バイナリー オプション 日本

分散投資のメリットは

分散投資のメリットは
証券会社によってミニ株・単元未満株の名称が異なります。
例えば、SBI証券は「S株」、マネックス証券は「ワン株」、auカブコム証券は「プチ株」、LINE証券は「いちかぶ」と呼ばれます。
また、証券会社によっては手数料やルールなども異なるため、自分が利用したい証券会社の内容についてしっかりと確認しておきましょう。

ロボアドバイザー(AI投資)は実際、誰向け?
メリット・デメリットや利用法から考える

「アドバイザー型」と「投資一任型」の2種類にわけられ、前者はポートフォリオをもとに実際に投資を行うのは自分ですが、後者では投資商品の買い付けもAIに任せることになります。
2008年ごろから米国で脚光を浴び始めたロボアドバイザーが、日本に上陸したのは2016年のことです。まだ歴史が浅いためか、利用したいという日本人は1割に満たず、そもそも知っている人が2019年時点で全体の4割程度に過ぎないことも前述の調査で分かっています。

とはいえ、今後の伸びが期待されており日本能率協会総合研究所の調査は2023年には投資一任型ロボアドバイザーの市場が約260万口座まで伸びると予測しています。分析によると、その背景には最低投資額の引き下げや使いやすいアプリの開発といった企業側の努力と、退職金減少や年金制度の崩壊といった不安から若者の投資熱が高まっていることがあるとのこと。
ちなみに、日本証券業協会によると2020年6月時点の全国の証券会社の個人口座数の合計は約2,552万口座です。

またロボアドバイザーと人間によるアドバイスを組み合わせたハイブリッド型のサービスも、登場しはじめています。

ロボアドバイザーのメリット・デメリット

そのためWebから質問に答えるだけで簡単に素早く投資アドバイスが受けられ、また手数料も比較的抑えられるロボアドバイザーが注目を集めるようになったのです。

もちろんそれでも損をするリスクは残ります。また投資一任型の場合、非課税メリットが得られるNISA/つみたてNISAを取り扱えないというデメリットはあります。個人的には、NISA/つみたてNISAをすでに始められている方の次の一手として使い勝手が良いように思われます。

ロボアドバイザーサービスにはどんなものがある?

Wealthナビ

国内最大手のロボアドバイザーです。ポートフォリオの自動構築からリバランス、税金最適化まで自動化できるプロセスは非常に充実しています。最低投資額は10万円からですが、「WealthNavi for ネオモバ」「マメタス」のように1万円からはじめられる関連サービスも存在します。「WealthNavi for ネオモバ」はTポイントを、「マメタス」はキャッシュレス決済のお釣りを投資に回せます。

日本初の独自開発のロボアドバイザーサービスで、初期投資1万円から始められる、出入金額に応じて手数料が最小0.65%にまで押さえられる、など投資への参入障壁を下げる配慮が多くなされています。2018年にはじまった「THEO+ docomo」にはdポイントがたまる、dカードで決裁した金額の端数(お釣り)を投資に回せるなどのメリットがあります。

投資信託の「アクティブ」と「パッシブ」の違い | 分散投資のメリットは 分散投資に向いているのはパッシブ型

投資信託

【意外?】コストをかけるアクティブ運用のほうが有利かと思えば、実はそうではない

ここまで述べてきた、アクティブ運用とパッシブ運用が持つメリット・デメリットの一部を拾うと、「アクティブ型投資信託はファンドマネージャーが手間(コスト)をかけて運用する、パッシブ運用はインデックスに沿って手間をかけずに運用する」と、まとめることができます。

この点を踏まえると、「コストをかけて運用するアクティブ型のほうが、そうでないパッシブ型より成功率が高いのでは?」と思うかもしれませんが、「一概にそうとは言えない」ということが、投資信託に長く取り組む人に多い意見です。

なかには、「パッシブ運用のほうが、平均的に見れば成績がよい」と明言している人もいます。

ここではアクティブ運用とパッシブ運用、どちらが有利でどちらが不利と判断しかねますが、少なくとも、 “コストの大小と運用成績はさほど関係なく、パッシブ運用とアクティブ運用は、きちんと肩を並べて比較できる立ち位置にはある” とは言えそうです。

「分散投資」をするならパッシブ運用がオススメな理由

分散投資

堅実的な資産形成を行うため、複数の資産運用方法を実行する「分散投資」という考え方が、メジャーになりつつあります。

投資信託においては、“運用コストが安い”分散投資のメリットは という観点から、パッシブ運用のほうが分散投資に向いています。

パッシブ型の運用コストの安さで浮かせた余剰資金を、別の少額資産運用にまわせる ため、都合がいいわけですね。

また資産運用初心者が、資産形成の感覚を”まずは”掴むためにも、ローリスク・ローコストのパッシブ型投資信託は、かなり有効な手段です。

まとめ

資産運用のイメージ

投資信託の運用スタイル メリット デメリット
アクティブ運用 ・ハイリターンを狙える
・下落幅を抑える対策が可能
・運用コストが割高
・ファンドマネージャーの手腕に
運用実績が左右される
パッシブ運用 ・運用コストが割安
・運用状況が分かりやすい
・ファンドマネージャーの手腕に
運用実績が左右されない
・市場全体の下落の影響を受ける
・ハイリターンを狙えない
・単調で面白みに欠ける

⇒ 分散投資をするなら、パッシブ運用のほうがオススメ

どちらかの方法が特別に秀でているということはないので、自分の資産形成プランや、 「どんなふうに利益を出せたら嬉しいか?」を考慮して、合う運用スタイルを選べばOK です。

知人におすすめしたいNo.1不動産投資会社(*1)が教える「オンラインマンション経営セミナー」

不動産投資CTA_比較検討

不動産投資の成功には、信頼できるパートナーの存在が必要不可欠です。

もしも今「不動産投資をはじめてみたいけど不安だ. 」そうお考えの方がいらっしゃいましたら、グランヴァンが開催する「不動産投資セミナー」へ参加してみませんか?私たちは、お客様のサポートを追求してきた結果2016年に「紹介営業100%達成企業」(※2)となり、2019年から4年連続 「知人におすすめしたい不動産投資会社No.1 」 (※1)に選ばれています。

*1 日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要:2022年2月期_サイトイメージ調査 *2「新たにご購入いただく方が、既存のオーナー様・知人の方からの紹介、もしくは知人の方」を紹介営業と定義しています。2016年6月~2019年6月に100%を達成

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる