トレーダーが解説

FXのフラッグとは

FXのフラッグとは
【実際のドル円チャートで現れたフラッグの例】

FXのフラッグとは?調整局面で現れやすい パターンの活用方法と注意点

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及び ロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります(トルコリラ/円はみんなのFXのみ)。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

FXのフラッグ/ペナントとは?

FXのフラッグ/ペナントとは?

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。 FXのフラッグとは
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

フラッグ(Flag)とは?FXチャートパターントレード手法解説

FXフラッグ


フラッグをはじめとするチャートパターンは形を覚えるとともに、
実際のトレードで使用できるように出現する意味を理解していきます。

フラッグ(Flag)は基本的にトレンド継続パターンとして認識されるものです。

トレンド途中で出現し、
高値と安値に一定のチャネルラインを引ける相場状況をさします。

フラッグが形成されてある程度まで価格の値動きが進み、
移動平均線やレジスタンスサポートライン等やファンダメンタル等の影響を受けることで、
トレンド継続の方にブレイクしていきやすい傾向があります。

フラッグ(Flag)とは?

FXチャート上における「フラッグ(Flag)」とは、
トレンド形成途中に出現するチャートパターンで、
高値と安値にそれぞれチャネルラインが引けるチャートパターンです。

フラッグ

以下のようなチャネルラインが引けるパターンがフラッグと認識できますです。
(画像はクリックで拡大できます)

上記はダウントレンド途中に出現したフラッグ。

フラッグ形成最中はチャネルラインに沿って上昇していくのですが、
レジスタンスサポートライン等のどこかで反応していき、
トレンド継続方向に抜ける可能性が高いチャートパターンです。

上昇フラッグ

以下のチャートはアップトレンド途中に出現したフラッグ例です。

上記チャート上でも、フラッグの最後にWボトムが出現して上昇、
フラッグのトレンドラインも上抜けブレイクして上昇していっています。

フラッグイメージ

以下はフラッグのチャートパターンを図解にしたものです。(※画像をクリックで拡大できます)

ダウントレンドの途中で出現したフラッグパターンですが、
フラッグのチャネルライン上昇がレジスタンスにあたって反応して下降。

FXチャート上でのフラッグ例

フラッグ例

以下はユーロドル日足チャートでのフラッグ出現例です。(※画像クリックで拡大できます)

アップトレンドからのWトップつけて下降し、
その下降がそのままフラッグになる。

フラッグはトレンド継続パターンですが、
そのひとつのチャートパターンの形成にも、
様々なチャートパターンやプライスアクション、レジサポ等が複数関係してきます。

フラッグ例上昇トレンド継続

以下のチャート例は、ポンドドルの30分足です。(※画像クリックで拡大できます)

アップトレンドからのフラッグ下降していきながら、サポートラインに当たって反発上昇しています。
(アップトレンド継続フラッグの例が2つ続いてしまった…)

下降フラッグ

以下のチャート例は、ダウントレンドからの継続フラッグの例です。

赤丸部分の上ヒゲピンバー騙しは、より下降同意を促進させます。

フラッグの注意点(フラッグにも騙しは当然ある)

ただ、
高値もしくは安値をトレンド方向と逆に更新していくので、
本格的なトレンド転換したと思いがちになってしまうことがあります。

そういった場合の騙しをできる限り避ける意味でも、
より大きい時間足のトレンド状況を確認し、
ロウソク足のサイズを小さくして大きな画面でチャートを見て判断することが有効です。
(短期足では短期的なトレンドでも、長期足ではトレンド調整フラッグのことも多い)

フラッグだまし避ける

以下のチャート例は、ひとつ上で解説したポンドドル30分足のロウソク足サイズを小さくしたものです。

チャート上に表示させるロウソク足を増やすことで、
ダウントレンド途中に出現しているフラッグということがより明確になります。

ポンドドル4時間足フラッグ

同じ相場を4時間足で表示させてみると、以下のようになります。

大きい時間足でみると、ダウントレンドからのN字ブレイクで下抜けしていることが明確です。
(ただこの相場は、その後すぐに底になって反発上昇していますが)

フラッグを活用したトレード手法

  • 大きなトレンド方向へのブレイク待ち
  • フラッグの上限と下限を取っていく短期トレード(リスク先行)

フラッグトレード手法

簡単にチャート上で解説してみると、以下のようになります。
(※画像クリックで拡大できます)

チャネルラインとなるトレンドラインが引けた段階で、
まだ相場の方向性が不透明なのでリスク先行ながら上限下限を狙うトレードはできます。

大きい時間足のトレンド方向を確認した上で、
短期トレードであれば逆張りも狙える場合もあります。
(基本的には検証済みのトレードルール実践を推奨します)

フラッグのチャートパターンが見えた段階で、
大きなトレンド方向に抜けていく想定でチャネルラインの上限(もしくは下限)から
大きなトレンド方向へのトレードがわかりやすい手法となります。

フラッグをマスターするFXトレード教材

様々なロウソク足のプライスアクションやチャートパターンを基礎から学べる教材。
毎週送られてくるリアルトレード動画で継続的にトレード学習できます。
裁量トレードをやっていくのであれば、是非導入しておきたいFX教材です。

よくわかるFXのフラッグ!基本と勝てるエントリーのコツ

フラッグのサムネ

テクニカル分析の強化

こんばんワイバーン(・∀・)おつ@NEETORZです!
今回のブログは、チャートパターンの1つ 「フラッグ」 についての解説です。

パターンそのものや動きの特徴を知り、それがチャートに現れればそのあとの予測もしやすくなるので、 トレードの成功率を高めていける1つの武器 になるのは間違いない♪

それではニートと一緒に フラッグ を学んでいきましょう(・∀・)

FXのフラッグとは?どんなチャートパターン?

フラッグは日本語で FXのフラッグとは 「旗」 です。赤上げて♪白上げて♪のあれですね。

FXで言う所のフラッグも、 旗みたいな形を作りながら動くパターン のことを指します。

フラッグパターン

【実際のドル円チャートで現れたフラッグの例】

画像のように、 高値 ・ 安値 が 平行なトレンドライン(チャネルライン) で抑えられながら、同じくらいの値幅でジグザグと推移していくようなパターンですね(´ー`)

フラッグイメージ

したがって、チャートにフラッグが現れ価格がジグザグ動いていたら、 トレンドラインを抜けた時にその方向へとエントリーする のが、フラッグをトレードに活かすセオリーになります(・∀・)

上の画像であれば、下のラインから買うのが一番値幅が取れる、とも考えられますが、直近の流れは下落になっているので、上のラインを抜けられなかった場合、戻ってきてそのまま下落の流れに押されてしまうリスクがありますね。

フラッグの特徴を知っておこう

形から何となく想像できるかもしれませんが、フラッグはトレンド相場中、価格が高値・安値を更新する勢いが一旦おさまる 「トレンドの踊り場」 によく現れるのが特徴です。

押し目の部分

トレンド中、イケイケで上昇(または下降)している時は、 フラッグ(旗)の持ち手の部分 を形成していて、押し目・戻り目では ひらひらする布(?)の部分 を形成して フラッグが完成 していくわけです♪

ですので、上の画像のように、布の部分だけ見ると 下降のトレンドライン が引けて 目先は下 に動きそうだとしても、その後の大きな値動きは 全体のトレンド方向である上 へと抜けていく可能性が高いと考えられます。

フラッグの種類

フラッグパターン

名前の通り、 ペナント(優勝旗) ですから フラッグ(旗)の一部 って訳ですな(・∀・)

ウェッジはペナントの仲間なので フラッグ > ペナント > ウェッジ って関係性で覚えておくといいかもしれません。

フラッグの中にペナントがある

【フラッグ(青)の中にペナント(赤)があるチャート】

フラッグが他のペナントやウェッジを内包しているので、 ペナントのラインを抜けたとしてもフラッグの動きに回帰する 可能性も残していると言えますね!

フラッグを実際のトレードに活かすテクニック!

パターンの使い方として基本は ブレイクのタイミングでのエントリー なのですが、それだけで勝てるほどFXも激甘ではありません。

100%の値動きの予想はできないので、当然 「だまし」 になる可能性があったり、うまく含み益が伸びていったとしても決済ポイントを何も考えていないと、防げたであろう逆行とかをモロにくらって、 利益が0になったり、避けられた損失を追うこと になってしまいます。

どこでトレードしているのか?時間軸の概念を把握する

フラッグに限らずテクニカル分析全般に言えることかもしれませんが、チャートというものは FXのフラッグとは フラクタルな構造 をしているので、切り取りかたによって大きなフラッグ・その中に存在する小さなフラッグの様に見ることができます。

チャートのフラクタルな構造

様々な値動きが同時に存在している様な状態では、 自分がどの値動きを狙っているのか を意識したトレードというのは、成功率を少しでもあげる上で非常に重要になります。

例えば、 小さな(短期的な)フラッグ を捉え、トレンドラインのブレイクでエントリーをするならば、それは短期的な流れに沿ったトレードを行うことになるわけです。

自分が短期的な流れでトレードしていると自覚なく、無理に利益を引っ張ったりすると、 長期的な抵抗帯 にぶつかったり、長期的な流れが短期と逆のトレンドであれば、 長期の流れ(トレードとは逆方向)に収束してしまう 恐れがあるんですよね。

長期の流れに収束

逆に 大きな(長期的な)フラッグ を捉えたのであれば、トレンドラインのブレイクでエントリーした後は、長期的な流れに沿って利益が伸びるまで 長期間ポジションを保有していく必要 があったりします。

また、大きなフラッグを形成する様な値動きであれば、わざわざブレイクまで待たずとも、旗の布の部分で ジグザグ動いているところを逆張り で、短期的に狙うってトレードも全然アリです。

長期的なフラッグ攻略

このように、自分がどの値動きの流れに沿ってトレードしているのか、さらに その流れのをどこまで追うのが合理的 と考えられるのか?

ってところまで考えらると、フラッグに限らず、さまざなま チャートパターンや手法の成功率 をグググっと上げていけると思います!

レベルアップにはトレードしてみるのが1番!

ま、FXは頭で理解することももちろん大事ですが、実際にトレードすることで 「体得」 することも大事ですので、まずは気負わずにデモトレードとか、少額でチャレンジしてみることをオススメします♪

orzdojo_megasinka

スキャルとかはあまり得意ではないので教えられないですが、ORZが普段行なっているデイトレードをまるまる習得できる様に、 基礎中の基礎の部分から戦略・リスク管理・相場観 など、体系的に学んでいけるものを作り上げられたのではないかと、自負しております。

FXチャートの見方とは?初心者向けの基本的なチャート分析方法

FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。 FXのフラッグとは
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事で紹介している企業は金融庁の「 免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる