バイナリーオプションのコツ

ディーラーとブローカーの違いとは

ディーラーとブローカーの違いとは
想像力が足りない奴が多いな。
この映像自体は痛々しくて酷くて14歳の子どもにこんなことできる奴頭おかしいって思うかもしれないけど、まぁ日頃から平和な日本とはかけ離れたそういう世界なんだろうし、やらなきゃやられる世界なんだろうよ。
でも大事なのは拷問されてるこの子供だってそっち側の人間だし、もしかしたら今まで人を殺してるかもしれないし、これから殺すかもしれない。いや、一概には言えないけど。どっかで足洗うつもりだっかもしれないけど。でもこの子供も立場が変わったら平気で殺せる人間なんだって考えたら、結局怪物同士が殺し合いをしているに過ぎない。
こういうの見てただひとつ思うのは、拷問とかは映像に残して見せしめにしてる部分もあるんだろうけど、願わくは殺すならどうか楽に殺してやってほしい。本当にこの残酷なやり方に見合う酷いことをしてきたのか、この少年は。
それとも殺し合いの世界にそんなことを求める方が愚かなのか。

外国為替相場の仕組みと予想のポイント

「ニーヨン、ウリ、ニ(24、売り、2)!」。スピーカーからある銀行のディーラー(外貨取引の担当者)の注文が流れます。この 暗号 のような言葉のうち、「24」は銭の部分を表します。この日の相場が119円台だったとすると、円の単位はみんな分かっているので省略し、「119円24銭」という価格を提示していることになります。「2」は売買高です。ドルの取引は100万ドル単位でするので、全体としては「119円24銭で200万ドルを売る(円を買う)」という意味になります。

取引形態は多様化しています

為替市場の動きを知る様々な値

為替は一物一価

終値、最高値、最安値、中心値などの値は、 中央銀行 である日本銀行(日銀)が発表しています。ただ、どうやって調べたのか疑問を持つ人もいるでしょう。先に見たように外為市場は様々な業者が様々な方法で取引しており、全体を把握するのは難しそうです。

<2.為替市場を予想するポイント>

相場はなぜ動くのでしょうか

予想のポイント(1):経済の基礎的条件

(2) 国際収支 ――国境を越えてモノ、サービス、資本(株や債券など)を売り買いした収支をまとめて国際収支と呼びます。すでに説明したように、例えば貿易収支(モノの輸出入)なら日本の黒字が増えるときは為替相場を円高に、黒字が減ったり赤字が増えたりするときは円安に動かす力が働きます。モノだけでなくサービスなどの取引も含めた「 経常収支 」でもお金のやり取りが発生するので原理は同じです。

(3)お金の供給量――各国の中央銀行(日本では日本銀行)は、物価や金融を安定させるため、世の中に出回るお金の量を調節します。これを金融政策と呼びます。例えば日本では物価が継続して下がる「 デフレ ーション(デフレ)」と呼ばれる現象が起きています。日銀は金利を下げて企業や個人がお金を借りやすいようにしていますが、金利はゼロ%近くまで下がってしまい、これ以上、下げる余地がありません。そこで、銀行が運用のために持っている 国債 などを買い取って銀行に代金を振り込み、世の中に出回るお金の量を増やそうとしています。こうした金融緩和をすると、円の供給が増えるので円安要因になります。同様に、米国の中央銀行にあたる米連邦準備理事会(FRB)がドルの供給を増やせば、一般にドルは安く(円高に)なります。

(4)物価――物価はモノやサービスの価格全体のことで、 ディーラーとブローカーの違いとは 消費者物価指数 などで測ります。一般に物価が上がる「 インフレ ーション(インフレ)」が起きるとその国の通貨は下落し、デフレが進む局面では通貨価値は上昇します。なぜでしょう。例えば、モノの価格が高くなるということは、同じ100円で買えるモノの量が減ることを意味します。つまり裏返すと、物価が上がっているときは、お金の「モノを買う力(購買力)=お金の価値」が下がっているのです。デフレのときは「お金の価値」が上がっているので円高になりやすいと言えます。現在の円相場の水準が割高なのか割安なのかを、日米の物価水準から考える方法があります。例えば、世界中で売られており、貿易もしやすい商品が、日本で1000円、米国では10ドルで売られているとしましょう。1000円と10ドルで同じ商品が買えるので、1ドル=100円(1000÷10=100)が、「通貨の実力」だということになります。一つの商品だけで物価を比べるのは乱暴ですが、仮に実際の相場が1ドル=120円なら、実力と比べて円は安くなりすぎていると考えてもいいかもしれません。英国の経済雑誌「エコノミスト」は、同じような考え方で、世界中で売られているマクドナルドの「ビッグマック(ハンバーガー)」やスターバックスの「トール・ラテ(コーヒー)」から、1ドルが円やユーロでいくらになるかを計算して発表しています。

予想のポイント(2):相場は美人投票

結論から言うと、実際に為替を取引している市場参加者が、貿易、投資のどちらの要因を重視しているかによって動きは違ってきます。例えば、円相場と 日経平均株価 の動きをグラフにして比べれば、似た動きをしている時期、反対の動きをしている時期、全く関係がない時期があることが分かるはずです。

予想のポイント(3):グラフを使う

代表的なものに「 チャート 分析」と呼ばれる、グラフを使う方法があります。相場の動きをグラフにすると波のような形を描きます。ここから過去の変化の特徴をつかみ、将来の動きを予想するのです。例えばどれくらいの幅で相場が動いているのか、波の頂点(最高値)から次の頂点までの期間は平均してどれくらいかなどを調べます。

予想のポイント(4):イベントと市場参加者の予想

為替相場が大きく動くのは、市場参加者が思いもかけないような事件や変化(サプライズ)が起きたときです。例えば、日銀が次の 金融政策決定会合 (ほぼ毎月1回開く金融政策の中身を決める会議)で金融緩和を打ち出すという「予想」(経済学では「期待」と呼びます)が広がると、会議がまだ開かれていなくても、市場では先取りして円安が進みます。市場関係者は金融政策によって円の供給が増えることを織り込んで、そうなる前に取引するからです。最近では、政府や日銀が中長期の政策目標を発表し、それが実現すると市場参加者に信じさせることで相場を動かそうとすることも増えています。昨年、日銀が「物価上昇率が2年以内に2%になるようにお金の供給量を大幅に増やす」と表明したときも円安が進みました。ただし、こうした手法は、目標を掲げた政府や中央銀行に対する市場参加者の信認(クレディビリティー)があって初めて効果を発揮します。

予想のポイント(5):経済統計

予想のポイント(6):様々な景気指標

景気全体が良くなっているのか、悪くなっているのかを知るのに便利な指標としては、 国内総生産 (GDP)があります。GDPは国内で行われた経済活動の成果(付加価値)の総額であり、経済がどれだけ成長しているかを知る手がかりになります。

「景気」という言葉に「気」という字が入っているように、経済は人々の心理にも影響されます。企業が景気の先行きに楽観的か悲観的かを知るには日銀が発表する 企業短期経済観測調査 (短観)の「業況判断」を利用できます。これは企業に「あなたの会社の業績は以前と比べて良くなっていますか」「これから良くなりそうですか」などと聞いたアンケート調査です。実際に企業の生産が活発かどうかは経済産業省が発表する 鉱工業生産指数 をみると分かります。一般の人の気分を知るには内閣府の「 景気ウオッチャー調査 」がお薦めです。これは、タクシーの運転手さんや百貨店・コンビニの売り場担当者に、景気の実感を聞くという調査です。

貿易など国境を越えた取引の動きについては、 貿易統計 や国際収支のデータ(財務省、日銀)を参考にするといいでしょう。物価の動きは 企業物価指数 (日銀)や消費者物価指数(総務省)をみれば分かります。これらの値は米国のものと比較して見ることが大切です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる