FX入門

はじめての投資信託

はじめての投資信託
  • 価格変動リスク 運用商品は、経済動向などで日々価格が変動(上昇または下落)するため、お受取金額が投資元本を下回ることがあります。
  • 信用リスク 株式や債券を発行している発行体の信用力の変化によって、価格が変動し、株式価格や債券価格が下落し、お受取金額が投資元本を下回ることがあります。
  • 為替変動リスク 外貨建て商品の場合、円とドルなどの為替相場の影響によって価格が変動するため、お受取金額が投資元本を下回ることがあります。
  • 金利変動リスク 世界の金利は日々変動しています。金利が上昇(低下)すると、債券価格は低下(上昇)するため、お受取金額が投資元本を下回ることがあります。
  • 流動性リスク 株式、債券および不動産などを売買する際に、流動性が少ないために不利な条件で換金せざるを得ず、その結果、解約価額の下落要因となり、投資元本を下回ることがあります。
  • カントリーリスク 投資対象国・地域における政治・経済情勢の変化により市場に混乱が生じた場合や取引に対して新たな規制が設けられた場合は、基準価額が下落したり、方針に沿った運用が困難となることがあります。
  • リートの価格変動リスク リートは証券取引所で売買され、価格は、不動産市況に対する見通しや市場における需給など、さまざまな要因で変動します。リートの価格や配当はリートの収益や財務内容の変動の影響を受けます。リートに関する法制度が変更となった場合、リートの価格や配当に影響を与えることが想定されます。

はじめての「投資信託」入門 一番やさしい!一番くわしい! 改訂版

投稿元:

・投資信託では、1日に1回、基準価額が算出される
・信託報酬は、毎日基準価額から引かれており、その価格が基準価額に反映されている
・投資信託では、株主優待は換金できるものは換金して、基準価額に組み入れる
・目論見書の見方についてはもう少し理解を深めたい
きっかけ:曖昧なところを解消するため
読了日:2020/06/12

投稿元:

投稿元:

投稿元:

戦略をもって投資する。
・長期と分散の組み合わせ
・低コスト

確認内容
・投資哲学
・投資プロセス
・ポートフォリオ
・人材
・パフォーマンス(運用実績)

投稿元:

色々な投資ブロガーの方々がお勧めするだけあって
例えなどが分かりやすかったです。
具体的な商品名やデータなども豊富で、
投資をする方のバイブルになる一冊だと思います。
投資信託を買って少し経った人でも振り返りの復讐
にもなる本だと思いました。

投稿元:

投稿元:

投資信託(投信、ファンド)の基礎が学べる
プロの運用家に、パッケージ化された株の運用を任せることができる。だから、運用に時間を取られることはない。しかし、株であることに変わりはないので、元本割れをすることもある。また、運用を代行してもらっているので、手数料が発生する場合がある。できるだけ手数料は避けたい。
少額投資ができることので、始めやすい投資である。分散投資の形になるので、大きな当たりはないが、大損をすることもない。長期的に利益を得ることを目的にするとよい。
投資信託には、手数料がかかる。大きくは、購入手数料、運用管理手数料、信託財産留保額(解約することによる他の投資家への迷惑料みたいなもの)である。ノーロードというのは、購入手数料がない株式のこと。特に注意が必要なのは、運用管理手数料でリターンに大きな影響がある。この運用管理手数料は、成績や保有期間によって下がっていくものもあるが、変わらないものもある。とにかく、手数料はかからないように調べておくべきである。
REIT(リート)とは不動産投資のことである。
安定的・長期的に大損をしないようにする部分と利益を狙いにいく部分とつくるコア・サテライト式をとるとよい。
スポット買いは、自分でタイミングや商品、金額を見て購入するもの。自分で選べるけれど、手間がかかる。積み立ては、細かな変更ができないけれど、手間がかからず、価格の変動に左右されない。一定の金額で、積み立てるのがよい。(ドルコスト平均法)
投資信託を購入するときは、特定口座(源泉徴収あり)をせんたくすると、確定申告の手間が省ける。
購入後は、資産の比率のリバランスを時々すること。

投稿元:

投資信託初心者に対して、非常にわかりやすい一冊でした。
事前にiDeCoの初心者本を読んでいたのですが、本当の本当の初心者だと難しいかもです。
一冊読んで、二冊目の方はわかりやすいと思います。

投資信託はじめての投資信託

イメージ

  • 価格変動リスク 運用商品は、経済動向などで日々価格が変動(上昇または下落)するため、お受取金額が投資元本を下回ることがあります。
  • 信用リスク 株式や債券を発行している発行体の信用力の変化によって、価格が変動し、株式価格や債券価格が下落し、お受取金額が投資元本を下回ることがあります。
  • 為替変動リスク 外貨建て商品の場合、円とドルなどの為替相場の影響によって価格が変動するため、お受取金額が投資元本を下回ることがあります。
  • 金利変動リスク 世界の金利は日々変動しています。金利が上昇(低下)すると、債券価格は低下(はじめての投資信託 上昇)するため、お受取金額が投資元本を下回ることがあります。
  • 流動性リスク 株式、債券および不動産などを売買する際に、流動性が少ないために不利な条件で換金せざるを得ず、その結果、解約価額の下落要因となり、投資元本を下回ることがあります。
  • カントリーリスク 投資対象国・地域における政治・経済情勢の変化により市場に混乱が生じた場合や取引に対して新たな規制が設けられた場合は、基準価額が下落したり、方針に沿った運用が困難となることがあります。
  • リートの価格変動リスク リートは証券取引所で売買され、価格は、不動産市況に対する見通しや市場における需給など、さまざまな要因で変動します。リートの価格や配当はリートの収益や財務内容の変動の影響を受けます。リートに関する法制度が変更となった場合、リートの価格や配当に影響を与えることが想定されます。

投資信託の税制、費用、収益分配金

投資信託の税制

  • 個別元本や決算時の基準価額によって分配金の内訳が異なります。
  • 収益分配金のうち「普通分配金」は20.315%が源泉徴収されます。
  • 収益分配金のうち「元本払戻金(特別分配金)」は非課税となります。
  • 「元本払戻金(特別分配金)」が支払われた場合は、その金額だけ個別元本および取得価額が減額調整されます。

投資信託の費用

イメージ

途中換金による有価証券売却等のコストを換金する投資家に負担してもらうものです。 ファンドを解約する際、基準価額より信託財産留保額が差し引かれます。 ※信託財産留保額は、一定の料率(基準価額×●%)で計算されます。 ファンドによって、差し引かれるものと差し引かれないものがあります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる