実体験

トレーリングストップロスとは何ですか

トレーリングストップロスとは何ですか
マルチチェーン トレーリングストップロスとは何ですか このプロトコルは、Ethereum、BNB Chain、Polygon、Gnosis、Avalanche、Fantom、Ethereum トレーリングストップロスとは何ですか L2ネットワーク(OptimismとArbitrum)で動作します。

MT4のEAが持ったポジションを自動制御(損切り、利食い、トレイリングストップ等)するツールAutoOrderModifyEAPro

OneClickMagicTraderを大幅に強化したScalTradeAssistProという製品を開発しました。

ScalTradeAssistProとAutoOrderModifyEA Pro 二製品のセット販売も実施しています。

価格および販売(ダウンロード)ページ

4,900円で販売中です。

販売サイト

デモ版の配布を開始しました

MT5版の販売を開始しました

MT5で動作するAutoOrderModifyEA Pro for MT5を開発いたしました。

よくある質問

Q.MT4を複数起動した場合、AutoOrderModifyもそれぞれのMT4で起動する必要がありますか?

Q.MT4のEAを停止しても設定は生きているのでしょうか?

Q.トレーリングストップロスとは何ですか 裁量トレードでポジションを持った際にSLを指定した場合も、トレイリングやブレイクイーブンは機能しますか?

Q.自宅のPCでは問題なく認証できたが、VPSで動かそうとすると「Error in webrequest. Error code = トレーリングストップロスとは何ですか 0」というエラーが表示されます。

AutoOrderModifyEA Proのインストール

1.上記サイトより購入手続きが完了しますと、ダウンロードボタンが表示されますのでボタンをクリックしてダウンロードしてください。

2.ダウンロードしたファイル(zip圧縮ファイル)を解凍し、AutoOrderModifyEAPro.ex4をコピーします。(まだ貼り付けしません)

3.MT4を起動し、上部メニューのファイル(F)からデータフォルダを開くをクリックします。

データフォルダを開く

4.開いたフォルダ(エクスプローラー)からMQL4→Expertsの順に開き、2.でコピーしたAutoOrderModifyEAPro.ex4を貼り付け(ペースト)します。

5.MT4を再起動するか、ナビゲーターウィンドウのエキスパートアドバイザー上で右クリック→更新するとナビゲーターウィンドウにAutoOrderModifyEAProが表示されます。

update

以下はリアル口座で使用する場合のみ設定が必要になります。(デモ口座の場合、設定する必要はありません)

6.AutoOrderModifyEAProをチャートに設置し、全般タブのDLLの使用を許可するにチェックを入れます。

7.パラメーターのMailAddressに購入時のメールアドレスとOrderNumberに注文番号を 入力してOKボタンを押してください。入力情報に誤りがある場合「License error. Please check your license.」と表示されます。 パラメーターをよくご確認ください。

AutoOrderModifyEA Proの設定

WS001412

各パラメーター設定

License(ライセンス)

Settings(各種設定)

StopLoss(pips or %):ストップロスの設定値です。自動ストップロス計算を使用する場合には%で入力してください。自動ストップロス計算を使用しない場合はpipsで入力してください(ストップロスを使用しない場合には0を入力してください

TakeProfit:使用するテイクプロフィット(利食い値)です。自動テイクプロフィット計算を使用する場合には%で入力してください。自動テイクプロフィット計算を使用しない場合はpipsで入力してください(使用しない場合には0を入力してください)

UseForceSLTP: 他の EA が設定した StopLoss と TakeProfit を上書きする機能です。 EA が設定した StopLoss や TakeProfit を変更したい場合のみ true にします。 設定されているStopLossとTakeProfitを無視してAutoOrderModifyEA Proのパラメーターに従って変更注文を出します。ただし、買いの場合は変更するStopLoss値が既に設定されているStopLossより(価格が)大きい場合のみ機能します。売りの場合は逆に小さい場合のみ機能します。(※狭いストップロスを広くする場合には使えません。広すぎるストップロスを狭くする場合にのみ使えます。)
なお、TakeProfitのみ変更することはできません。その場合には、StopLossを1pointだけ小さく設定してください。既定値はfalseです。

UseHighLowStopLoss : HighLowStopLoss モードを使用するかどうかの設定です。使用する場合には true 、しない場合には false を設定してください。

HighLowStopLossAdjustment :高値・安値から設定を離すための調整値です。現在価格から離す(高値より高く、安値より安く)設定する場合にはプラス値、現在価格に近づける場合にはマイナス値を入力してください。入力は Pips 単位です。

HighLowStopLossRange :高値・安値を判断する際の足の本数です。初期値の 0 のままだと機能しません。有効な正の整数を入れてください。(現在の足を含めて 20 本とする場合には 20 と入力します)

HighLowStopLossTPMode : HighLowMode と StopLossMode があります。 StopLossMode は StopLoss を基準に TakeProfit を設定します。 TakeProift 設定は、後述の HighLowStopLossTPReverceRatio の設定よって変わります。 HighLowMode は直近の高値・安値を基準に TakeProfit を設定します。

HighLowStopLossTPAdjustment : HighLowStopLossTPMode が HighLowMode のときのみ有効な調整値です。 HighLowStopLossAdjustment 同様、現在価格から離したり、近づけたりする場合に入力します。

HighLowStopLossTPReverceRatio : HighLowStopLossTPMode が StopLossMode のときのみ有効な StopLoss に対する比率です。 TakeProfit を StopLoss と同値 (pips) にしたい場合は既定値の 1.0 を使用します。 TakeProfit を StopLoss の 1.5 倍にしたい場合には 1.5 と入力してください。

HighLowStopLossTimeFrame : HighLowStopLoss で使用する時間足を指定します。

TrailingDistanceInputMode:トレイリング幅の入力方法です。Pipsを選択した場合にはpipsで、Percentを選択した場合には最大 利益を100%とした場合の利益確保率を指定します。(70と指定すると50pips順行した場合35pips(50pips×0.7)の位置にス トップロスを置きます)

TrailingHighLowTimeFrame:HighLowで使用する時間軸です。トレイリングモードがHighLowの時のみ有効です。使用しない場合にはDo Not Useを選択します。(規定値はDo Not Useです)

【FXテクニック】利確で差がつく「トレーリングストップ」

春の雪 Ι HARUNOYUKI

利確したら伸びた…もっと値幅とれたのに。

この記事の目的

しかし、これを用いることで「 利確を先延ばしにして、値幅を欲張った挙句、担がれロスカット 」という大勢経験する絶対的な敗因のひとつを、回避することができるのでは、と考えます。少なくとも導入して敗因を増やすことは直接的にはありませんので。

「トレール注文」は、攻撃と守備を兼ね備えた自動利確システム

「トレール注文」テイクプロフィット(TP)/ストップロス(SL)注文について

皆さんがよく使っている方法であるテイクプロフィット(以後:TP)や、ストップロス(以後:SL)から触れていきます。

T/P、S/Lの弱点について

もし、もう少し利確ポジションを伸ばしたい場合には チャートをある程度細かく見て、設定価格を手動で変更する必要 があります。 そうした場合、上記で書いたメリット「チャートが見れない間に決済してくれる」という点が微妙になってくると思います。

更に”見えない利益”でもある、チャートを見る時間が増加するので、トレード時給も低下します。TPSLの設定の為にチャートを開く必要が出てくるなら、結構本末転倒ですよね。

トレーリングストップを使用する人が少ない理由

トレーリングストップとは

この時に「トレール注文」にしていると、 望んだ方向に延びた場合には利確ラインが設定によって自動追尾して、利確するべき場所を引き上げてくれます。

もちろん上方向に追従した場合は下には下がりませんし、逆もしかりです。 利益を伸ばす方向だけ、利確位置がついてくる、という感じです。

デメリット

設定項目

まず一般的にトレール設定項目は「トレール幅」を手動で入力して、注文変更します。 ※アプリケーションや証券会社によって違いがある場合があります

今回は例題として【トレール幅:5PIPS】のケースで確認します。まず、エントリー後に、ポジションが少し進んだところでトレーリングストップ注文を行います。

すると、設定した【トレール幅(今回は5PIPS)】に応じて、 利確エリアが自動で設定 されます。これがトレーリングストップの自動追尾する利確ラインになります。↓

その他のデメリット

デメリット まとめ

トレールの核になる設定項目「トレール幅」は通貨や時間、曜日アノマリーで値幅が刻々変わるFXにおいて、 広く設定してもせっかく取れたかもしれない利益を減らしてしまい、狭く設定しても伸ばせたかもしれない値幅(春の息吹)を失う可能性 を作ってしまうことがデメリットです。

確定的に設定できればプラスで終えることが出来る(後述しますがネットワーク環境やPCが止まるとできないです)ので、そういう意味では、今回の記事の目的である 「利確を欲張って結局マイナスになる」という敗因は減らせるわけで、それだけでも十分メリットがある

MT4トレーリングストップ注文とは|使い方と設定方法を完全ガイド

mt4 トレーリングストップ_アイキャッチ

YOKI

YOKI

トレーリングストップの使い方

トレーリングストップとは?_仕組みと使い方

トレーリングストップとは

トレーリングストップとは、含み益の伸びに追従する形で、決済逆指値(損切り)の価格を、自動で更新させる注文方法の事です。

また「含み益更新中の現在価格」から「自動更新される決済逆指値の価格」までの値幅の事を、トレイリング幅またはトレイル幅と呼び、これはトレーダーがポイント単位で指定する事が可能です。

ヨキ

MT4トレーリングストップの仕組み

買いポジションの例_110.005エントリー

買いポジションの例_トレーリングストップが起動

買いポジションの例_100ポイントずつ_損切りが上昇

買いポジションの例_相場反転_買いポジションの決済

「価格がある程度順行したら、損切りラインを建値に設定し、相場の上昇に従って損切りラインを上昇させていく」という方法をとっている方も多いかと思いますが、トレーリングストップはこれを自動でやってくれる訳です。

ただし、設定したトレイリング幅以上の含み益が出ないとトレーリングストップが発動しないため、一直線に逆行した場合は含み損が膨らんでしまうので注意が必要です。

1inch指値注文プロトコル

Start image

手数料なし

手数料なし 1inchの指値注文プロトコルは無料です。 これにより、プロトコルはガスに関して非常に効率的になります。

ダイナミックプライシング

ダイナミックプライシング 価格計算は、需要と供給に基づいたスマートコントラクトによって行われ、ユーザーにとって一番良い取引を促進します。この機能は、オークションで特に便利です。

条件付き注文

条件付き注文 ユーザーは注文に特定の条件を設定して、取引からの収益を最大化できます。

追加のRFQサポート

追加のRFQサポート プロトコルにより、見積もり要求「RFQ」(特定量の仮想通貨を購入または販売するための注文) を実行できます。

マルチチェーン

マルチチェーン このプロトコルは、Ethereum、BNB Chain、Polygon、Gnosis、Avalanche、Fantom、Ethereum L2ネットワーク(OptimismとArbitrum)で動作します。

海外FXでトレーリングストップは不利?効果的な使い方・オススメ業者3選

海外FXでトレーリングストップは不利?効果的な使い方・オススメ業者3選


本サイトでは、出金拒否する取引所など、悪質な海外FX取引所を注意喚起しております。読者様がなるべく不利益を被らないよう細心の注意を払っておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。当サイトではあくまでも情報提供を目的としており、特定のFX会社に勧誘をするものではございません。お申込みにあたっては、事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。また、当サイトは日本居住者を対象としたものではありません。

1.トレーリングストップとは損失は抑えながら利益確保する投資手法

トレーリングストップ(Trailing stop)とは 変動する価格に応じて、ロスカットするポジションを変更していく手法 になります。

2.トレーリングストップの2つの特徴・メリット

価格変動に合わせてロスカットポジションが修正されるので、 大きく負けるといった事がなく利益を獲得しやすいのが最大の魅力です。

2-1.損失を最小限に抑えながら利益の最大化が行える

設定するだけで後は放置プレーとなるわけですが、設定したポジションは価格変動に応じて変化するので大きく損失を出したりすることもなく、一定以上の利幅がある状態まで来れば、ロスカットポジションが更新され、ロスカットポジションでも含み益がでる状態になり、ロスカットされても負けがなくなり、トレンドが伸びればさらに利益が伸ばせるのです。 効率的に利益を最大化する事が可能です。

2-2.長期トレーダー向けの投資手法である

トレーリングストップは確かに便利な手法ではありますが、 扱いはとても難しい ものです。

3.トレーリングストップの2つのデメリット

トレーリングストップの最大のデメリットは、 上昇傾向である相場が一時的に急激に下がった事で、設定していたポジションでロスカットしてしまう こと。

3-1.上昇相場が一時的に下がった時にロスカットしてしまう

一見、大変便利な投資手法のように思ますが 上昇傾向にある相場がいきなり急激な下落を見せた時には、対応できない デメリットがあります。

3-2.海外FX初心者が取り組むには設定が難しい

ある程度海外FXトレードに慣れている方であれば、価格相場の動きが予測できるかもしれませんが、 FX初心者にはあまりにもハードルが高いでしょう。

4.トレーリングストップに関する評判・口コミ

トレーリングストップ投資手法に関するネット上の評判や口コミは、 結論からいって大変良いと言えます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる