概要

サポートラインとは

サポートラインとは
以上、デイトレレベルならこのくらい見ておけば問題はないと思っています。

【圧倒的に稼ぐ!】水平線の正しい引き方とFXトレード手法を解説

鈴木拓也

鈴木拓也

水平線の引き方について動画で学ぶ

  • 水平線の特徴
  • ブレイク後の水平線の機能逆転
  • 水平線を使ったトレード手法

水平線の特徴

水平線とは安値と安値、または高値と高値を水平に結んで引ける線のことです。

水平線の2つの種類:レジスタンスラインとサポートライン

現在レートよりも下に引ける安値と安値を結んだ水平線がサポートライン(支持線)、上に引ける高値と高値を結んだ水平線がレジスタンスライン(抵抗線)です。

  • サポートライン:安値と安値を結んだ現在レートよりも下の線
  • レジスタンスライン:高値と高値を結んだ現在レートよりも上の線

これらの水平線が引けると、 次にレートがその水平線に達した時に反転すると予想できます。

レジスタンスとサポートの役割逆転

一度水平線がブレイクされると、今後は機能が逆転するという特徴があります。

例えば、下図の左側のように、一度レジスタンスラインがブレイクされると、今後はその レジスタンスラインがサポートラインとしての役割を持つ ようになり、レートの下落を下支える支持線の機能を持ちます。

また、右側のように一度サポートラインをブレイクすると、 サポートラインがレジスタンスラインとしての役割を持ち 、レートの上値を抑える抵抗線として機能します。

水平線の重要度は反転回数と時間足で決まる

その中から、 重要度が高い水平線と重要度が低い水平線を見極め、重要度が高い水平線だけを選んでトレードに使うことで、勝率を一気にアップさせることができる のです。

  • 反転回数が多い水平線ほど重要度が高い
  • 上位足で引ける水平線ほど重要度が高い

例えば、2回しか反転していない水平線と、5回反転している水平線とでは、5回の方が重要な水平線となります。

つまり、今後も反転する可能性が高いですし、仮にブレイクしたとすると、レジサポ転換で再び機能する可能性が高い水平線と認識できます。

また、4時間足で引ける水平線と、5分足で引ける水平線とでは、4時間足の水平線の方がよりたくさんの投資家の意識が集まっているため重要度が高いです。

水平線が機能する大衆心理とは?

水平線に限らず、テクニカル分析のシグナルが機能する理由としては、「 世界中のトレーダーが同じものを見ているため 」という本質的な背景があります。

水平線も同様に、そのライン上で何度も反転していれば、他のトレーダーが「水平線に近づいたら買いを入れよう」と思い、何人も同じような考えのトレーダーがいれば、実際にレートはその水平線付近で反発するのです。

それは、それまで買っていた投資家が損失を抱えてしまうことになりますので、 彼らの損切り注文、加えて新規で売りを仕掛けるトレーダーも参入し、一気にレートが下に急落 します。

これがいわゆる、「水平線のブレイクアウト」と呼ばれるものです。

水平線の正しい引き方

水平線の引き方で注意したいのが、「ローソク足のひげも考慮して引く」ことです。

なぜなら、海外のトレーダーはローソク足以外のバーチャートなどを使っている人も多く、その足の最高値と最安値に注目して線を引くからです。

また、水平線が機能する理由は、世界中のトレーダーが同じ線を引いているからと上記で説明しましたが、ヒゲを考慮しないと、 他の投資家と異なるラインを引いている ことになってしまい全く機能しないかもしれません。

最後に、もう1点注意点ですが、水平線を引く時は、アバウトに考えましょう。

  • ひげも考慮して水平線を引く
  • 他の投資家も注目していそうなラインを見つける
  • 数pipsの誤差は仕方ないのでアバウト(少し大雑把)に引く

鈴木拓也

鈴木拓也

水平線を使ったトレード手法

水平線を用いたトレード(理論編)

基本的な戦略としては、 水平線の反発を狙ったエントリーと、水平線のブレイクを確認してのエントリー です。

例えば、ブレイクでエントリーした後に、 (a)すぐに反発し、下落のシグナルはダマしになる可能性 もあります。

加えて、サポートラインをブレイクした瞬間に多くのトレーダーが売りを仕掛けますので 、 (b)しばらくして売ったトレーダーの利益確定の買いにより、元のサポートラインの水準まで戻るケース(リターンムーブ)もよく現れます。

水平線を使った初心者にオススメのトレード手法としては、最初のブレイクでトレード金額の全額を使うのではなく、半額くらいのロットでエントリーし、玉は残しておくのです。

また、リターンムーブの発生もよく起こるパターンなので、リターンムーブ後の第二波だけを狙って取引するのも手堅い手法の一つです。

水平線を用いたトレード(実践編)

まず、買いで入る場合には、レートが水平線に到達し、そこでレートが反発したのを確認してエントリーします。間違っても、水平線に達した瞬間にエントリーをしてはいけません。

そして、売りでのエントリーは、水平線を勢いよく下抜けた瞬間にエントリーをします。ただし、上記でも説明した通り、その後の戻り(リターンムーブ)が起こる可能性もあるので、ここでトレード金額の全額を注ぎ込んでエントリーをするのはややリスクが高いです。

サポートラインやレジスタンスラインはどのくらいの期間で引くのか?

regisup15112701

あまり昔に遡り過ぎてラインを引いても意味がない可能性もありますし、
逆に、直近の数本程度のローソク足だけでラインを引いても、
誰も意識していなくて、全く効いていない可能性もあります。

ライン引きは、トレーダー毎に引く時の定義というか、
流派みたいなものが違っているので、どれが正解というものはないんですが、
私の場合は、、、

どの時間足で引く場合でも、
直近のローソク足から約100~150本程度の期間を見て
サポートライン、レジスタンスラインを引くようにしています。

つまり、過去100本程度の期間を見る事で、
約1日分のサポートライン、レジスタンスラインを確認している事になります。
(それより昔に遡ってのラインは、1時間足チャートの役割です)

つまり、過去120本程度の期間を見る事で、
約1週間分のサポートライン、レジスタンスラインを確認している事になります。
(それより昔に遡ってのラインは、4時間足チャートの役割です)

つまり、過去120本程度の期間を見る事で、
約1ヶ月分のサポートライン、レジスタンスラインを確認している事になります。
(それより昔に遡ってのラインは、日足チャートの役割です)

つまり、過去120本程度の期間を見る事で、
約半年分のサポートライン、レジスタンスラインを確認している事になります。
(それより昔に遡ってラインを引く事は、ほぼありません)

fxline15112702

以上、デイトレレベルならこのくらい見ておけば問題はないと思っています。

私の場合は15分足チャートをメインとしたデイトレというスタイルなので、
基本的には1時間足チャートのサポートライン、レジスタンスラインを中心に
見ていきます。

しかしもしもその日、4時間足チャートや日足チャートのサポートライン、
レジスタンスラインが近くに位置していたら、そのライン付近も意識して
サポートライン手前での売り、レジスタンスライン手前での買いは控えます。

重要度としては、4時間足チャート、日足チャートのサポレジですが、
毎日頻繁に関わるわけではないので、
通常は1時間足チャートのサポレジを意識してトレードしています。

また、5分足チャートや1分足チャートなどの短い時間足では
それほどラインの有効性は大きくないという印象ですが、
それでも一応は引くようにしています。

この場合はレジサポのラインでの攻防を見てそのブレイクを仕掛けるというよりは、
ライン上では買い優勢、ライン下では売り優勢、というように
視点の切り替えに利用する感じでしょうか。

もちろんこれが正解というわけではないですよ。
私がトレードする時にはこれが一番しっくりくるので、
このようにラインを引いているだけです。

サポートラインとレジスタンスライン

今回の場合、下の赤線がサポートライン、上の赤線がレジスタンスラインとなります。
今回の場合という意味ですが、例えばもしサポートされているラインを割り下方向に向かったとします。その後、戻りをつけようと上昇した際にサポートしていたラインが反対にレジスタンスとして機能することがあるから"今回の場合"という表現を用いています。レジスタンスラインとサポートラインが反転することをいわゆるレジサポ転換と言います。

ということは、 そのラインに達した際に反転する可能性がある ということになります。

  • サポートラインで買っていた人たち(逆張り勢)が損切りとして、売りに入ったため
  • サポートライン(レジスタンスライン)を割ると、上記のことが原因で大きく下がることが予想されるため、売りで入る人が多くなったため

もう一つ重要なことは、日足や4時間足のサポートライン、レジスタンスラインは強いが、1時間足や30分足のラインは比較的弱いことです。

【FX】サポートラインの基礎と原理をやさしく解説!トレーダーの意識も考えよう!

「はじめての自動AIツール」ダウンロード

「FXでサポートラインを正しくひけるようになると、相場分析の精度が格段にあがります。」

「サポートラインでエントリーしても、すぐに損切りされてしまう……」
「自分のひいているラインが、正しいのかどうかわからない……」

・サポートラインが機能する原理
・サポートラインの規則性
・サポートラインをひく際の注意点

サポートラインとは?

サポートラインとは「下値抵抗線」のことで、チャートで何回か反発している点をラインで結んだものです。 FXでは、サポートラインを使った分析方法はたくさんあります。

サポートライン

【本当は簡単】レジサポラインをFX初心者向けにやさしく解説!

「レジサポラインを攻略しないと、FXで延々と損をし続けることになるでしょう。」 私たちトレーダーは「レジサポラインを引いて、水準の切り替わりを捉える」といった具合で、当たり前のように、”サポートラインとは レジサポ”という言葉を使います。 とはいえ、多くのトレーダーが「レジサポ」をうまく使えていま.

レジスタンスラインもセットで覚える

サポートラインを使って相場を分析するときは、レジスタンスラインをあわせて意識しましょう。 レジスタンスラインは、「上値抵抗線」です。サポートラインとは逆に、上昇しようとするチャートの抵抗になります。

レジサポ転換

サポートラインはなぜ機能するのか?

サポートラインが機能する理由は、自分以外の投資家も意識するラインだからです。1度反発したラインにチャートが来ると、さまざまな投資家心理が働きます。

①反発して、含み益が少なくなった人
②買っとけばよかったと後悔する人
③もっと資金量を多くして買えば利益が大きくなった人
④買いポジションを損切りしたけど、持っておけば損失が減った人

チャートの機能イメージ

サポートラインの規則性

1.サポートラインとは サポートラインを破ると下落が加速する
2.ロールリバーサル(レジサポ転換)

1.サポートラインを破ると下落が加速する

サポートラインは、ブレイクされると勢いの強い下落が起こる傾向があります。 下落が加速するのは、損切りの売りを巻き込んで下落するからです。

「この水準で買いたい。」

2.ロールリバーサル(レジサポ転換)

例えば、レジスタンスラインを抜けると、今ままでレジスタンスとして機能してたラインが今度はサポートに転換します。サポートラインを抜けた後に、サポートラインがレジスタンスラインに転換することもあります。

レジサポ

サポートラインを引く際にやりがちなミス3選

「サポートラインをうまくひけない….」
「ラインを引いても、トレードの成果がでない…..」

1.ラインを引くルールを決めていない
2.ラインを引きすぎてしまう
3.上位の時間足をあわせて確認していない

1.ラインをひくルールを決めていない

ラインを引く明確なルールを決めましょう。 ルールを決めないと、チャートを見てその時の雰囲気や気分でラインをひくことになります。当然、勝率は安定しません。

・3点以上は反発している場所にラインをひく
・1時間足と4時間足で意識されてる場所にラインをひく

ポンド円サポート日足

2.ラインを引きすぎてしまう

ラインを引きすぎる。というのも陥りがちなミスです。相場は常にジグザグと動いていて、一直線には進んでいません。

サポートラインは、多くても1つの通貨ペアに3~4個引けば十分です。「このラインは、他の投資家は意識しているか?」を考えて、ラインをひくようにしましょう。

ユーロドル

3.上位の時間足を確認していない

①15分足だけで3回反発しているサポートライン
②15分足と1時間足で3回反発しているサポートライン

まとめ:サポートラインはなぜ機能する?

・サポートラインが機能する理由は、ラインを意識するトレーダーが多いため
・ブレイクしたら強い下落が起こる
・ロールリバーサルもあわせて覚えよう!
・サポートラインを使ったよくあるミスは3点です。

①ラインを雰囲気で引いてしまう
②ラインの引きすぎ
③上位の時間足を確認していない

トレーディングでサポート/レジスタンスラインリバウンド戦略を使用する方法

リバウンド戦略

Traders have many assets to choose from on the Olymp Trade platform. Exchanging currencies サポートラインとは is one of the very popular options. In fact, foreign exchange is the largest market of all. To start trading.

Traders often use indicators to be able to analyse the markets better. Moving averages are the ones most commonly employed. There exist various types of them and so you may utilise them in different.

開始するには、以下からサインアップしてください。

一般的なリスク警告
このウェブサイトに掲載されている会社が提供するトレーディング商品は高レベルのリスクを伴い、すべての資金を失う可能性があります。
あなたが失うわけにはいかないお金を決して交換すべきではありません。

プライバシーの概要

このウェブサイトは、あなたがウェブサイトをナビゲートしている間、あなたの経験を向上させるためにクッキーを使います。 これらのCookieのうち、必要に応じて分類されたCookieは、Webサイトの基本機能を機能させるために不可欠であるため、ブラウザに保存されています。 また、このWebサイトの使用方法を分析および理解するのに役立つサードパーティのCookieも使用しています。 これらのクッキーはあなたの同意がある場合にのみあなたのブラウザに保存されます。 あなたはこれらのクッキーをオプトアウトするオプションもあります。 しかし、これらのクッキーのいくつかを選択しないことはあなたのブラウジング体験に影響を与えるかもしれません。

Webサイトが正しく機能するためには、必要なCookieが絶対に不可欠です。 このカテゴリには、Webサイトの基本機能とセキュリティ機能を保証するクッキーのみが含まれています。 これらのクッキーはいかなる個人情報も保存しません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる