取引システム

バイナリーオプション 時間 取引

バイナリーオプション 時間 取引
バイナリーオプションは、判定時間別に取引の戦法や攻略法を変幻自在に変えていくのがまず基本的な攻略法となります。
つまり、30秒取引で有効な攻略方法が1時間取引でそのまま使えるかと言えばそうではありませんし、逆もまた然りなのです。

バイナリーオプション国内全8業者の取引時間と、時間帯ごとの値動き傾向を解説!

バイナリーオプションの取引可能時間と、時間帯ごとの値動き傾向について

バイナリーオプション初心者入門

為替の取引時間について

  • 月曜日⇒7:バイナリーオプション 時間 取引 00〜翌6:00
  • 火曜日〜金曜日⇒6:00〜翌6:00
    バイナリーオプション 時間 取引
  • 月曜日⇒7:00〜翌7:00
  • 火曜日〜金曜日⇒7:00〜翌7:00

つまり、金曜日の営業終了時となる、 土曜日の早朝〜月曜日の早朝はFX取引ができない時間 となります。
土日は世界中の外国為替市場が休場により、レート配信が行われていないことが理由です。

また例外もあり、 年末年始とクリスマスに関してはほとんどの国がお休みムードとなるため、取引できなかったり、取引時間が短縮 されたりします。

FXとバイナリーオプションの取引時間の違い

FX会社名転売可能時間
外為オプション 月〜金曜日のAM8:00〜翌AM5:00
株価指数バイナリーオプション 月〜金曜日のAM9:00〜翌AM4:00
選べる外為オプション 月曜日~金曜日のAM8:バイナリーオプション 時間 取引 00~翌AM4:00
みんなのオプション 米国標準時間:月曜日〜金曜日のAM8:10~翌AM6:10
米国夏時間:月曜日〜金曜日のAM7:10~翌AM5:10
オプトレ! 月曜日~金曜日のAM7:25~翌AM5:25
バイナリーオプション FXバイナリーオプション[2時間]:月曜日AM9:00~金曜日翌AM4:00(平日24時間対応)
FXバイナリーオプション[当日]:月曜AM8:00〜金曜日翌AM1:00
株価指数バイナリーオプション:銘柄ごとに異なる
商品バイナリーオプション:銘柄ごとに異なる
らくオプ 月曜日~金曜日のAM8:20~翌AM4:20
外貨ネクストバイナリー 月曜日~金曜日のAM8:20~翌AM4:20
バイナリーオプション 時間 取引 LION BO 月曜日~金曜日のAM8:25~翌AM2:25

1日の取引回数や取引時間でバイナリーオプションを比較

【早朝】の値動き傾向

オセアニア時間

国名/
市場名
冬時間の期間/
取引時間
夏時間の期間/
取引時間
ニュージーランド/
ウェリントン市場
4月第1日曜日AM3:00
~9月最終日曜日AM2:00
取引時間:6:00〜14:00
9月最終日曜日AM2:00
〜翌年4月第1日曜日AM3:00
取引時間:5:00〜13:00
オーストラリア/
シドニー市場
4月第1日曜日AM3:00
~10月第2日曜日AM3:00
取引時間:8:バイナリーオプション 時間 取引 00〜16:00
10月第1日曜日AM2:00
~翌年4月第1日曜日AM3:00
取引時間:7:00〜15:バイナリーオプション 時間 取引 00

週末のNYクローズ後に大きな要因があると、月曜日のマーケット・オープン時はその流れを受けて、窓が空いたり、窓を埋める動きを見せる こともあります。
ただし、 基本的に早朝の値動きは軟調である場合が多い です。

【日中】の値動き傾向

東京時間

国名/
市場名
冬時間の期間/
夏時間の期間
取引時間
(4〜10月頃)
取引時間
(10〜4月頃)
日本
東京市場
サマータイム未導入
により変化なし
* 9:00〜17:00
(8:00〜16:00)
* 9:00〜17:00
(8:00〜16:00)

近年では中国株の動向に注目が集まっていますが、 アジア市場の値動きはヨーロッパやアメリカの主要なマーケットが動いている時間帯に比べると限定的 です。

【夕方】の値動き傾向

為替変動は夕方になってくると徐々に激しさを増してきます。
ドイツを中心とした欧州市場やロンドン市場が16:00頃から動き出してくる と、それまでの値動きとは逆の方向性にトレンドが変わることもしばしばあります。

バイナリーオプションの短期取引で勝率を上げる方法を徹底解説!

必勝法

  • 短期取引の特徴がわかる
  • 短期取引のメリットとデメリットがわかる
  • 短期取引の攻略法がわかる

バイナリーオプションでは、エントリーの時点で判定までの時間を自分で選択できるのですが、 最短30秒から長いものだと1日 という幅広い取引時間を選択することができます。

その中でも、特に人気なのが「 短期取引 」と呼ばれる15分以下の取引時間です。

短期取引とは

バイナリーオプションの短期取引とは、判定時間までの期間が短いものを言います。

  • 短期取引とは、30秒以上15分以下の取引のこと

短期取引のルール

短期取引では、30秒や1分という短い時間で「ハイ」か「ロー」を予測することになります。

短期取引の特徴

短期取引の最大の特徴は、「 バイナリーオプション 時間 取引 好きな時間にスタートできる 」ことです。

一方、短期取引では、自分が好きな時間=勝てると判断したときにエントリーをすることができるんです。

短期取引のメリット・デメリット

短期取引のメリット

  • 短時間で取引が完結する
  • エントリーチャンスが多い
  • 長期間の取引より予測が当てやすい

短期間で取引が完結する

ちなみに僕のおすすめ業者は ハイローオーストラリア です。

エントリーチャンスが多い

また、先ほどお話ししたように自分で好きな時間にエントリーできるため、エントリーのチャンスを逃すこともありません。

長期間の取引より予測が当てやすい

バイナリーオプション 時間 取引 短期取引には、 経済指標や要人発言などのレートを大きく動かすような出来事の影響を受けにくい というメリットがあります。

短期取引のデメリット

  • 突発的な値動きに弱い
  • 転売ができないことがある

突発的な値動きに弱い

このように、 短期取引ではどうしても突発的な値動きに影響を受けやすく、予測をするのが困難になってしまいます。

そこで僕の個人的な見解では 「5分以上の取引」 を推奨しています。

転売ができないことがある

そして、この 便利な転売機能は30秒や1分取引では、取引時間が短すぎるので利用することができません。

短期取引の攻略法

  • 短期取引ができる業者を利用する
  • ルールを決める
  • 余計な取引をしない
  • サインツールを利用する

短期取引ができる業者を利用する

まず短期取引をやるのであれば、短期取引ができるバイナリーオプション業者で口座を開設する必要があるのですが、 バイナリーオプション 時間 取引 現在国内バイナリーオプション業者では短期取引をすることはできません。

なぜなら先ほどもお話しした通り、現在国内のバイナリーオプション業者には「 取引時間は最短で2時間 」という制限が設けられているからです。

つまり、 短期取引をするためには、海外バイナリーオプション業者を利用する必要があります。

僕がおすすめしている「ハイローオーストラリア」は、最も多くのトレーダーに利用されている海外業者です。

ルールを決める

このような事態を防ぐために、「 自分が勝てると思ったポイントでのみエントリーをする 」ことはもちろん「 トレードは1日○回まで 」「 ○円まで損失が膨らんだらやめる 」などの自分なりの取引ルール作りをしていくことが重要なのです。

勝てるロジックを身につける

短期取引だけに限った話ではありませんが、バイナリーオプションでは「 ハイかローを当てる 」という仕組みの簡単さから、ギャンブルのように取引をしてしまう人が後を絶ちません。

バイナリーオプションは、ギャンブルではなく「 投資 」です。

トレンドフォローの順張りロジック

トレンドフォローでもっとも重要なのは「 トレンドの方向性を見極めること 」です。

そして、トレンドの方向性を見極めるのに役に立つのが「 移動平均線 」というテクニカル指標になります。

移動平均線とは、一定期間の値動きの平均を線で繋ぐことで、値動きの方向性を示したテクニカル指標で、 移動平均線を見れば、相場の方向性が分かってしまうんです。

  • ローソク足が移動平均線より上にあり、移動平均線が右肩上がりになっていれば上昇トレンド
  • ローソク足が移動平均線より下にあり、移動平均線が右肩下がりになっていれば下降トレンド

  • 上昇トレンドの時、移動平均線が右肩上がりであればあるほどトレンドの勢いが強い
  • 下降トレンドの時、移動平均線が右肩下がりであればあるほどトレンドの勢いが強い

上昇トレンドであれば「High」下降トレンドであれば「Low」です。

RSIを利用した逆張りロジック

逆張りロジックで利用するのは、今の相場が「買われすぎているのか」「売られすぎているのか」を判断するテクニカル指標である「 RSI 」です。

そして、売られすぎ、買われすぎということは、レートが反発する可能性が高いということです。

サインツールを利用する

バイナリーオプションには、チャート上に表示されるサイン(矢印など)に従って取引を行う「 サインツール 」が存在します。

サインツールは、勝てるロジックを元にチャート上にサインを出しているので、サインツールを利用するだけで先ほど紹介したようなロジックを利用しているのと同じような状態で取引をすることができるんです。

実際に僕が開発したサインツールであるシンギュラリティも 勝率が安定する5分以上(特に5分と1時間取引を推奨)の取引を推奨 してます。

昼も夜も関係ない!バイナリーオプションは時間帯の通貨ごとの特徴を知ることが成功への近道!

攻略テクニック

私

朝昼夕夜のイラスト画像

理想でいえば 自分が普段からトレードしている時間帯で満足の行く勝ちが得られる状態 が一番ですよね🤔

  • 昼よりも夜の方が相場の値動きが大きくトレンドが発生しやすいのは確かである。
  • しかし時間帯の通貨ごとの特徴を掴めば昼でも夜でも自分が取引するタイミングで上手く相場を読み取ることができる。

本記事では通貨ペアや取引時間によってどうして値動きに違いが生まれるのかを解説し、 どの時間帯でトレードすることになってもその時間帯に適した立ち回りができるようになるポイント について解説していきたいと思います✨

夜は取引量が多い?時間帯によって取引する為替市場は違う

悩む男性

私

外国為替市場のイメージ

私の場合はいろんな人が数字を見てどこかに電話をかけながら“ ◯◯を5億だぁー! (意味不明)”とか言ってるイメージを持っていましたが、実際は 外国為替市場の建物は存在せずインターネット上のシステムで取引や管理されているものだったりします。

私

外国為替市場は5つの市場と4つの時間帯で値動きが構成されている

  • オセアニア市場
    ↳オーストラリア、ニュージーランド
  • アジア市場
    ↳日本、中国、シンガポール、バーレーン
  • 欧州市場 →ドイツ、スイス
  • ロンドン市場 →イギリス
  • ニューヨーク市場 →アメリカ
  • オセアニア市場 ・・・オーストラリア、ニュージーランド
  • アジア市場 ・・・日本、中国、シンガポール、バーレーン
  • 欧州市場 ・・・ ドイツ、スイス
  • ロンドン市場 ・・・イギリス
  • ニューヨーク市場 ・・・アメリカ
  • オセアニア時間 ・・・日本時間:早朝5:00〜
  • アジア時間 ・・・日本時間:朝8:00〜
  • ロンドン時間 ・・・日本時間:夕方16:00〜
  • バイナリーオプション 時間 取引
  • ニューヨーク時間 ・・・日本時間:夜21:00〜

為替相場が重なる時間は取引が活発になる!

4つの為替市場の時間ごとの取引量のイメージ

ここで注目したいのは複数の市場が重なり、その中で 世界三大外国為替市場が含まれる時間帯は値動きが大きくなる 、ということ👀!

世界三大外国為替市場の時間帯は昼夜問わず狙い目!

世界三大外国為替市場とは、 東京・ロンドン・ニューヨークの外国為替市場のこと です😊

  • 9時~17時(日本時間)の取引
    ↳東京外国為替市場
  • 16時~深夜の2時(日本時間)の取引
    ↳ロンドン外国為替市場
  • 21時~朝6時(日本時間)の取引
    ↳ニューヨーク外国為替市場
  • 9時~17時(日本時間)の取引…東京外国為替市場
  • 16時~深夜の2時(日本時間)の取引…ロンドン外国為替市場
  • 21時~朝6時(日本時間)の取引…ニューヨーク外国為替市場

昼間の9:00〜15:00(日本時間)のタイミングは『オセアニア時間・アジア時間の中に 東京市場 』が重なり、夜の21:バイナリーオプション 時間 取引 00〜深夜2:00(日本時間)のタイミングは、『ロンドン時間・ニューヨーク時間の中に ロンドン市場 と ニューヨーク市場 バイナリーオプション 時間 取引 』が重なるため、 1日の中で市場参加者が多くなる時間帯 となります🍀

私

ドル円相場を基にした1日の為替相場の値動きと4つの取引市場の時間帯

考える女性

悩む男性

私

為替市場が変わることによる3つの変化

期待する女性

私

①時間帯によって値動きに違いが生まれる

私

②時間帯によってトレンドの発生頻度に違いが生まれる

チャート上でみる時間帯における値動きのボラティリティの違い

悩む女性

私

喜ぶ男性

私

どの時間帯にも言えますが、 自分の取引できる時間帯の相場の特徴を知っておくことが勝ちに繋がる ってことをお忘れなく!

私

③時間帯によって通貨ペアのボラティリティに違いが生まれる

市場が開くということはその国にとって活動時間(つまり午前から夕方)であり、 トレーダー(個人)以外にも機関投資家や輸出入業者、商社なども参入してくるので自然と市場が開いている国の参加者が増加しやすい んです(*^^*)

東京市場のにおけるNZD/JPYの値動きの違いを表すチャート

納得する女性

苦笑いする男性

私

  • ①取引量が変わるため時間帯によって値動きに違いが生まれる
  • ②市場参加者が増減することでトレンドの発生頻度に違いが生まれる
  • ③時間帯によって通貨ペア毎のボラティリティに違いが生まれる

4つの時間帯毎の値動きの特徴と傾向を知ろう!

喜ぶ女性

私

そこで4つの時間帯に分けられる為替市場の特徴や傾向をもう少し細かく紐解くために、 ①関連国②関連通貨③値動きが活発になりやすい時間帯 を基に一つずつ具体的に見ていきましょう♪

オセアニア時間の値動きの特徴や傾向

オセアニア時間の値動きのイメージ

  • ①関連国 …ニュージーランド・オーストラリア(日本・中国)
  • ②関連通貨 …NZD・AUD(JPY)
  • ③値動きが活発になりやすい時間帯 …朝5:00〜昼間14:00(日本時間)

私

オセアニア時間に関連する通貨ペアの値動き

アジア時間の値動きの特徴や傾向

アジア時間の値動きのイメージ

  • ①関連国 …日本・中国・オーストラリア(ニュージーランド)
  • ②関連通貨 …JPY・AUD(NZD)
  • ③値動きが活発になりやすい時間帯 …朝9:00〜昼間15:00(日本時間)

私

アジア時間に関連する通貨ペアの値動き

ロンドン時間の値動きの特徴や傾向

ロンドン時間の値動きのイメージ

  • ①関連国 …ドイツ・フランス・スイス・イギリス(アメリカ)
  • ②関連通貨 …EUR・GBP・CHF(USD)
  • ③値動きが活発になりやすい時間帯 …夕方16:00〜深夜2:00(日本時間)
  • ①関連国 …ドイツ・フランス・スイス・イギリス(アメリカ)
  • ②関連通貨
    …EUR・GBP・CHF(USD)
  • ③値動きが活発になりやすい時間帯 …夕方16:00〜深夜2:00(日本時間)

私

ロンドン時間に関連する通貨ペアの値動き

ニューヨーク時間の値動きの特徴や傾向

ニューヨーク時間の値動きのイメージ

    バイナリーオプション 時間 取引
  • ①関連国 …アメリカ(ドイツ・フランス・スイス・イギリス)
  • ②関連通貨 …USD(EUR・GBP・CHF)
  • ③値動きが活発になりやすい時間帯 …夜21:00〜深夜3:00(日本時間)
  • ①関連国 …アメリカ(ドイツ・フランス・スイス・イギリス)
  • ②関連通貨
    …USD(EUR・GBP・CHF)
  • ③値動きが活発になりやすい時間帯 …夜21:00〜深夜3:00(日本時間)

私

ニューヨーク時間に関連する通貨ペアの値動き

  • ①朝から夕方までの時間帯
  • ②夕方から夜(深夜も含む)までの時間帯

自分が取引する時間帯ごとに最適な通貨を見つける!

朝から夕方の時間帯の狙い方!

オセアニアとアジア時間に関連する通貨ペアと関連しない通貨ペアの値動きの比較

夕方から夜(深夜を含む)の時間帯の狙い方!

ロンドンとニューヨーク時間に関連する通貨ペアと関連しない通貨ペアの値動きの比較

※画像はクリックで拡大します^^

  • ①各市場が開場する時間帯は取引量が増える
    ↳値動きが活発になりやすい!
  • ②各国の開場時間は様々
    ↳全ての通貨が活発になるわけじゃない!
  • ③値動きが活発になる時間帯は通貨によって異なる
    ↳開場時間や取引量が高い夜間を闇雲に狙えばイイってもんじゃない!
  • ④通貨ごとの特徴や傾向を知ることが大事
    ↳特徴や傾向が分かれば立ち回りやすくなる!

このように トレードする時間帯に関連する通貨は値動きが活発になりやすい傾向が確実 にあります😊

私

重要なのは自分が取引する時間帯での通貨ペアの選び方を知ること

このように昼間、夜間それぞれ優位性に差がないことが分かってもらえたところで、最重要となるポイントは、 値動きが活発になるのは取引通貨ペアに応じて異なる ということ。

私

通貨ペア選びを間違えると、昼間の値動きが大きい時でも取引しにくい “活発ではない通貨” でトレードしてしまい、うまく値動きがわからず勝ちにくくなってしまったりします💦

”勝率に囚われた”難民トレーダーさんへの提案! バイナリーオプションは勝率40%で十分過ぎるほど利益出るって話

だけど、 利益を出すという一点において勝率はそこまで重要ではない ってことをバイナリーオプションの仕組みから納得してトレード出来ている方は過去1万人見てきた中で1人もいませんでした。

もし、これからトレードをするにあたって 「高い勝率を出さなきゃ・・・」 とか

すでにトレードをやっている人で 「なんとしても勝率を高めなければ・・・」 ってことで頭を悩ませているのだとしたら、 “そっち” は非常に険しい道だという覚悟が必要です。

私が毎月60万円〜100万円の利益を継続的に出せているのは、 「口座資金が手元に残るようにしている」 から。

今の勝率至上主義のトレードスタイルに囚われず、利益をとにかく出すということにこだわった “利益至上主義のトレードスタイル”を見てみませんか?

今なら7年間のノウハウがたった7日間で、しかも無料で学べるプログラムを実施しています。

バイナリーオプションを取引するのに最適な時期は何ですか?

彼の生涯に一度のすべてのトレーダーは、彼ができるこの質問をしました 週末の取引 同じように?バイナリトレーダーの場合、答えは「はい」です。 あなたは一週間中適切なバイナリーオプションブローカーを通してあなたの取引をすることができます.

取引は、市場が機能していて、タイムゾーンが優勢である場合にのみ行うことができます。しかし、週末は休みの日であるため、人々は取引を実行できないと思い込んでいます。ただし、これはかなりの誤謬であり、 あなたはバイナリーオプションで24時間年中無休で取引することができます.

これが可能なのは、国によって作業スケジュールが異なり、その結果、市場の営業日が異なるためです。最大の例は、中東諸国のいくつかです。日曜日から木曜日まで営業日があるものもあれば、土曜日から水曜日まで働くものもあります.

以下は、週末に中東で最も使用されている金融業界とその 株式市場のタイミング.

  • クウェート証券取引所:クウェートの国立証券取引所は バイナリーオプション 時間 取引 取引時間 日曜日から木曜日のグリニッジ標準時午前6時から午前9時30分まで。また、クロージングオークションは、グリニッジ標準時の午前9時30分から午前9時40分まで実施されます。
  • ドバイ金融市場:DFMは、アラブ首長国連邦で最大の取引所の1つです。グリニッジ標準時の日曜日から木曜日の午前6時からグリニッジ標準時の午前9時50分まで機能します。
  • タダウルインデックス:サウジアラビアで唯一の取引所市場です。取引のタイミングは、グリニッジ標準時の午前7時から午後12時までです。
  • テルアビブ証券取引所:イスラエルにあるテルアビブは、午前6時59分から機能を開始し、日曜日のグリニッジ標準時午後12時39分に終了します。一方、月曜日から木曜日までの取引タイミングは、グリニッジ標準時の午前6時59分から午後2時14分までです。

なぜ週末に取引する必要があるのですか?

学び、稼ぐためのより良い時間

市場が異なれば、行動も異なります。ちょうど 株式市場のタイミングは同じではなく、西側市場の活動はアジア市場の活動とも異なります。そしてこれにより、その時点で資産が開いていなくても、トレンドを監視して戦略を立てる十分な範囲が得られます。

トレーダーにしなやかさを提供します

あなたはより良い注意を払うことができます

週末に取引してはいけない理由

#1週末は資産の数を絞り込みます

たとえば、日本の日経225株価平均や日本郵船かぶしき会社は、東京証券取引所でのみ取引できます。 バイナリーオプション 時間 取引 東京証券取引所のタイミングが終わると、これらの資産を取引することはできません.

異なるタイムゾーンの#2市場

株式市場のタイミングの違いは、恩恵と悩みの両方です。 一方では、24時間の取引時間がありますが、他方では、これらの違いにより、希望する資産を取引できない場合があります。.

#3あなたのブローカーはあなたに取引を実行させないかもしれません

#4低アクティビティ

バイナリー市場は何時に閉まりますか?

バイナリー市場では、特に主要な株式市場の時間が重なっている間、外国為替と株式は大量に取引されます。

バイナリーオプション取引プラットフォーム

平日、Xetra DaxやFTSEなどのヨーロッパ株は、グリニッジ標準時の午前11時から午後7時30分まで取引されます。これらは、バイナリ市場が開閉する標準的な時間です。しかし 取引時間は、使用しているバイナリーオプション取引プラットフォームに大きく依存します。いつでもカスタマーサポートに連絡して、希望する資産の取引時間を知ることができます。

週末に使用できる戦略

以下は、最も基本的で広く使用されている戦略です。

#1ギャップトレーディング

ギャップ取引は価格が急上昇することを意味し、外国為替市場で使用されます。これ 取引戦略 通貨のギャップを交換できるので、週末に最適です。 価格の急上昇は、ある力が市場を動かし、価格をあるレベルから別のレベルに移動させ、その間にいくつかの価格レベルをスキップしたときに発生します。.

たすき-ギャップ-例

通常、これらの日は他のトレーダーによって取り去られ、新しい動きは非常に信じがたいので、ギャップを埋めることは主に週末に目撃されます。そして、多くのトレーダーがクロージングギャップを形成する必要はありません。 それらのトレーダーが同じ方向に投資するとき、他のトレーダーはそれが間違いであると信じて、別の方向に投資し始めます.

  • 海外のクライアントを受け入れます
  • 最小デポジット$10
  • $10,000デモ
  • プロフェッショナルプラットフォーム
  • 95%までの高収益
  • 迅速な撤退

上向きのギャップについては、資産を売却して市場を下落させ、最終的にはギャップを埋めることになります。下向きのギャップでは、投資家が資産の購入を開始し、市場が再び上昇し、ギャップが縮まります。 週末に少量の市場がある場合は、自分をしっかりと支えてください、ギャップを埋める可能性が高いため。

戦略を適用する方法は?

#2ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、特に週末に、予測が高いと言われています。 3つの行があります:

quotexボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは週末に非常に役立ちます、そしてそれらを適切に使用することはあなたに最大の利益を与えます。 この背後にある理由は、金融業界で発生するトレーダーやイベントが増えると、動きが増加し、ボリンジャーバンドのバリエーションにつながるためですs。

戦略を適用する方法は?

結論:週末の取引は有益な場合があります

バイナリー取引は平日だけでなく週末にも簡単で効果的です。適切なブローカーがあれば、通貨、商品、その他多くの金融デリバティブを取引できます。 平日、主要な株式市場のタイミングが重なると、より多くの動きが得られます。しかし、多くのトレーダーは休日に取引をせず、休暇を取ります。しかし、これはアクションが残っていないという意味ではありません。

バイナリーオプションは何分取引がおすすめ?【判定時間別に比較】

海外バイナリーオプション業者のおすすめ口座比較ランキング11選【どこが人気?】 海外のバイナリーオプション業者ってどこがオススメなんですか? このような質問を多くいただくことが増えてきました。 そこで今回.

バイナリーオプションの判定時間別の攻略法を公開!

バイナリーオプションは、判定時間別に取引の戦法や攻略法を変幻自在に変えていくのがまず基本的な攻略法となります。
つまり、30秒取引で有効な攻略方法が1時間取引でそのまま使えるかと言えばそうではありませんし、逆もまた然りなのです。

基本的なルールはどれも同じですが、判定時間が違えばチャートの見方も全く変わってくると言って過言ではないわけです。そこでここではそれぞれの判定時間別にどのような攻略方法が取れるのか、そしてどの判定時間が結局おすすめなのか比較できるようにわかりやすく具体的な解説をお届けしていきます。

30秒取引

これほどシンプルで、これほどスピーディーなバイナリーオプション取引は他にありません。
元々60秒取引が最も短いバイナリーオプションの判定時間とされていましたが、それの半分ということで、この判定時間が出てきた時には、極めて話題となりました。
こちらの取引手法は、他のバイナリーオプションの判定時間とは明らかに一線を画すものであり、うまく組み合わせることができれば、より多くの利益を上げることも不可能ではありません。

・特徴
判定時刻までの期間が極めて短く、わずか30秒で勝敗が決する
複数回の取引を短期的に繰り返すことが可能
途中決済・転売機能は利用できない

海外バイナリーオプション業者の中で提供されていることが多い機能である途中決済や転売機能は、あまりにも判定時間が短すぎるため利用することができません。
そのためリスクヘッジという部分でこういった機能を使っている場合は、機能そのものが使えませんので戦略が一つ封じられたというようなイメージです。しかしそれを補って余りあるポテンシャルのある判定時間ですので、ファンが多いのはうなずけます。

・攻略方法
トレンド相場で順張りする
ボラティリティの大きい通貨ペアでエントリーする
強烈なトレンド発生タイミングを熟知する
30秒ならではの「ノイズ」を利用して逆張りする

転売機能などは利用できませんが、トレンド相場は臨機応変に対応することができるという最大のメリットがあります。
例えば、5分間も継続するかどうかは怪しい!といったトレンド相場であっても30秒なら何とかその方向に動き続けるであろうという場合、30秒取引ではかなりの確証をもってエントリーをすることができるようになります。
トレンド転換が発生しようとしたとしてもそしてその動きがあったとしても、10秒から20秒程度であればその動きが間に合わず、利益が確定してしまうケースのほうがイメージ的には多いわけです。

また、ボラティリティの大きい通貨ペアでエントリーをすることにより、このトレンドが発生しやすく、またチャンスも多いという印象です。さらに30秒ならではの攻略法としてはノイズの存在が挙げられます。
ノイズというのは相場の動きの中で突発的に発生する極めて短く、数秒程度で収束する超強力な値動きのことです。一瞬だけ一つの方向に大きく針が触れますので、ここで逆張りエントリーをすることにより、勝率をアップさせることが可能となります。
なお、30秒取引に関する詳しい情報は、こちらの記事をご覧ください。

60秒取引(1分取引)

60秒取引は1分間で取引が完結し、超短期間で判定が出る判定時間です。30秒の取引よりは若干時間が長めに取れますが、どの取引方法よりも刺激的で状況が読みづらいという声はかなり根強く存在します。
つまり、相場は読みづらく、それでいてハイリスク・ハイリターンな判定時間と言えるでしょう。
60秒取引は、多くの取引を繰り返すことができるなどといったメリットもある反面、取引回数が増えすぎると様々なデメリットが生ずる可能性もあります。まずは、60秒取引の特徴についてまとめてみましたので確認してみましょう。

・特徴
比較的瞬間的に取引を行うようなカラーの取引
どの判定時間よりも刺激的で、状況が読みづらい

60秒取引の特徴は何と言っても上記2つのポイントです。瞬間的に取引を行うようなカラーの取引であるため、テクニカル分析はほぼ役に立ちません。
もちろんテクニカル分析をかけることも不可能ではありませんが、 この時間の取引で収益が上げられている人はどちらかと言うと強めのトレンドを順張りフォローするなどの対策を行っている印象が強いと言えるのではないでしょうか。

・攻略方法
相場の取引量に気を配る
資金管理を徹底する
強めのトレンドは順張りでフォローする
上位足は必ずチェックすべし
ノイズを見逃さない

日本国内のバイナリーオプション業者が提供している判定時間と比較すれば確かに短い判定時間ではあるものの、30秒取引・1分取引に比べるとある程度の時間が取れるため、攻守のバランスが取れている判定時間が3分取引です。
若干マイナーな判定時間ではあるものの、3分取引をうまく制すことができれば、勝率が安定するという投資家の方も多いのではないでしょうか。
3分取引は、下記のような特徴があります。

・特徴
攻守バランスの取れている判定時間(中庸的)
若干マイナーであり、公開されている情報が少ない

こういった特徴がありますので、バランスのとれた投資戦略をとることにより安定して勝ち続けることも不可能ではないというわけです。
それでは、どのような攻略方法が取れるのかについてご紹介していきます。 バイナリーオプション 時間 取引
バイナリーオプションの3分取引では下記にご紹介するような攻略方法がオススメと言えます。

・攻略方法
5分足を使う
転売機能を使う
取引量の少ない時間帯は避ける
強いトレンドのみを見分ける
テクニカル分析を利用する

また、3分取引は多くの場合転売機能が使えます。うまく組み合わせることで損失を最小限にしたりリスクを抑えるような周りが良いでしょう。
さらに、テクニカル分析などを合わせて利用することによって特段に強いトレンドを見分けることも出来るようになりますし、より磐石に勝率を高めていくことも可能となります。このような事情から、バイナリーオプションの3分取引は特に、バランスのとれた取引を望まれる方にはお勧めできる手法と言えます。

・特徴
長期的な取引の良いところと、短期的取引の良いところを掛け合わせたような存在
バランスが良く長期的な取引の時に使用するような攻略手法が比較的通用しやすい

・攻略方法
レンジ相場を利用して逆張りでエントリー
オシレーターのダイバージェンスで逆張り
トレンド転換を見逃さない
トレンドが強すぎるときは取引をしない
ボラティリティに気をつける

その他、レンジ相場であることを利用して逆張りエントリーを行ったり、ダイバージェンスで逆張りを行うなど、 いわゆるテクニカル系の分析を使うことで勝率を安定させることのできる判定時間と言えます。
30秒取引や60秒取引はノイズの存在などを使った若干トリッキーな戦い方が求められていましたが、5分取引以降の判定時間では、いわゆる王道の取引手法が有効となりつつあります。

15分取引

・特徴
取引を重ねやすい
ペイアウト率が比較的高い水準にある

それでいて、30秒取引のように刹那的な取引をする必要はなく、さらに全体的に見れば短い判定時間であるということでペイアウト率が比較的高い水準で設定されることが多いのもうれしいポイントです。
このようなバランスのとれた特徴を持つ判定時間だからこそ、攻略手法はより王道で、より効率重視のものが有効となります。

・攻略方法
毎月の5の倍数日である「ゴトー日」にエントリー
安定したトレンドが発生している通貨ペアを選択
値動きのパターンを見つける

これが15分よりも短い時間での取引になると様々な変動に押されて勝率が安定しませんが、15分というある種どっしりと構えることのできるような判定時間であれば、テクニカル分析というよりは毎月のパターンで発生するフォーメーション分析のようなものが使えたり、パターン化されているタイミングでエントリーを行うことも不可能ではありません。また、 トレンド相場での戦い方としては、急激なトレンドを狙うというよりは緩やかでも安定して芯のあるトレンドをフォローするような戦い方がおすすめです。

バイナリーオプションのプロが解説!15分取引のおすすめ攻略法とは バイナリーオプションには海外バイナリーオプション業者を中心に15分取引という判定時間が提供されています。 この15分取引バイナリーオプ.

1時間取引

・特徴
良くも悪くも動き方が他の時間軸に比べて緩やか
エントリーの根拠や分析さえしっかりしていれば安定して勝率を集めていくことが可能

その関係上、攻略方法もリスクを抑えるタイプの戦い方が出来るなどバリエーションが豊富という特徴もあります。また、 1時間取引は刹那的で場当たり的な取引ではなく、きちんと根拠と確証をもってエントリーをすることの方が重要となります。 バイナリーオプション 時間 取引 そのため、エントリーの根拠や分析を行っていれば、安定して勝率を集めていくことも不可能ではありません。

・攻略方法
転売機能をうまく使って損を小さくし、利益を確実にする
「ロンドンフィックス」を利用した逆張り
トレンドに乗じた順張りエントリー
色々な時間のローソク足を見る

バイナリーオプションの判定時間は何分取引がおすすめ?

バイナリーオプション判定時間は基本的に戦い方やスタンスによって使い分けるべきです。それぞれの判定時間にはメリットとデメリットが存在しますので、この情報をまずまとめてみましょう。

バイナリーオプション 時間 取引

バイナリーオプション 時間 取引 バイナリーオプション 時間 取引
判定時間の種類 メリット デメリット
30秒 ・手軽
・判定時刻が早い
・戦略が立てづらい
・連続して取引を重ねてしまいやすい
60秒(1分) ・勝敗が素早く決定する
・心理的負担が少ない
・他の判定時間や分析手法で培ったものが必ずしも適用できるわけではない
3分 ・ペイアウト率が高め ・メンタル管理や資金管理が極めて難しい
・ギャンブル性が高くなりすぎる
5分 ・精神的なプレッシャーがかかりづらい
・ペイアウト率が高い
・基本的にドロー判定が出ることがまずない
・中途半端な判定時間
15分 ・転売機能を利用できる
・精神的に安定しやすい
・ノイズによる逆張りエントリー手法が使えない
・精神状態によっては負けが大きくなる可能性がある
・トレンドを追い切れない可能性がある
1時間 ・しっかりと安定したトレンドが形成されている時は、勝率をアップさせやすい
・スプレッド取引を使うことでペイアウト率が若干高くなる(ハイローオーストラリア限定)
・突如発生した強烈なトレンドには対応しきれない
・ペイアウト率が若干低め

これに対して 長めの判定時間のメリットとしては、様々な取引手法やテクニカル分析などを応用することも不可能ではなく、転売機能などを利用することによりリスクを最小限に抑えた上で取引ができるといったメリットなどがあります。 反面、良くも悪くも急激な相場変動に対応しきれません。

とにかくハイリスク・ハイリターン派の人は60秒取引

また、60秒取引とハイローオーストラリアの場合はスプレッド取引を組み合わせることができます。 この場合はかなりのペイアウト率となりますので、一撃リターンを望まれる方は、この判定時間がおすすめです。 ただし、テクニカル分析などはほとんど通用しないので、ここはご注意ください。

テクニカル分析が得意な人は15分取引

この時間でテクニカル分析などを行うことにより最も効率的にバイナリーオプションの取引回数を重ねていくことができるでしょう。
ちなみにこれよりも長い時間での取引でも、もちろんテクニカル分析は利用可能です。

完全初心者の人は30秒取引

完全初心者の方で、バイナリーオプションの取引の経験がないといった場合や、どんなものか少し試してみたい、お金は少しはあるからエントリーしてみたいなど、とにかくバイナリーオプションの世界観に触れてみたいという方は30秒取引が総合的におすすめです。
30秒であれば極めて短い時間のうちに判定が出ますので、勝負がどうなったかすぐに確認することができます。
また、チャートの流れも1秒ごとに変動があるので、相場の変動も追いかけることができます。このように、バイナリーオプションの雰囲気を味わうことができるという利点の他にも、まだメリットがあります。

それがノイズを利用できるという部分となります。バイナリーオプションは相場の流れを読むのにテクニカル分析やファンダメンタル分析が必要となりますが、初心者の方がいきなりテクニカル分析やオシレーター系指標などを使うのは極めて難しいものがあります。

FX経験者などであれば話は別ですが、初心者の場合は30秒取引ならではの要素を用いて、相場やFXのような難しい分析を抜きにして まずはバイナリーオプションの取引を楽しんでみるというのはいかがでしょう。
ノイズ発生を察知し、そのタイミングで逆張りエントリーをするだけである程度勝率を安定させることが出来るわけです。このように、極めてシンプルな戦略が使えるのが30秒取引の良いところなので、完全にバイナリーオプションを始めたてという方は、この方法を使ってみるのがおすすめです。

FX経験者は1時間取引

FXの経験者は、バイナリーオプションの短すぎる判定時間だとなかなか感覚が取り戻せづらかったり、あるいは勝率を安定させるのが難しいというケースもどうしてもあります。
そのため、 FX経験者の方は特段1時間取引に取り組んでみるのはいかがでしょうか。
そしてプロのバイナリーオプション投資家から見てもFXや他の投資取引ご経験のある方は最初のうち1時間取引を採用するのが最も適していると断言できます。FXは同じ通貨ペアのチャートの動きを追いかける取引とはなりますが、バイナリーオプションのように極めて短期的な取引ということではありません。

このように、バイナリーオプションは判定時間別にカラーが異なります。
カラーが異なるということはその分だけ戦い方や勝ち方も異なるわけです。さらにこのような特色があるということはそれぞれ投資家さんのスタンスに合わせておすすめの判定時間があるということになります。
ご自身のスタンスに合わせて、最も勝ちやすく、最も取引しやすく、最もストレスフリーに楽しくバイナリーオプション投資ができるような判定時間を見つけてみましょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる