投資基礎講座

バイナリー オプション 投資 助言

バイナリー オプション 投資 助言
最近(ここ数年ですが)、ご相談において、 『この業務は投資助言業等に該当するのか?』
『登録が不要な方法を教えて下さい。』 と言うご相談を沢山頂きます。(コメントにもございますが。)
余りにも沢山頂くので、ここで弊所のスタンスを、お知らせさせて頂きます。

金融商品およびサービス

Google は、ユーザーが適切な金銭的判断を下すことができるよう、十分な情報を提供するべきだと考えています。Google のポリシーは、金融商品やサービスに関連するコストを検討するのに十分な情報をユーザーに提供し、有害または詐欺的な商法からユーザーを守ることを目的としています。このポリシーにおいて、金融関連の商品やサービスとは、金銭と暗号通貨の管理や投資に関連するもの(個人向けの助言などを含む)を指します。

以下のポリシーに違反しても、事前の警告なくアカウントが直ちに強制停止されることはありません。アカウントが強制停止される場合には 7 日前までに警告が表示されます。詳しくは、アカウントの強制停止の説明をご覧ください。

金融商品およびサービスについての情報開示

金融商品やサービスは複雑で理解されにくいこともありますが、情報開示によって透明性を高め、消費者に有益な情報を提供して適切な判断を促すことができます。

次の広告は許可されません。

宣伝しているビジネスの物理的所在地の正式な連絡先情報が示されていない

バイナリー オプション 投資 助言 関連費用が開示されていない

: 開示情報をマウスオーバー テキストとして掲載したり、別のリンク先や別のタブに表示したりすることは認められません。何かをクリックしたりカーソルを合わせたりしなくても、その場で明確に開示情報がわかるようにしてください。

第三者との提携関係が明示または暗示されているにもかかわらず、その第三者による認定情報や推薦情報へのリンクが掲載されていない(特に提携関係がサイトの評価向上につながっている場合)

例(すべての例を網羅するものではありません): 政府機関との提携関係の証拠、第三者による評価

個人ローン

このポリシーでは、個人ローンを、個人の顧客が個人、組織、事業体から、固定資産の購入や教育費の融資を受ける使途ではなく、非反復的にお金を借りることと定義します。個人ローンを利用するかどうかについて、消費者が適切な判断を下すためには、そのローン商品の品質、特徴、手数料、リスク、メリットについての情報が必要です。

例(すべての例を網羅するものではありません): ペイデイローン、タイトルローン、質店

含まれないもの: 住宅ローン、自動車ローン、学資ローン、リボルビング方式のクレジット ライン(クレジット カード、個人向けクレジット ラインなど)

返済のための最短期間と最長期間が明示されていない

1 年分の利子、手数料、その他の費用を含めた最大年率(APR)、または現地法に照らして割り出された類似するその他の利率が明示されていない

該当するすべての費用を含む、ローンの総費用の代表例が示されていない

貸付日から 60 日以内に返済を要する個人ローン。このポリシーは、広告主様が実際にローンを行っている場合、見込み顧客を集めている場合、顧客をサードパーティの貸付業者に紹介している場合に適用されます。

金利の高い個人ローン

商品やサービス 許可されるかどうか
年率(APR)が 36% 以上の個人ローン

許可されない

Google は、アメリカにおける年率(APR)が 36% 以上の個人ローンの広告を禁止しています。アメリカで個人ローンの広告を掲載する場合は、Truth in Lending バイナリー オプション 投資 助言 Act(TILA)に従って一貫した方法で計算した最高年率を表示する必要があります。

このポリシーは、広告主様が実際にローンを行っている場合、見込み顧客を集めている場合、顧客をサードパーティの貸付業者に紹介している場合に適用されます。

TILA の規定は、12 CFR Part 1026 で確認できます。「Finance Charge」の計算に含めるべき料金とそうでない料金についての説明は、セクション 1026.4 に記載されています。「Open-End Credit」の APR の計算方法はセクション 1026.14 に、「Closed-End Credit」の APR の計算方法はセクション 1026.22 に記載されています。

ローンの条件変更

詐欺的または有害な商法から消費者を守るため、住宅ローンや差し押さえに関するサイトやアプリでは、次の広告は許可されません。

ローンの条件変更や差し押さえの回避を保証している

前払いで手数料を請求している(法律事務所のサービスの場合を除く)

バイナリー オプション 投資 助言 不動産名義の譲渡や放棄をユーザーに要求したり、相場以下の価格で住宅の買い取りを提案したりしている

貸し手ではなく、自社やその他の第三者に直接支払いを行うようユーザーに要求している

ユーザーが貸し手、弁護士、クレジット カウンセラー、住宅アドバイザーと接触しないように働きかけている

バイナリー オプション

バイナリー オプションや類似の金融商品の広告

投機目的の複雑な金融商品

以下のような金融商品の取引は複雑でリスクを伴うため、広告掲載は限定された状況でのみ許可されます。

以下の複雑な投機的金融商品については、広告主様が登録を受けた仮想通貨交換業者であり、商品と広告が現地の法律と業界基準に準拠し、アカウントが Google の承認を受けている場合にのみ宣伝することができます。

差金決済取引(CFD)、金融スプレッド ベッティング、ローリング スポット FX など、投機商品関連の取引形態

オーストラリア
オーストリア
ブラジル
ブルガリア
カナダ
クロアチア
キプロス
チェコ共和国
デンマーク
エストニア
フィンランド
ドイツ
ギリシャ
香港
ハンガリー
アイスランド
インドネシア
アイルランド
イスラエル
イタリア
日本
ラトビア
リトアニア
ルクセンブルク
マルタ
マレーシア
オランダ
ニュージーランド
ノルウェー
ポーランド
ポルトガル
ルーマニア バイナリー オプション 投資 助言
ロシア
シンガポール
スロバキア
スロベニア
南アフリカ
スペイン
スウェーデン
スイス
台湾
トルコ
アラブ首長国連邦
英国
米国

複雑な投機的金融商品の売買シグナルを提供する、広告のリンク先

例(すべての例を網羅するものではありません): 取引シグナル、ヒント、投機的な取引情報、関連コンテンツまたは仲介業者のレビューを含むアフィリエイト サイト

クレジット回復サービス

Google は、クレジット回復サービスを利用するかどうかについて消費者が適切な判断を下すことができるよう、十分な情報を提供するべきだと考えています。有害な商法から消費者を守るため、下記の広告は許可されません。

クレジット回復サービスに関する広告

このポリシーは、クレジット回復サービスを直接提供する広告主様、見込み顧客獲得を目的としたサイト(リード ジェネレーター)、および消費者と第三者のクレジット回復サービス間の仲介者に対して適用されます。

債務関連サービス

Google は、債務関連サービスを利用するかどうかについて消費者が適切な判断を下すことができるよう、十分な情報を提供するべきだと考えています。詐欺的または有害な商法から消費者を守るため、以下の債務関連サービスの広告は、(1)サービスと広告が現地の法律および業界基準に準拠し、(2)アカウントが Google の承認を受けている場合にのみ一部の国で許可されます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる