バイナリ―オプション取引

トレンド分析とは

トレンド分析とは
世界市場レポートは、「トップキープレーヤー、トップ国データ、業界規模、トレンド、ビジネスの成長」を含むグローバルジチオカルバメート市場に関するプレミアム調査レポートを提供し、ジチオカルバメートの情報と理解も含まれています。 レポートはまた、予測期間までの成長予測を提供します。 レポートはまた、トッププレーヤーのパーセンテージ市場シェアと一緒に市場で動作しているキープレーヤーの競争力のある風景のスナップショットを提供します。 レポートには、COVID-19の影響に関するセクションがあります。 この分析には、ジチオカルバメート業界の需要と供給側の影響が含まれています。 レポートは、一次および二次調査、独自のデータベース、有料データベースなどから得られたデータと情報を使用して作成されます。

女性にヒットするアイデア/トレンド分析のノウハウ解説、9月12日

[演習]ヒット商品を題材に情報の解釈の視点を学ぶ
4、実践!トレンド情報のインプットとトレンド分析のアウトプット
・最新トレンド情報のインプット<女性潮流研究所のデータから1年間のトレンドを一気に解説>
※お金をかけずにできる!お勧めツールの紹介
・インプット情報の体系化と解釈のポイント
女性ターゲットの願望が現れる18種類の「心のキャラ」を知る
「消費意識マトリックス」と「心のキャラマトリックス」2軸で捉える
「火種ターゲット」と「本命ターゲット」を分けて考える

【演習】 トレンド分析とは 5つのツールを使ってトレンドを分析しアイデアのネタに変える
1)女性潮流研究所のトレンド情報
2)女性誌見出しテキストマイニングデータ
3)消費意識のマトリックス
4)心のキャラマトリックス
5)流行4分類理論

・今、流行っているのはなぜか?
・どこから来たトレンドか。
・ターゲットにはどういう価値があるのか?
・新しいインサイトを刺激できるのか?その理由は何か?
・商品を出すタイミングではどのような変化が想定されるのか?

■講師
廣瀬 ちさこ
ビューティーブレーン代表取締役、商品企画コンサルタント
コーセー企画部門にて数々のベストコスメを受賞するヒット商品を生み出し、新ブランドのローンチ、ロングセラーブランドの若返りと実績の拡大に寄与する。
その後、企画ノウハウを提供するコンサルタントとして独立。現場で培った実体験にもとづき、さまざまな企業でアイデア創発のアドバイスと企画チーム力を強化支援を行う傍ら、有名女性雑誌にて美容記事の執筆や広告制作などにも関わる。
2005年にはビジネス視点のトレンド分析プロジェクト「女性潮流研究所」を設立。支援領域は、食・生活・時計・医薬品・化粧品メーカーなど多ジャンルに渡り、マーケティング人材の育成にも精力的。社内研修や講演では、マーケティング担当者向けに、現場経験目線のトレンド分析および企画立案の知見を共有している。連載:週刊粧業、繊研新聞

トレンド分析とは

濱田恭弘氏 西村圭史氏

「食のトレンド」分析にPOSデータ活用
顧客と共有化、「価値営業」を推進

営業本部 営業部 次長 濱田 恭弘 氏
営業本部 営業部 西村 圭史 氏

  • 日経POS情報 POS EYES
  • 日経テレコン

さまざまなカテゴリーを対象に分析、営業担当者はレポートを定期的にチェック

日清製粉は、小麦粉二次加工品の販売動向データをまとめ、社内のイントラネットを通じて、全国の営業所に配信している。営業担当者はデータを定期的にチェックし、市場動向の推移が見える資料の一つとして、顧客との商談に臨む。 データの基本は「日経POS情報 POS トレンド分析とは EYES(以下、POS EYES)」だ。対象は小麦に関連するパン、麺、菓子などが中心となる。POS EYESを使ってデータを作成する営業本部営業部の西村圭史氏は「多様な食のトレンドを見極めていくことは簡単ではありませんが、今、売れている食品、これからトレンドとなりそうな食品を、さまざまなカテゴリーを比較して分析することで、人気が一過性のブームなのか、今後、スタンダードになりうるものなのかを判断することができます」と話す。「たとえば、低糖質がブームになっているときは『低糖質』をキーワードにした商品の販売動向がどのように推移しているのかをチェックしました」という。

西村圭史氏

日清製粉がPOS EYESを選んだ理由について、西村氏は「とにかく、あらゆるカテゴリーが網羅されているので、比較分析するのに大変便利だから」と話す。西村氏によると、「パンひとつとってもさまざまなカテゴリーがあります。食パンは普通食パン、バラエティ食パン、サンドウィッチ食パンなどに細分化され、食パン以外では、バゲット、クロワッサン、ロールパン、ハンバーガーバンズといったテーブルパンがあります。加えて地域別の動向も含めて、できるだけ細分化したPOSデータをとるので、パンだけでも数十種類のデータになります」という。POS EYESでは加工食品で1300を超えるカテゴリー、約200万の商品アイテム、販売店舗により12の地域別データを揃えている。

また、西村氏は「気温や湿度、降水量、日照時間などの気象情報と市場動向の関連性も簡単に確認できることもPOS EYESのメリットの一つ」という。さらに、「グラフやCSV形式のデータがダウンロードできるので、グラフをそのまま利用したりエクセルでデータを加工したりすることで簡単な作業だけで資料作成が可能です」(西村氏) 。画面もシンプルで、カテゴリーの絞り込み機能も簡単で便利のようだ。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる