外国 為替 取引

FXトレードにおすすめの本はコレ

FXトレードにおすすめの本はコレ
特に今は第二次仮想通貨バブルとも言われているような数十年に1度のような相場状況なので、以前にも増して価格の変動(ボラティリティ)が激しく、動く時は1日に100万円幅とか、それ以上の値動きをする時もあります。根拠のないエントリーやギャンブル感覚でポジションを持っていると本当に危険です。

2021年版:FX初心者ガイド! これさえ読めば始め方やおすすめ証券会社・業者がわかる #外国為替証拠金取引入門

2021/11/05 10:04 マネー&経済記事班

“AppBank投資部”FXトレードにおすすめの本はコレ の記事では初心者〜中級者の方にわかりやすく、ていねいに投資のキホンをご紹介しています。安心の 上場企業運営サイト で投資の基礎をしっかり身につけて経済的安定やFIRE(早期リタイヤ)など、あなたの目標を達成しましょう!

FX(外国為替証拠金取引)の
基本・基礎を初心者向けに解説

FX投資で利益をあげた人

FX初心者がもつ“FXのイメージ”とは?

FX投資で損をした人

FXとは?:ビギナー向けにFXを解説

FX投資の利益

FXとは外国為替証拠金取引(Foreign Exchange Trade)のことです。円やドル、ユーロなどの通貨を買ったり、売ったりしてその差額で利益を上げる投資の方法です(失敗すれば損失を被ることもあります)。

いちばんシンプルに説明するなら「安く買って、高く売る」ことができれば“勝ち(得)”。「高く買って、安く買う」ことになってしまえば“負け(損)”となります。 このほかにも売りから入る方法やスワップポイントで稼ぐ方法などもありますが、 まずは「安く買って、高く売る」という一番シンプルな方法をしっかりと理解しましょう。

  • 1万円をFX口座に入れた
  • 「1ドル100円」のときに100ドルを買った
  • 「1ドル110円」のときに100ドルを売った
  • 1ドルあたり10円、100ドルで1,000円の利益

FXデイトレード徹底解説!おすすめの通貨ペア・取引時間帯・分析手法は?

fx,デイトレード

デイトレードは1日で取引が完了するため、マイナススワップの影響を受けにくいメリットがある。ただし、上昇トレンドに沿って取引をできている場合でも、実際には損失が出て含み損を抱えている可能性も。 また、デイトレードでは1日のなかで小さなチャンスを活かすため、高いレバレッジをかけて取引することが効率のよい取引方法だ。しかしレバレッジが高くなると、その分リスクも大きくなることもデメリットとして挙げられる。繰り返し損失を重ねると、資金がすぐに減ってしまう可能性も高い。 デイトレードで利益をコツコツと上げたいのであれば、最低限のチャート分析が必要だ。そのため、デイトレードはテクニカル分析などが苦手な方には向いてない取引スタイルになるだろう。

FXデイトレードで利益を出すポイント

FXデイトレードにおすすめの通貨ペア

FXデイトレードにおすすめの時間帯

8~10時:日本の経済指標が発表され、日本の投資家が取引を始めるため、取引が活発化する。
16~18時:ユーロ圏の経済指標が発表され、欧州市場(ロンドン市場)の取引が活発化する。
21~23時:アメリカの重要な経済指標が発表され、欧州・米国ともに取引が活発化する。

FXデイトレードの分析手法

FXデイトレードの始め方!FX口座選びのポイントは?

FXトレードにおすすめの本はコレ
FX会社/通貨ペア 米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
SBI FXトレード 0.09 0.3 0.19
DMM FX 0.2 0.5 0.4
みんなのFX 0.2 0.4 0.3
LIGHT FX 0.2 0.4 0.3
セントラル短資FX 0.1 0.4 0.3
FXTF 0.1 0.3 0.2

FXデイトレード向きのおすすめのFX口座3選

SBI FXトレード

DMM FX

みんなのFX

FXデイトレードの注意点

損切ルールを徹底する

最初は少額から始める

FXデイトレードで利益をあげるために

おさらいすると、FXのデイトレードにおいて重要なポイントは以下の通り。 ・デイトレードは1日の間に取引を数回繰り返し、1日が終わる時点ですべて決済するトレードスタイル ・「スキマ時間で効率的にトレードできる」「マイナススワップのリスクがない」という2つのメリットがある ・取引回数が多くなるため、スプレッドが狭いFX会社を選ぶことが重要である

そして、FXのデイトレードは以下2つの理由から初心者でも利益を出しやすい取引方法である。 ・テクニカル分析で利益を狙いやすい ・精神的な負担が少ない

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる