして提供されますので、入手していない方は前回の記事をご確認下さい。

〇 OMNI OVAのデプロイ
1. vCenter Web Clientから[OVFテンプレートのデプロイ]を実行します
2. 必要に応じてOVAファイルの場所を指定します
3. 任意のゲストOS名、デプロイ先リソースフォルダを指定します
4. 任意のクラスタ、ESXiノードを指定します
5. EULAへの同意を求められるので[すべての使用許諾契約書に同意します]チェックボックスを有効化します
6. 任意のデプロイ先ストレージを選択, 通常はvSANストレージを選択してストレージのデフォルトポリシーを利用します
• ESXiノードのシリアル番号で始まるストレージブート用デバイスなので選択しないで下さい
7. ネットワークの選択では以下のように指定します
[VxRail Management Network]にVxRail Manager VAが割り当てられている内部管理セグメントを指定
※デフォルトでは VxRail Management-XX で始まるVLAN#3939のセグメント

[vCenter Server Network]にvCenter Server Applianceが割り当てられているセグメントを指定
※デフォルトでは vCenter Server Network-XX で始まるセグメント

8. サマリを確認してデプロイを実行します



〇 OMNI VAのセットアップ
OMNI VAのOVFデプロイが完了したら次の手順でセットアップを行って下さい。
1. OMNIゲストOSの仮想コンソールを開く, 正常に起動していればログインステップが表示されます
2. Adminユーザアカウントでログインします(admin / admin)
3. [current UNIX password]にデフォルトのadminパスワード(admin)を入力し、[Enter new UNIX password]に新しいパスワードを入力します
4. OMNI Management Menuが表示されるので[Full Setup]を実行するために 0 を入力し、リターンキーを押下します


5. [Edit Connection]を選択してリターンを押下します
6. [Wired connection 1]を選択し、[Edit…]へカーソルを移動してリターンを押下します
7. OMNI VAの管理根とワークを任意のIP情報で設定し、カーソルを[OK]へ移動してリターンを押下します
8. [Edit Connection]を選択してリターンを押下します
9. [Wired connection 2]を選択し、[Edit…]へカーソルを移動してリターンを押下します
10. [IPv4 CONFIGURATION][Disabled]に変更します
11. [IPv6 CONFIGURATION][Link-Local]に変更します
12. カーソルを[OK]へ移動してリターンを押下します


13. [Activate a connection]を選択してリターンを押下します
14. [Wired connection 1]を選択し、[Deactivate]へカーソルを移動してリターンを押下します
15. 同様に[Wired connection 2]を選択し、[Deactivate]へカーソルを移動してリターンを押下します
16. [Wired connection 1]を選択し、[Activate]へカーソルを移動してリターンを押下します
17. 同様に[Wired connection 2]を選択し、[Activate]へカーソルを移動してリターンを押下します
18. [Back]へカーソルを移動し、リターンを押下します
19. [OK]へカーソルを移動し、リターンを押下します


20. NTPサーバのIPアドレスもしくはホスト名を問われるのでvCenterが参照しているNTPサーバを指定します
21. SSL認証をリモートサーバで行うか問われるので必要に応じて設定を行います(リモート認証サーバが無ければNoで進みます)
22. vCenter Server ApplianceのIPアドレスを入力します
23. vCenter Server ApplianceのFQDNを入力します
24. vCenter Server Applianceのadminアカウント(デフォルトでは[email protected])を入力します
25. vCenter スマートオプションの攻略法をご紹介 Server Applianceののadminアカウントパスワードを入力します
26. Smart Fabric ServicesスイッチクラスタのREST Userパスワードを入力します
27. 自動的に処理が行われ最後に[OMNI Applicaion Server Service Start successfully]が表示されたことを確認してリターンを押下します


28. 既にvCenter Web Clientへログインしている場合はブラウザの更新が促されるので[ブラウザを更新]ボタンをクリックします
29. vCenter スマートオプションの攻略法をご紹介 Web ClientのHOMEページに[OpenManage Network Integration]が追加されていることを確認します



以上でVxRail+Smart Fabric スマートオプションの攻略法をご紹介 Servicesの導入は完了です。あとはvSphere Web Clientから仮想スイッチの設定を行うと自動的にPowerSwitchの設定がそれに追従することができます。この管理の方法、状況のご紹介については次回に持ち越させて頂きますので、ご期待下さい!

【後編】日本-中国間ネットワーク攻略-通信品質を向上させた事例とポイント-

中国向けアプリサービス配信

中国向けアプリサービス配信

日本のグループウェアへ安定アクセス

こちらは中国拠点の複数端末を「VPN Gateway」で接続。日中間は「CEN」でつなぐことにより、安全で安定した通信環境を確保しました。 従来では15〜20%あったパケットロスがほぼ0となり、約80msecという安定した通信を実現。費用対効果も評価されており、月額約5万円で常時5、6人が快適にグループウェアを利用できる環境になっています。

中国から日本国内のグループウェアを利用

中国から日本国内のグループウェアを利用

ハイブリッド・マルチクラウドに対応

完全にクラウドシフトしていない企業であれば、物理接続サービスの「Express Connect」が解決策の一つ。日本のデータセンターからAlibaba Cloudのインフラを物理接続することができます。

一方、国内に小規模な拠点が各地にあり、閉域接続ではなくインターネット回線を利用したスモールスタートでAlibaba Cloudと接続するのであれば、「VPN Gateway」が推奨されます。「VPN Gateway」は閉域回線を新たに調達する必要がなく、既存のインターネット回線でIPsec接続またはSSL VPN接続が利用可能。また、拠点ルータとの接続だけでなく、他社パブリッククラウドのVPN製品とも接続可能です。

マルチクラウドを使用したプロキシ環境で、中国国外へのメール送信を快適に

マルチクラウドを使用したプロキシ環境で、中国国外へのメール送信を快適に

マルチクラウドを使用したプロキシ環境で、中国国外へのメール送信を快適に

ECやゲームサイトにおけるアクセス減少対策

世界中のユーザが、ノーストレスで通信可能に

Global Acceleratorを使って日中ネットワークを加速化

Global Acceleratorを使って日中ネットワークを加速化

迅速な導入、設定、保守可能な通信機器

そこで一時的な回線の確保やバックアップとして幅広く活用されているのが、自分たちで導入から設定、保守が可能な「SAG(Smart Access Gateway)」です。

コンソール画面から購入し、送られてきたSAGの機器にインターネット回線を繋げるだけで、ゼロタッチプロビジョニング機能により、自動的にAlibaba スマートオプションの攻略法をご紹介 Cloudと連携。Alibaba Cloudコンソールから設定変更やバージョンアップが可能な上、従来のCPEルータのように現地ベンダに運用を依頼する必要がなく、日本から管理できるのもメリットと言えます。4G SIMに対応しているため、ネットワーク構築までのリードタイムカバーやトラブル時のバックアップ回線としてもパフォーマンスを発揮するハードウェアです。

Smart Access Gatewayを使って迅速に中国の拠点NWを展開

Smart Access Gatewayを使って迅速に中国の拠点NWを展開

中国拠点展開がしやすい

運用がシンプルな「SAG」ですが、展開力と高可用性も併せ持っており、これまで以上に中国拠点の展開をサポートするデバイス言えるでしょう。Alibaba Cloudは中国に多数のアクセスポイントを配しており、低レイテンシーな通信を可能にしています。さらに「SAG」は1ヶ国につき最大500デバイスを展開することができます。 また「SAG」は、アクティブデバイスに障害が発生した場合、バックアップデバイスに自動切り替えされ、安全な企業活動を促進します。

失敗しない!引っ越しトラブル攻略法!【インターネット編】

引っ越す前に対応しないと大変なことになる!?1ヵ月以上テレビが見られない・ネットがつながらない……なんてことも!

TVが映らない

やることが多いからこそ、インターネット関連の手続きを後回しにしてしまうこともあると思います。ただ、後回しにしてしまうことで、引っ越し後1ヵ月以上もインターネットなしの生活をする可能性があるため注意が必要です。

まずは引越し先で利用するインターネット回線を決める!ネット回線とプロバイダの2つの業者を選定!

日本のインターネット回線

インターネットは、ネット回線とプロバイダの2つの業者と契約することで利用できます。現在利用中のインターネット回線をそのまま引越し先でも利用するか、それとも新しく別の業者を契約するかを決めなければなりません。結論から先に言うと、新規契約の方がお得であるためオススメです!

現在利用中のインターネットをそのまま利用する方法

継続を示唆する線路の画像

フレッツ光

NURO光

auひかり

  • ドコモ光
  • @nifty光
  • ソフトバンク光
  • So-net光
  • OCN光
  • U-NEXT光
  • ビッグローブ光
  • エキサイト光
  • ぷらら光
  • iSmartひかり
  • TCOMヒカリ
  • DTI光
  • IIJmioひかり
  • Marubeni光
  • スマートオプションの攻略法をご紹介
  • DMM光

新しくインターネット回線を契約する方法

契約する瞬間

主要な光回線の特徴を紹介!比較するポイントは速度と料金

ポイント

スマートオプションの攻略法をご紹介
光回線名 月額料金 回線スピード(下りの最大) 工事費 割引
フレッツ光 戸建て5,203円(税抜4,730円)/マンション3,933円(税抜3,575円) ※ 別途プロバイダ料金が必要 1Gbps 戸建て19,800円(税抜18,000円)/マンション16,500円(税抜15,000円) なし
NURO光 戸建て5,217円(税抜4,743円)/マンション2,090円(税抜1,900)~5,217円(税抜4,743円) 2Gbps戸建て44,000円(税抜40,000円)/マンション44,000円(税抜40,000円) なし
ドコモ光 戸建て5,720円(税抜5,200円)/マンション4,400円(税抜4,000円) 1Gbps 戸建て19,800円(税抜18,000円)/マンション16,500円(税抜15,000円) ドコモユーザーなら毎月の携帯料金から-1,100円(税抜1,スマートオプションの攻略法をご紹介 スマートオプションの攻略法をご紹介 000円)
auひかり 戸建て5,720円(税抜5,200円)/マンション4,510円(税抜4,100円) 1Gbps 戸建て41,250円(税抜37,500円)/マンション41,250円(税抜37,500円) auユーザーなら毎月の携帯料金から-1,100円(税抜1,000円)
@nifty光 戸建て5,060円(税抜4,スマートオプションの攻略法をご紹介 600円 ※) /マンション3,828円(税抜3,480円 ※) 1Gbps 戸建て19,800円(税抜18,000円)/マンション16,500円(税抜15,000円) auユーザーなら毎月の携帯料金から-1,100円(税抜1,000円)
SoftBank光 戸建て5,720円(税抜5,200円)/マンション4,180円(税抜3,800円) 1Gbps 戸建て26,400円(税抜24,000円)/マンション26,400円(税抜24,000円) SoftBankユーザーなら毎月の携帯料金から-1,100円(税抜1,000円)

上記をまとめると……スピード重視ならNURO光一択!ただし、提供可能エリアが最も狭いです。料金重視なら、スマホとのセット割を利用することが一番お得です。auユーザーならauひかり、ドコモユーザーならドコモ光、SoftBankユーザーならSoftBank光を選ぶことをオススメします。

NURO光

継続利用よりも新規契約の方が圧倒的にオ・ト・ク!

ひそひそ話

フレッツ光を継続利用 SoftBank光に乗り換え
月額料金 5,445円(税抜4,950円 4,180円(税抜3,800円)
キャッシュバック なし 26,400円(税抜24,000円)
スマホセット割 なし -1,100円(税抜1,000円)
1年目の年間コスト 65,スマートオプションの攻略法をご紹介 340円(税抜59,400円) 10,560円(税抜9,600円)
2年目以降の年間コスト 65,340円(税抜59,400円) 36,960円(税抜33,600円)

上記を見てわかる通り、キャッシュバックやスマホとのセット割をGETできるかどうかで、ここまでの差です。1年目で約50,000円、2年目以降だと年間約25,000円もお得です。

解約金には注意!

2年縛りを表現

必ずいくらくらい請求されるのかを確認しましょう。SoftBank光のように、乗り換えの方限定で解約金を負担してくれるキャンペーンもあるので、上手いこと活用すると良いでしょう。

インターネット回線が間に合わない方の対処法!すぐにネットを使える方法を大公開!

砂時計

引越しと同時に光回線を契約して、すぐに使うことは基本的には難しいです。すでにマンションに設備が導入されており、機器を接続するだけで使えるところもありますが、基本的には工事が必要になるためすぐの利用はできません

方法1. 据え置き型のホームルーターを利用する

Softbank Air

  1. 工事がいらない:なんといっても一番のメリットは工事が必要なく、すぐに利用開始できる点です。コンセントに挿し、機器を接続するだけですぐに使えます。引越し初日からインターネットを利用したい方にはオススメです。工事がいらないため、もちろん工事費もかかりません。
  2. 通信速度:光回線の固定回線と比べると通信速度は遅いが、モバイルルーターと比較すると安定した通信速度を確保できます。
  3. 引越し時の手続きが簡単:工事不要のため住所変更さえすれば、引越したその日から利用できます。仕事の都合で引越しが多い方にはオススメです。

Softbank Airロゴ

月額料金 5,368円(税抜4,880円)
(スタート割で1〜12ヶ月目:4,180円(税抜3,800円)
事務手数料 3,300円(税抜3,000円)
セット割引 ソフトバンク
通信速度 350Mbps〜962Mbps ※1
同時接続数 64

現在、ソフトバンクエアーでは最初の1ヶ月目から12ヶ月目の間に1,188円(税抜1,080円)割引する「スタート割」キャンペーン ※2 を実施しています。

※1 記載の通信速度は、受信時の技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。
また、ベストエフォート方式のため、回線の混雑状況や通信環境などにより、通信速度が低下、または通信できなくなる場合があります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる