の収益源

強制ロスカット

強制ロスカット
11月30日の早朝、仮想通貨全体の価格が大きく下落 先物取引市場の大口売りから、ビットコインFXでロング(上昇する相場に投資)にポジションを置く人が強制的にロスカットされ、それが 連鎖した形で大きな下落を生みだした と考えられます。 FX取引は注意が必要 日本ではデリバティブ市場が大きく盛り上がりを見せていますが、 一回の失敗で大金を強制的に失う可能性がある ことを頭に入れて臨むことが大切となります。

マイメイト 「クローン機能/コピー学習機能」などの新機能を追加するバージョンアップを実施-2022年5月28日(土)

インヴァスト証券株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:川上 真人)は、2022年5月28日(土)にFXトレードサービス「マイメイト」のバージョンアップを実施いたしました。本バージョンアップではクローン機能やコピー学習機能をはじめとする、AIの誕生/学習に携わる機能のほか、マイメイトのエージェントの調子を表す指標として新たな指数の実装などを行っております。
>>MAiMATE(マイメイト)
リンク

クローン機能とは他ユーザーの「エージェント」を複製し、自分の「エージェント」として使える機能です。
クローン対象となる「エージェント」のこれまでのトレード方法やインプットデータを複製し、自分の「エージェント」として新たに作ることが可能となります。
※クローン機能の概要や使い方についてはこちらの記事を参照
リンク

コピー学習機能とは、他の「エージェント」の投資行動を自身で作成した「エージェント」に学習させることができる機能。
すでに作成している自分の「エージェント」の強化に活用できます。
※コピー学習機能の概要や使い方についてはこちらの記事を参照
リンク


バージョンアップの詳細は下記リンクよりご確認ください。
▼マイメイトブログ「2022年5月28日実装 マイメイト新機能のお知らせ」
リンク

【会社概要】
商号:インヴァスト証券株式会社
本社所在地:東京都中央区東日本橋1丁目5番6号
代表者:代表取締役 川上 真人
資本金:30億円
設立: 昭和35(1960)年8月10日
事業内容:金融商品取引法に基づく金融商品取引業
登録番号:関東財務局長(金商)第26号
加入協会:日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

【マイメイト リスク・費用などについての重要事項】
本取引は、店頭外国為替証拠金取引であり、元本および利益が保証された取引ではありません。取引通貨の価格および金利等の変動により損失が生じるおそれがあります。
また、取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。
有効比率が一定水準以下となった場合、建玉を自動的に強制決済(ロスカット)いたしますが、本取引は預託すべき証拠金以上の取引が可能なため、急激な相場の変動等によっては、証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがあります。取引を開始されるにあたっては、本取引の仕組みやリスクを十分ご理解いただき、お客様自身の責任と判断で取引していただきますようお願いいたします。

●売買手数料は、新規注文・決済注文ともに無料です。
●投資助言報酬は、1,000通貨あたり1円(税込)となり、スプレッドに含まれます。 強制ロスカット
●本取引は、通貨ペアの売付けの価格と買付けの価格に差(スプレッド)があり、相場急変時等はスプレッドが拡大する場合があります。
●証拠金の25倍までのお取引が可能です。新規約定日においては、新規約定価格を基準価格として、その価格に応じた必要証拠金額(円換算)を適用いたします。翌営業日以降においては、各通貨ペアの毎営業日の終値を基準価格として、その価格に応じた必要証拠金額(円換算額)を翌営業日に適用いたします。

インヴァスト証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第26号
加入協会/一般社団法人金融先物取引業協会 一般社団法人日本投資顧問業協会 日本証券業協会

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

仮想通貨価格大幅下落/強制ロスカット連鎖の怖さとは

11月30日の早朝、仮想通貨全体の価格が大きく下落 先物取引市場の大口売りから、ビットコインFXでロング(上昇する相場に投資)にポジションを置く人が強制的にロスカットされ、それが 連鎖した形で大きな下落を生みだした と考えられます。 FX取引は注意が必要 日本ではデリバティブ市場が大きく盛り上がりを見せていますが、 一回の失敗で大金を強制的に失う可能性がある ことを頭に入れて臨むことが大切となります。

ビットコインが 100万円 というJPY建てで記念すべき価格を突破し、USD建てでも 1万USD を突破したことから、BTCの価格は数日間仮想通貨の時価総額1位という多くの資本が入っている通貨とは思えない上昇を記録しました。

130万円付近を天井に112万円までじわじわと価格を下げ、 一気に80万円まで下落 していることがわかります。

価格下落の原因は?

原因は デリバティブ市場(ここでは先物取引市場を指す)の大口売りから、ロング(上昇する相場に投資)にポジションを置く人が強制的にロスカット され、それが連鎖した形で大きな下落を生みだした相場の可能性が大きいと考えます。

強制ロスカットとは?

強制ロスカットは 自動的にポジションを決済する仕組み となります。

一定割合以上の損失が発生した場合、 トレーダーの意志とは無関係に強制的に決済(損失を確定)して、損失を証拠金で留めるシステム が存在し、これを 強制ロスカット と言います。

日本がBTCの価格に大きく関係する

世界のビットコイン取引の約60%が日本円 で行われており、その内 bitFlyerFXが80%も占めている ことがわかります。

瞬間的な大暴落FlashCrash

マイメイト 「クローン機能/コピー学習機能」などの新機能を追加するバージョンアップを実施-2022年5月28日(土)

インヴァスト証券株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:川上 真人)は、2022年5月28日(土)にFXトレードサービス「マイメイト」のバージョンアップを実施いたしました。本バージョンアップではクローン機能やコピー学習機能をはじめとする、AIの誕生/学習に携わる機能のほか、マイメイトのエージェントの調子を表す指標として新たな指数の実装などを行っております。
>>MAiMATE(マイメイト)
(リンク »)

クローン機能とは他ユーザーの「エージェント」を複製し、自分の「エージェント」として使える機能です。
クローン対象となる「エージェント」のこれまでのトレード方法やインプットデータを複製し、自分の「エージェント」として新たに作ることが可能となります。
※クローン機能の概要や使い方についてはこちらの記事を参照
(リンク »)

コピー学習機能とは、他の「エージェント」の投資行動を自身で作成した「エージェント」に学習させることができる機能。
すでに作成している自分の「エージェント」の強化に活用できます。
※コピー学習機能の概要や使い方についてはこちらの記事を参照
(リンク »)


バージョンアップの詳細は下記リンクよりご確認ください。
▼マイメイトブログ「2022年5月28日実装 マイメイト新機能のお知らせ」
(リンク »)

【会社概要】
商号:インヴァスト証券株式会社
本社所在地:東京都中央区東日本橋1丁目5番6号
代表者:代表取締役 川上 真人
資本金:30億円
設立: 昭和35(1960)年8月10日
事業内容:金融商品取引法に基づく金融商品取引業
登録番号:関東財務局長(金商)第26号
加入協会:日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

【マイメイト リスク・費用などについての重要事項】
本取引は、店頭外国為替証拠金取引であり、元本および利益が保証された取引ではありません。取引通貨の価格および金利等の変動により損失が生じるおそれがあります。
また、取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。
有効比率が一定水準以下となった場合、建玉を自動的に強制決済(ロスカット)いたしますが、本取引は預託すべき証拠金以上の取引が可能なため、急激な相場の変動等によっては、証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがあります。取引を開始されるにあたっては、本取引の仕組みやリスクを十分ご理解いただき、お客様自身の責任と判断で取引していただきますようお願いいたします。

●売買手数料は、新規注文・決済注文ともに無料です。
●投資助言報酬は、1,000通貨あたり1円(税込)となり、スプレッドに含まれます。
●本取引は、通貨ペアの売付けの価格と買付けの価格に差(スプレッド)があり、相場急変時等はスプレッドが拡大する場合があります。
●証拠金の25倍までのお取引が可能です。新規約定日においては、新規約定価格を基準価格として、その価格に応じた必要証拠金額(円換算)を適用いたします。翌営業日以降においては、各通貨ペアの毎営業日の終値を基準価格として、その価格に応じた必要証拠金額(円換算額)を翌営業日に適用いたします。

インヴァスト証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第26号
加入協会/一般社団法人金融先物取引業協会 一般社団法人日本投資顧問業協会 日本証券業協会

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

マイメイト 「クローン機能/コピー学習機能」などの新機能を追加するバージョンアップを実施-2022年5月28日(土)

インヴァスト証券株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:川上 真人)は、2022年5月28日(土)にFXトレードサービス「マイメイト」のバージョンアップを実施いたしました。本バージョンアップではクローン機能やコピー学習機能をはじめとする、AIの誕生/学習に携わる機能のほか、マイメイトのエージェントの調子を表す指標として新たな指数の実装などを行っております。
>>MAiMATE(マイメイト) 強制ロスカット
<下へ続く>

クローン機能


クローン機能とは他ユーザーの「エージェント」を複製し、自分の「エージェント」として使える機能です。
クローン対象となる「エージェント」のこれまでのトレード方法やインプットデータを複製し、自分の「エージェント」として新たに作ることが可能となります。
※クローン機能の概要や使い方についてはこちらの記事を参照
https://blog.強制ロスカット mai-mate.com/guide/agent-colne/

コピー学習機能


コピー学習機能とは、他の「エージェント」の投資行動を自身で作成した「エージェント」に学習させることができる機能。
すでに作成している自分の「エージェント」の強化に活用できます。
※コピー学習機能の概要や使い方についてはこちらの記事を参照
https://blog.mai-mate.com/guide/agent-copy/

マイメイト通貨ペア5分散指数


(2019年8月5日~2022年4月29日のデータ インヴァスト証券作成)

【会社概要】
商号:インヴァスト証券株式会社
本社所在地:東京都中央区東日本橋1丁目5番6号
代表者:代表取締役 川上 真人 強制ロスカット
資本金:30億円
設立: 昭和35(1960)年8月10日
事業内容:金融商品取引法に基づく金融商品取引業
登録番号:関東財務局長(金商)第26号
加入協会:日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

【マイメイト リスク・費用などについての重要事項】
本取引は、店頭外国為替証拠金取引であり、元本および利益が保証された取引ではありません。取引通貨の価格および金利等の変動により損失が生じるおそれがあります。
また、取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。
有効比率が一定水準以下となった場合、建玉を自動的に強制決済(ロスカット)いたしますが、本取引は預託すべき証拠金以上の取引が可能なため、急激な相場の変動等によっては、証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがあります。取引を開始されるにあたっては、本取引の仕組みやリスクを十分ご理解いただき、お客様自身の責任と判断で取引していただきますようお願いいたします。

●売買手数料は、新規注文・決済注文ともに無料です。
●投資助言報酬は、1,000通貨あたり1円(税込)となり、スプレッドに含まれます。
●本取引は、通貨ペアの売付けの価格と買付けの価格に差(スプレッド)があり、相場急変時等はスプレッドが拡大する場合があります。
●証拠金の25倍までのお取引が可能です。新規約定日においては、新規約定価格を基準価格として、その価格に応じた必要証拠金額(円換算)を適用いたします。翌営業日以降においては、各通貨ペアの毎営業日の終値を基準価格として、その価格に応じた必要証拠金額(円換算額)を翌営業日に適用いたします。

インヴァスト証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第26号
加入協会/一般社団法人金融先物取引業協会 一般社団法人日本投資顧問業協会 日本証券業協会

本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

東京外国為替市場概況・8時 ユーロドル、小動き

blockHeadVisual

2022年5月24日から、Bybit(バイビット)が当サイトMyforexを含む特定の提携サイト限定で、新規口座開設した人向けに30ドル(USDT)のボーナスをプレゼントするキャンペーンを実施します。新規口座開設後、本人確認(KYC)レベル1を完了させ、MT4アカウントを作成すると、入金をしなくても30USDTのボーナスが付与されるお得なキャンペーンです。このボーナスは取引の証拠金として利用することができ、入金しなくてもボーナスだけで取引ができますので、ノーリスクでBybitを体験するチャンスです。証拠金として使えるボーナスとは?キャンペーンの実施期間は5月24日から2週間、ボーナスがもらえるのは先着2,000名です。本キャンペーンは当サイトとの提携キャンペーンのため、ボーナスを受け取るにはこの記事内からの口座開設が必要です。ボーナスの参加方法MT4アカウントの作成が条件となっていることからも分かる通り、MT4をPRするためのキャンペーンです。様々なカスタマイズが可能なMT4をこの機会に体験してみましょう。目次[非表示]ボーナスの参加方法Bybitでの口座開設・KYCBybit MT4アカウントを作成「マイ特典」での受け取り「マイ特典」の表示方法ボーナスの確認方法証拠金として使えるボーナスとは?どれぐらいのポジションが持てる?出金できるの?A-bookでのボーナス付与は珍しいMT4とは?レアなキャンペーンボーナスの参加方法ボーナスを受け取るには、下記の条件を満たす必要があります。Bybitで初めて口座開設をすること本人確認(KYC)レベル1を完了させることMT4アカウントを作成することこれらの条件を満たすと、Bybitでの確認を経て、「マイ特典」にボーナスが付与されます。入金が条件となっていないので、「未入金ボーナス」とも呼ばれます。「マイ特典」での受け取りリアルタイムではなく、毎週日曜日までに条件を満たした人の分が水曜日までに付与される仕組みですので、水曜日までお待ちください。木曜日になっても付与されない場合は、カスタマーサポートにお問い合わせください。キャンペーン期間は5月24日から2週間ですが、先着2,000名限定ですので、早期終了する可能性もあります。ボーナスを受け取りたい方は、下記の手順を参考に、早めにご参加ください。Bybitでの口座開設・KYC今回のキャンペーンは、当サイトMyforexを含む特定の提携サイト限定のキャンペーンです。このため、ボーナスを受け取るためには必ず下記リンクから口座開設を行ってください。Bybit口座開設フォーム上記リンクを開いた後、口座開設ページにある「紹介コード(オプション)」に「21676」が表示されていることをご確認ください。(キャンペーンの参加条件となります)口座開設を完了した後は、本人確認(KYC)レベル1を完了させてください。口座開設とKYCの手順は、下記の記事で解説しています。Bybit MT4アカウントを作成今回のキャンペーンは、Bybit(バイビット)のMT4の知名度をアップするためのプロモーションです。そのため、ボーナスを受け取るためにはMT4アカウントを作成することが必要です。MT4アカウントとは?Bybitでは、取引の種類ごとに別のアカウントを作成する必要があります。MT4ではUSDT無期限契約(USDTを証拠金としたレバレッジ取引)の一部の銘柄が取引できますが、通常のデリバティブアカウントではなく、別途MT4アカウントを作成し、資金を入金して使用します。MT4アカウントの作成方法は以下の通りです。手順1ログインした状態でBybit MT4ページにアクセスし、「MT4取引を始める」をクリックします。Bybit MT4ページ手順2「同意」をクリックします。手順3「おめでとうございます!Bybit MT4アカウントの開設に成功しました。」と表示されると、MT4アカウントの開設が完了し、今回の30USDTボーナスキャンペーンの参加要件を満たします。「MT4アカウントを確認」をクリックすると、MT4アカウントの口座状況を確認できます。なお、MT4のログインIDやパスワードは、Bybitに登録したメールアドレス宛てに送付されます。口座開設・KYCと上記の手順が終わったら、自動でキャンペーンに参加登録できますので、毎週水曜日までに行われるボーナス付与までお待ちください。「マイ特典」での受け取りボーナスは自動で付与されますが、「マイ特典」ページより受け取り手続きをする必要があります。「マイ特典」の表示方法マイ特典ページを表示させるには、ログイン後に画面右上のアイコンにマウスポインタを合わせ、表示されるプルダウンメニュー内にある「マイ特典」を選択します。ボーナスの確認方法「マイ特典」で受け取ったボーナスは、Bybitのデリバティブアカウントに付与されます。デリバティブアカウント内のボーナスは、下記の方法で確認することができます。手順1ログイン後にトップページ右上に表示される「資産」にカーソルを合わせ、デリバティブアカウントをクリックします。手順2デリバティブアカウントのUSDTの欄の右端に、ボーナス金額が表示されます。ボーナス付与の判定は週1回行われ、その時点までに条件を満たした人にまとめて付与されます。判定は月曜日に行われ、実際の付与は水曜日までに行われます。月曜日以降に行われた口座開設分は、翌週の水曜日までに付与されます。月曜日何時に判定が行われるかは公表されていませんので、次の水曜日に確実に受け取りたい方は、日曜日までに手続きを完了させましょう。ボーナス獲得の条件としてMT4アカウントの作成がありますが、ボーナスは、作成したMT4アカウントではなく、デリバティブアカウントに付与されます。このため、MT4を使って取引を行わなくてもボーナスの受け取りや使用、出金ができます。Bybitの仕様上の問題MT4アカウントの作成が条件になっているにも関わらずデリバティブアカウントにボーナスが付与される理由は、Bybitの仕様上MT4アカウントにボーナスを付与できないからです。キャンペーン条件のアカウントと付与されるアカウントが違うことで混乱するかもしれませんが、付与されるタイミングになったらデリバティブアカウントの方を確認しましょう。証拠金として使えるボーナスとは?今回のキャンペーンで付与されるのは、Bybit(バイビット)で「ボーナス」と呼ばれるもので、下記の用途に利用できる使い勝手のよいものです。デリバティブ取引の証拠金取引で生じた損失の補填取引手数料の支払い資金調達料の支払い証拠金として利用できるため、自己資金を入金しなくても、ボーナスだけでデリバティブ取引を行うことができます。どれぐらいのポジションが持てる?30USDTのボーナスを受け取ってボーナスだけで取引をする場合、Bybitでは最大100倍のレバレッジを提供していますので、3,000USDT分のポジションを持つことができます。例えば、1BTC=30,000USDTのとき、30USDTのボーナスのみを証拠金として最大で約0.1BTC(3,000USDT)分のポジションを持つことができます。しかし、ギリギリまでポジションを持ってしまうとすぐにロスカット(強制決済)となってしまいますので、実際にはもう少し低い取引量でポジションを持ちます。0.01BTCでポジションを持った場合で計算してみましょう。1BTCが31,000USDTに値上がりした際、1,000USDTの損益が発生します。0.01BTCでポジションを持っていた場合、損益は100分の1の10USDT(約1,000円)となります。ノーリスクのボーナスのみでトレードしても、十分な収益が狙えますね。レバレッジは銘柄ごとに異なるBybitでは銘柄ごとに最大レバレッジが設定されています。流動性が高く、急激な値動きが発生しにくい銘柄ほどレバレッジが高く設定されており、ビットコインのレバレッジは最高の100倍です。出金できるの?入金せずに取引ができる今回のボーナスを利用して利益を上げた場合、利益分は無条件で出金可能です。必要な取引高などの条件もありません。しかし、ボーナスそのものは出金できませんので、ご注意ください。Bybitは出金手数料はかかりませんが、トランザクション手数料は自己負担となります。また、仮想通貨ごとに最低出金額が設定されています。このため、出金するためには、トランザクション手数料+最低出金額を上回る利益を上げる必要があります。主な仮想通貨のトランザクション手数料・最低出金額は以下の通りです。(2022年5月19日現在)仮想通貨トランザクション手数料最低出金額BTC0.0005BTC0.001BTCUSDT10USDT(ERC20)20USDTETH0.005ETH(ERC20)0.02ETHBTCトランザクション手数料0.0005BTC最低出金額0.001BTCUSDTトランザクション手数料10USDT(ERC20)最低出金額20USDTETHトランザクション手数料0.005ETH(ERC20)最低出金額0.02ETHなお、ボーナスを保有したまま出金してしまうと、出金した仮想通貨のボーナスは消滅してしまいますので、出金の際は注意が必要です。Bybitのボーナスの仕組みについては、下記の記事で解説しています。A-bookでのボーナス付与は珍しい仮想通貨取引所の多くは、ユーザー同士が希望する価格レートを提示して取引する「板取引」を採用しています。板取引は「A-book」とも呼ばれ、取引の透明性が高いというメリットがあります。A-bookの反対は?A-bookの反対は「B-book(相対取引)」と呼ばれ、仮想通貨取引所が顧客の取引の相手方となります。この形式は、顧客が取引で損失を出すと取引所が儲かる仕組みになっているため、レートを操作して意図的に顧客に損失を出させる行為が行われるリスクがあります。A-bookの取引所は手数料が主な収入源となる薄利多売型の運営を行っています。このため、「入金しなくてもボーナスを付与する」タイプの豪華なボーナスは通常実施されません。今回は、MT4のプロモーションを行うために特別に入金なしで付与するボーナスキャンペーンを実施しています。なかなか行われないレアなキャンペーンと言えます。MT4とは?MetaTrader4(MT4)とは、これまで主にFXで利用されてきた取引ツールです。BybitのWebブラウザ・アプリ上で利用できる、TradingViewをベースとしたツールと比較すると、下記の点に特徴があります。カスタマイズ性の高いテクニカル分析エキスパートアドバイザ(EA)が利用可能カスタムインディケータの種類が豊富特に、自動売買ツールであるEAが利用できる点がFXユーザーから好評を得ています。MT4のEAは、Bybitでこれまで利用可能だった「BOT」と呼ばれる自動売買ツールよりもプログラミングがしやすく、プログラミング言語に詳しくない人でも作成できるツールも存在するため、使い勝手のいいものとなっています。EAだけでなく、様々な機能を付与することができる「カスタムインディケータ」も豊富に販売されているのも人気の理由です。MT4のメリットやBybitのMT4取引の条件は下記の記事で解説しています。レアなキャンペーンBybit(バイビット)は頻繁にボーナスキャンペーンを実施していますが、そのほとんどが、入金するとボーナスがもらえるものです。入金しなくてもリアル取引ができるようなキャンペーンは基本的に実施されないため、今回はレアなキャンペーンといえます。海外取引所に興味があるけど、迷っていた人には絶好のチャンスですね。当サイトMyforexを含むいくつかの提携サイトで口座開設した人限定のキャンペーンですので、この機会にぜひ口座開設してみてください。

2022.05.30 (月) 19:30

​​仮想通貨はスラングが多い?気になる表現を解説

インターネットでは仮想通貨(暗号資産)に関する話題が活発に投稿されており、独特な表現やスラングが生まれています。このため、仮想通貨で何が起きているのかを把握するには、スラングを理解する必要があります。そこで、主要なスラングや用語を解説します。目次[非表示]投資家心理に関する表現仮想通貨の値動きに関する表現規制などに関する表現その他の表現投資家心理に関する表現FUD(Fear, Uncertainty, Doubt)FUDは、恐怖や不確実性、疑念を示す言葉として定着しています。仮想通貨市場では、出所不明な情報や悪意を持った噂が広がることが多々あります。こういったFUDは、ネガティブキャンペーンのような形で大衆心理を煽って、影響を及ぼします。FUDの例としては、日本の大手取引所であるコインチェックが大規模なハッキング被害に見舞われた際に、資金が戻ってこないとの噂が広まって仮想通貨コミュニティに不安が広がったことなどが挙げられます。FOMO(Fear of Missing Out)FOMOは、「機会を逃すことへの恐れ」を意味するスラングです。仮想通貨は値動きが激しく、短期間で価値が数十倍に上昇することもあります。このため、買う機会を逃した後に価格が大きく上昇すると、他人に取り残されたと感じる場合があります。JOMO(Joy of Missing Out)JOMOは「機会を逃すことへの喜び」を意味します。不安から解放されることをポジティブに捉えたスラングであり、FOMOと反対の状況を示しています。HODLHODLは、英語のHOLD(保持する)を意味するスラングです。元々、HOLDのスペルミスで誕生したといわれており、仮想通貨コミュニティでは、ポジションの長期保有を促す言葉として広く使われています。仮想通貨価格が下落している時などに、特によく見かけます。BUIDLBUIDLは、HODLと同じく英語のBUILD(構築する)をもじった言葉です。BUIDLは、仮想通貨の取引や保有だけでなく、ブロックチェーンや仮想通貨エコシステムの構築への積極的な貢献を呼びかけるために使われます。SAFUSAFUは、大手取引所BinanceのCEOチャンペン・ジャオ氏が「Funds are safe(資金は安全です)」と事あるごとに発言していたことを受け、あるクリエーターがそれをもじって「Funds Are Safu」というタイトルの動画をYouTube上で公開し、流行したスラングです。後に、Binanceはハッキングなどの被害に対応する保険基金を設立し、その名前をSAFU(Secure Asset Fund for Users)としています。それ以外にもSAFUは、ジャオ氏が発言した通りに資金が安全であることを示す言葉としても使われます。仮想通貨の値動きに関する表現ROI(Return On Investment)ROIは、日本語で投資利益率を意味します。一般的に投資の世界でも、投資効率をはかる指標として用いられています。仮想通貨市場では、DeFi(分散型金融)関連サービスの収益性を示すために利用されることが多いです。ROIは「利益÷投資額x100%」で求められ、数字が大きければ大きいほど優れた投資だと評価できます。ATH(All Time High)ATHは、過去最高値を指します。投資の世界で広く使われ、特に成長著しい仮想通貨市場でよく目にします。ATL(All Time Low)ATLは、ATHと反対に過去最安値を意味します。ATLにある仮想通貨は、弱気であることがうかがえます。BTD(Buy the Dip)BTDは、日本語で押し目買いを指します。押し目買いとは、株価や仮想通貨価格などが上昇すると予想する時に、一時的に価格が下落した所を狙って買う方法です。PnD(Pump and Dump)PnDは、過度なプロモーション活動などで仮想通貨価格を釣り上げた後、売り抜ける行為を指します。仮想通貨市場では、情報操作などの規制が株式等に比べて緩く、PnDが頻繁に行われている模様です。LamboLamboは、世界的な高級車「ランボルギーニ」を意味します。ランボルギーニは仮想通貨での成功のシンボルとなっており、「When Lambo(ランボルギーニはいつ買えるようになる?)」などの使い方で、仮想通貨の値上がりを期待する言い回しとして用いられます。規制などに関する表現DYOR(Do Your Own Research)DYORとは、投資する際のリスクを自身で調べるべきだという言葉です。特に仮想通貨では、詐欺的なプロジェクトが多いことから、他人の情報を信じるよりもDYORが望ましいとされています。DD(Due Diligence)DDは、日本語でデューデリジェンスと訳されます。デューデリジェンスとは、投資判断を下す際に、どのようなリスクが存在するのかを明確にするプロセスです。仮想通貨投資の場合、規制や開発チーム、パートナーシップの有無などの確認が該当します。KYC(Know Your Customer)KYCは、取引所等による顧客の身元確認を指します。架空の人物や法人による口座開設を防ぐために、身分証明書等を提出させることによって行われます。AML(Anti-Money Laundering)AMLは、日本語で資金洗浄対策を指します。仮想通貨は資金洗浄として利用され得ることから、取引所等は不自然な取引を監視し、犯罪収益等が不正に利用されないように監視します。CFT(Countering the Financing of Terrorism)CFTは、テロ資金供与対策と訳されます。テロ組織への資金流出を防止するためのもので、取引所や仮想通貨関連サービスはこの対策の実施が求められます。その他の表現AMA(Ask 強制ロスカット Me Anything)AMAとは、仮想通貨関連プロジェクト等とユーザーの間の質疑応答です。仮想通貨コミュニティでは、ライブ配信機能を使ったAMAが活発に行われています。仮想通貨関連プロジェクト等の関係者がユーザーの質問に答え、不安の解消や問題の解決、プロモーションなどを目的に双方向のコミュニケーションが図られます。P2E(Play to Earn)P2Eはブロックチェーンゲームの一種で、ユーザーは遊びながら稼ぐことができます。具体的な特徴として、仮想通貨が報酬として配布されることや、ゲーム内アイテムやキャラクターがNFTとして発行されていることなどが挙げられます。CMC(CoinMarketCap)CMCとは、情報ポータルサイト「CoinMarketCap」を指します。仮想通貨のチャートや投資情報の参照元として活用されています。WP(Whitepaper)WPは、ホワイトペーパーという名の書類の略称です。この書類はプロジェクト開発チームが制作し、仮想通貨やプロジェクトの詳細がまとめられています。これはどの仮想通貨プロジェクトにも存在し、投資家はホワイトペーパーを読んで投資判断します。

2022.05.27 (金) 21:00

流動性ネットワークのWOO Network(WOO)を解説

仮想通貨(暗号資産)市場は様々な問題を抱えており、その中でも、流動性が課題となっています。流動性とは「取引のしやすさ」を指します。市場参加者が多くて注文量も多いと取引しやすいですが、市場参加者が少ないと、希望価格・希望数量で売買するのが難しくなり、スプレッドが広くなります。仮想通貨市場は、この点でまだ発展途上です。このような環境下、WOO Network(WOO)は主要な流動性ネットワークとして台頭しています。また、WOO Networkの独自仮想通貨「WOO」は、大手仮想通貨取引所Bybit(バイビット)のローンチプールに登場するなど、投資対象としても注目を集めています。WOO Networkの目標は、最高の流動性をCEX(中央集権型取引所)とDEX(分散型取引所)に供給することです。では、具体的にどのような特徴を持っているでしょうか。目次[非表示]WOO NetworkとはWOOXWOOTRADEWOOFiWOOを保有するメリットガバナンスに参加できるWOOXでの特典WOO Venturesの利益分配WOOFiからの手数料収入継続的なバーンによる価格上昇期待その他サービスで利用できるWOO価格の推移海外での評価と将来性WOO NetworkとはWOO Networkは仮想通貨に特化した流動性ネットワークで、2019年に設立されました。トレーダーや取引所、機関投資家、DeFiプラットフォームなどに向けて、統合的なサービスを提供しています。流動性ネットワーク従来、取引所等はそれぞれ独自に流動性を供給しており、相互の連携が乏しい状態でした。その結果、取引所ごとに流動性が分断されてしまい、流動性を大きくするのは困難でした。そこで、ネットワーク化して相互に融通するなどして、大きな流動性を作ります。これが流動性ネットワークです。狭いスプレッドや大口取引が可能になるなど、メリットが大きいです。WOO Networkの主要事業は、3つあります。CEX「WOOX」、流動性サービス「WOOTRADE」、そしてDeFiプロジェクト「WOOFi」であり、ゼロコストまたは安い手数料で取引可能という特徴があります。また、Binance(バイナンス)などに加え、DEXの1inchなどとパートナー関係にあり、当記事執筆時点においてネットワーク全体で数億ドル規模の流動性を提供しています。WOOXWOOXはCEX(中央集権型取引所)であり、現物取引とレバレッジ取引が可能です。WOO Networkの基幹事業であり、高い流動性を誇ります。最大の特徴は、取引手数料水準の安さにあります。トークン「WOO」を保有していなくても取引手数料は0.03%であり、また、1,800WOO以上をステーキングすると無料になります。また、PC取引画面の柔軟性の高さも特徴です。一般的には、取引画面内のチャートや発注ツールの位置は固定されており、ユーザーはそれに従う必要があります。しかし、WOOXはこれらのツールを画面内で自由に配置できます。また、チャートの大きさも直感的に自由に変更できます。WOOTRADEWOOTRADEは、取引所など機関向けのサービスです。取引所がWOOTRADEに接続すると、WOOTRADEから流動性が供給されます。このサービスは、特に中小の取引所にとって重要です。中小の取引所は顧客数が限られているため、流動性の確保が難しい問題を抱えています。WOOTRADEの流動性ネットワークに加入することにより、顧客への高水準のサービス提供が可能となります。WOOFiWOOFiはDEX(分散型取引所)であり、仮想通貨取引、イールドファーミング、ステーキングができます。対応済みのブロックチェーンは、アバランチ(Avalanche)、BNBチェーン、ファントム(Fantom)の3種類であり、多様なユーザーのニーズに応えることができます。WOOを保有するメリットWOO Networkは、独自仮想通貨「WOO」を発行しています。WOOを利用すると、取引所や機関投資家だけでなく、一般投資家にもメリットがあります。ガバナンスに参加できるWOO Networkは、WOO DAOというDAO(自律分散型組織)によって運営されています。開発やパートナーシップに関する様々な提案がなされており、WOO保有者の投票で意思決定されています。WOO DAOに参加するには、少なくとも1,800WOOの保有が必要です。WOOXでの特典WOOX利用者は、WOOをステーキングすると特典を得られます。例えば、取引手数料の無料化、手数料無料の出金などがあります。WOO Venturesの利益分配WOO Networkには、「WOO Ventures」と呼ばれる投資ユニットが存在します。WOO Venturesは、初期の仮想通貨関連プロジェクトへの投資を目的としています。WOO Networkは、WOOXでステーキングするユーザーに対して、その利益の一部を分配しています。WOOFiからの手数料収入WOO 強制ロスカット Networkでは、WOOFiでもステーキングが可能です。WOOFiでは、ステーキングを行うユーザーに対して「Swap」と「Earn」から生じた手数料の一部が還元しています。継続的なバーンによる価格上昇期待WOO Networkは、毎月、収益の50%をバーン(焼却処理)しています。バーンは株式市場における自社株買いのような性質を持っており、WOO価格の上昇要因となります。これにより、ユーザーにWOOの長期保有を促しています。バーン仮想通貨のバーンとは、日本語で「焼却」という意味であり、仮想通貨を永久に使えなくすることです。すなわち、バーンすると、仮想通貨の流通量が減少します。多くの仮想通貨関連プロジェクトが、仮想通貨価格を維持するためにしばしば採用しています。その他サービスで利用できるWOOは、WOOXやWOOFiだけでなく、その他のDeFi関連プロジェクトでも利用可能です。PancakeSwapやSpookySwapなどのDEXでは、イールドファーミングで利用できます。また、SushiSwapのKashi(貸し)などで、仮想通貨レンディングの担保として利用することも可能です。WOO価格の推移WOO価格は上下動を繰り返しながら、2022年に1.6ドルを超える史上最高値を記録しました。その後、仮想通貨市場全体の不調に伴って下落しています。画像引用:CoinMarketCapしかし、WOO Networkはソーシャルトレーディングの実装などを計画しており、WOOの利用例が徐々に拡大していくと予想されています。WOOの認知度が高まるにつれて、価格も持ち直す可能性があります。ソーシャルトレーディングソーシャルトレーディングとは、他のトレーダーのトレードをコピーして取引するサービスです。世界最大級のソーシャルトレーディングプラットフォームであるeToroでは、トレーダーの行動を自動で自分の口座に反映することができ、取引に関する一切の操作が不要となっています。海外での評価と将来性WOOは日本国内で上場していないため、日本での知名度はそれほど高くありません。しかし、Binanceの投資ファンドであるBinance Labsが1,200万ドルの出資を行なっており、海外では期待のプロジェクトとして認知されています。ちなみに、WOO NetworkのTwitter(ツイッター)アカウントは、8万人を超えるフォロワーを抱えています。業界でもWOO Networkは高く評価されており、大手取引所だけでなく、人気ブロックチェーンのアバランチ(AVAX)などがパートナーとして参画しています。最近では、TradingViewがWOOの通貨ペアに対応しました。WOOは数多くのCEXやDEXに上場しており、今後の発展が期待されています。なお、Bybitでは口座開設キャンペーンを随時開催しており、WOOも取引可能です。キャンペーンで得たボーナス等を使って取引すると、自己資金だけ使う場合よりも効率的なトレードが可能になります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる