高金利通貨でのFX

スワップシミュレーション

スワップシミュレーション

Wi-Fi 6ルーターの性能を半分も引き出せないWi-Fi 5にさよなら! Wi-Fi 6対応子機エレコム「WDC-X1201DU3-B」

エレコムからUSB 3.0接続に対応したWi-Fi 6対応子機「WDC-X1201DU3-B」が発売された。Wi-Fi 5以前のPCやWi-Fi非対応のPCを手軽にWi-Fi 6化できるアダプターだ。 【この記事に関する別の画像を見る】 そこで、実際にWi-Fi 5対応のPCに接続して、どれくらい速度が向上するのかを検証してみた。 ■ 最新鋭ルーターの性能を半分も引き出せないWi-Fi 5 自宅のアクセスポイントをWi-Fi 6対応製品に置き換えるのであれば、同時にクライアント側のWi-Fi環境も見直すべきだ。 特に、Wi-Fi 5以前に対応したPCの場合、そのままWi-Fi 6対応のアクセスポイントに接続すると、Wi-Fi 6接続時の半分、いや電波状況によっては10分の1ほどしか、その実力を発揮させることができないケースがある。 最近はテレワークの普及によって、自宅で眠っていた古いPCや、中古で販売されている低価格なPCを再利用するようなケースも増えているが、こうしたPCに内蔵されているWi-Fiの規格は、Wi-Fi 5(IEEE 802.11ac)以前となっている場合がほとんどだ。 せっかく自宅のアクセスポイントをWi-Fi 6化によって高速化しても、PC側がWi-Fi 5対応のままだと、「電波が届かない」「Wi-Fiが遅い」といったトラブルは解消されない可能性がある。 ■ 手軽にPCをWi-Fi 6化できるエレコム「WDC-X1201DU3-B」 そこで、今回取り上げるのがエレコムから新たに発売されたUSB 3.0接続のWi-Fi 6対応子機「WDC-X1201DU3-B」だ。 現状、USB接続のWi-Fi 6対応子機は、バッファロー、ASUSからも発売されているが、今回のエレコムの製品は既存製品に比べ、本体がスリムなのが特徴だ。長さはバッファローの方が短いが、本製品は奥行きが14mmとスリムな形状になっている。 あまり機会があるとは思えないが、カバンやポケットなどに入れて持ち運ぶ場合に、かさばらない印象だ。 ただし、価格は、Amazon.co.jpの5月26日時点の比較では、バッファローよりも1000円ほど高い。しかも、バッファロー、ASUSともに1mほどの長さのクレードルが付属しているが、本製品には20cmほどの延長ケーブルしか付属していない。こうした点を考えると、コストパフォーマンスという意味では、競合に若干劣るかもしれない。 ただし、スペックの最大通信速度は、5GHz帯が1201Mbps(2ストリーム80MHz幅)、2.4GHz帯が574Mbps(2ストリーム40MHz幅)で競合と横並びだ。搭載チップも同等のRealtek スワップシミュレーション 8832AUとなっている。 Wi-Fi 6対応PCで利用されているIntel AX210/200系は、160MHz幅で最大2402Mbpsを実現できるが、現状、USB接続のWi-Fi 6子機に160MHz幅に対応した製品は存在せず、本製品の速度も最大1201Mbpsまでとなっている。 ■ 古い世代のWi-Fi 5とはケタ違いの速さ 気になる性能だが、Wi-Fi 5に比べると、かなり高速化が可能だ。以下のグラフは、木造3階建ての筆者宅で、1階にWi-Fi 6対応ルーター(WXR-5950AX12)を設置し、各階でiPerf3による速度を測定した結果だ。 PCには、Wi-Fi 5対応の無線LAN(Wireless AC7260)を内蔵した古いPC(ThinkPad E550)を利用した。2013年登場なので、IEEE 802.11ac対応チップの中でもかなり古い世代の製品だ。 同じIEEE 802.11ac対応でも、最近のPCはより新しい世代のチップが採用されているので、今回のテストほど顕著な差が出ない場合も考えられる。今回の検証は、あくまでも古いPCを利用することのデメリットを検証するためのものであることを、あらかじめお断りしておく。 ※サーバー CPU:Ryzen 3900X、メモリ:32GB、ストレージ:1TB NVMe SSD、LAN:Realtekオンボード2.5GBASE-T、OS:Windows 11 Pro スワップシミュレーション スワップシミュレーション ※クライアント ThinkPad E550 ※ルーター WXR-5950AX12 結果を見ると、かなり速度が改善されていることが分かる。Wi-Fi 5では、近距離は下り500Mbpsオーバーと実用的なものの、距離が離れるほど速度の低下が激しく、最も遠い3階端では40Mbps前後となってしまった。 一方、WDC-X1201DU3-B接続時は、近距離で下り700Mbpsオーバー、3階端でも288Mbpsとかなり高速化されている。3階窓際はWi-Fi 5比で約6.8倍(!)だ。この違いは大きい。 また、Wi-Fi 5は上りがかなり遅くなる傾向が見られ、3階では10Mbps前後にまで落ち込んでしまった。WDC-X1201DU3-Bの利用時は上りもきちんと高速化されており、ビデオ通話のように上りの帯域を利用する場合の効果が期待できることも明らかになった。 古い世代のWi-Fi 5は長距離性能が弱めなので、通信エリアの拡大という意味でも、WDC-X1201DU3-Bを利用するメリットはあるだろう。 ■ 長距離ならUSB 2.0でも実用上は問題なし なお、今回はUSB スワップシミュレーション 2.0接続時の結果も検証してみた。古いPCでは、USB 3.0で利用できるポートが限られている場合もあり、どうしてもUSB 2.0で接続しなければならないケースも考えられる。 USB 2.0接続の場合、インターフェースの転送速度が480Mbpsまでとなるため、上記グラフのようにWi-Fiの速度も300Mbps前後で頭打ちとなってしまう。 スワップシミュレーション このため、近距離ではUSB 3.0接続時の半分以下になってしまうので、もったいない気がするが、3階など長距離の環境では、そもそもWi-Fiのリンク速度が下がるため、こうしたインターフェースのボトルネックが問題にならなくなる。 例えば、最も遠い3階窓際では、USB 2.0接続で下り274Mbps、USB 3.0接続で下り288Mbpsと、ほぼ違いが見られない。 つまり、アクセスポイントからある程度離れた場所で利用するのであれば、USB2.0接続でも実用上は問題ないことになる。 PCで利用可能なUSBポートが限られているケースでも、WDC-X1201DU3-Bを導入する価値は十分にありそうだ。 ■ 競合に比べて明確なメリットが欲しい 以上、エレコムのUSB 3.0接続Wi-Fi 6子機「WDC-X1201DU3-B」を実際に利用してみた。 古いWi-Fi 5に比べて、Wi-Fi スワップシミュレーション スワップシミュレーション 6対応USB接続子機自体の優位性は明らかだ。古いPCをテレワーク用途などに転用する場合は、SSDの換装などに加え、USB接続Wi-Fi 6子機の導入も併せて検討すると、幸せになれそうだ。 ただし、本製品が競合に対して明確なアドバンテージがあるかというと、なかなか判断が難しい。スリムであることはメリットだが、クレードルなしで、価格も若干高いのは不利と言える。付属の延長ケーブルは柔らかいので、USB子機を垂直に立てるような使い方はできない。 セットアップ時に内蔵のWi-Fiをあらかじめ無効化しておくように明記されているなど、実用的なセットアップガイドはエレコムならではの特徴と言えるが、本製品の場合、そもそもドライバーをダウンロードしてインストールするだけと、セットアップに迷うような製品でもない。 もう一押し、競合と比較した際の明確なメリットが欲しかったところだ。

Bitgetクアントスワップ契約(シミュレーション)の正式開始に関するお知らせ

Bitgetは、2021年4月6日(シンガポール時間)にBitget Web側でクアントスワップ契約(シミュレーション)が正式にリリースされました。クアントスワップ契約は、Bitgetが立ち上げた新たな契約取引方法であり、複数の証拠金通貨取引と複数の契約取引ペアをサポートします。重要な点としては、従来のコイン建て契約取引の、当該コインのみを使用して取引できる仕組みを覆し、通貨保有者はより多くの取引を行うことができ、資金の利用率を高め、取引と通貨保有の上昇による収益を共有します。

この際、Bitgetは【クアントスワップ模擬口座クラシックイベント 200,000USDT をプレゼント!】キャンペーンを開催します。皆様のご参加をお待ちしております!

【クアントスワップ契約に関する情報】

契約タイプ無期限クアントスワップ契約
証拠金複数の通貨をサポート:BTC、ETH、EOS(より多くの通貨が次々に上場)
ポジションモードクロスマージン/分離マージン
レバレッジ倍数最大125X
計算単位USD
清算通貨証拠金通貨
手数料Maker:0.04% Taker:0.06%

Bitgetクアントスワップ契約は、面倒なトークンを変換するプロセスを回避し、両替手数料も節約しています。

自治体向け「避難支援者保険」の販売と要配慮者を支援する「つながる防災プロジェクト」の開始 ~安心・安全な地域社会の実現に向けて~


1.取組みの背景
近年、地震・台風・集中豪雨・大雪・噴火等の自然災害が激甚化しており、地域防災の取組みにおいては、官民連携や地域住民の参加による共助の重要性が益々高まっています。
また、2021年5月の災害対策基本法の改正※1により、避難行動要支援者に対する個別避難計画の策定が自治体に努力義務化され、「逃げ遅れゼロ」の実現に向け、自治体と地域住民が一体となった防災の取組みが進んでいます。
このような背景のもと、損保ジャパンでは、個別避難計画における避難支援者や地域の防災活動に参加する住民の皆さまが、安心して活動をおこなっていただくために「避難支援者保険」の販売を開始します。これにより住民の皆さまが安心して地域の防災活動に参加できるよう後押しするとともに、個別避難計画の作成の一助として、安心・安全な地域社会の実現に貢献します。
また、損保ジャパンの祖業である保険事業に加えて、これまでのサステナビリティの取組みを通じて培った強みである市民社会とのパートナーシップを活用し、日本NPOセンターと協働で、災害時の共助を後押しする地域ネットワーク(つながり)の構築に向けた取組み「つながる防災プロジェクト」を開始します。

2.「避難支援者保険」の概要
この保険は、避難支援活動中に避難行動要支援者にケガを負わせてしまった場合や、避難支援者自身が避難支援活動中にケガをした場合に保険金をお支払いします。


3.「つながる防災プロジェクト」の概要
ご契約時にお客さまがWeb約款・Web証券を選択されたことにより削減できたコストの一部を活用し、要配慮者(災害時に特に配慮が必要な方々として災害対策基本法で規定される方々。高齢者・乳幼児・障がい者・外国人等)を支援するプロジェクトです。
日本NPOセンターおよび、各地のNPO支援センターなどの中間支援組織・当事者団体・児童館などと連携し、要配慮者と一緒に街歩きを通した防災マップづくり・シミュレーションや訓練・ワークショップ・講演会など市民参加型の防災イベントを開催します。こうした防災イベントを通じて、支援団体・当事者団体・児童館などをはじめとした地域ネットワーク(つながり)の構築に寄与するとともに、ご参加いただく地域住民の皆さまにとって、身近な地域課題である要配慮者への理解、地域防災に対する意識の向上等につなげ、要配慮者を包摂した持続可能な地域づくりに貢献していきます。

4.今後の展開ついて
損保ジャパンは、「”安心・安全・健康のテーマパーク”により、あらゆる人が自分らしい人生を健康で豊かに楽しむことのできる社会を実現する」という「SOMPOのパーパス」実現に向けて、社会課題の解決に取り組んでいます。 スワップシミュレーション
激甚化する自然災害に直面するなか、「逃げ遅れゼロ」「災害で悲しむ人ゼロ」を目標に「誰ひとり取り残さない」防災を実現するため、今後も地域の防災を支えるサービスや保険商品の開発およびステークホルダーと連携した地域社会作りに取り組んでいきます。

HTC NIPPON、超軽量小型VRグラス「VIVE Flow」のTSUKUMO(ツクモ)での店頭展示を開始

HTC NIPPON株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:児島 全克、以下HTC)は、超軽量小型VRグラス「VIVE Flow」のTSUKUMO(ツクモ)での店頭展示を開始することを発表いたします。手軽にかけられることをコンセプトに、従来のゴーグル型VRから脱却した革新的な製品です。実際に手に取っていただくことで、そのスゴさを体感していただけますので、対象店舗にお立ち寄りの際はVIVE Flowのチェックをお忘れなく!

対象店舗詳細


下記の店舗で実際にお手に取ってデモ用VRコンテンツをお楽しみいただけます(順次展開予定)。
・秋葉原-パソコン本店
・ツクモ日本橋店 スワップシミュレーション
・DEPOツクモ札幌駅前店
・ツクモ名古屋1号店
・ツクモ福岡店
店舗の詳細はこちら(https://tenpo.tsukumo.co.jp/)をご覧ください。


VIVE Flow (ヴァイヴフロー) とは?


■製品名:VIVE Flow
■型番:99HASV006-00
■希望小売価格:59,990円(税込)
■製品詳細URL:https://www.vive.com/jp/product/vive-flow/overview/
■販売URL:https://htcvive.jp/item/99HASV006-00.html
■対応スマートフォン機種一覧:https://www.vive.com/jp/vive-flow-phone-list/ (※情報は随時更新されます)
■VIVE Flow用アクセサリー
・VIVE Flow電源ハブケーブル(99HASV008-00):希望小売価格6,990円(税込)
・VIVE Flow携帯用ケース(99H12267-00):希望小売価格5,490円(税込)
・VIVE Flowフェイスクッションセット(99H12261-00):希望小売価格4,490円(税込)
・VIVE Flowフェイスクッションセット(Sサイズ)(99H12264-00):希望小売価格4,490円(税込)

VIVE Flowの主な特徴

持ち運び用の設計
189gと超軽量小型なので気軽に外へと持ち出せます。独自設計の2段階ヒンジにより、簡単に折りたためると同時に、かけたときには安定して頭にフィットします。

優れたグラフィック
100°の広い視野角と、鮮明な3.2Kの解像度、滑らかな75Hzのリフレッシュレートで、非常に美しいグラフィックを楽しめます。

こだわりのオーディオ
内蔵スピーカーによるクリアな空間オーディオのVR体験を楽しめます。 またマイクにはノイズキャンセラーとエコーキャンセラー機能がついており、クリアでなめらかなコミュニケーションを図れます。

スマートフォンによるコントロール
コントローラの代わりに携帯電話を使って操作します。Miracast™を使えば、モバイルアプリのコンテンツをVRの大画面に映し出せます。

その他の特徴
片目ずつ設定できる度数調整ダイアル/衛生に配慮した、取り外し型のフェイスクッションとテンプルパッド/強制冷却機能/ホットスワップ対応電源/ビデオパススルー/6DoFトラッキング

スワップシミュレーション

お気に入りお問い合わせ

個人のお客様
TEL 03-5298-7051
営業時間 平日・土日祝 11:00〜18:00
法人のお客様
TEL 03-5298-7053
営業時間 平日 11:00〜18:00

701636 M42 ワイヤレス RGB ブラック 01 ゲーム ゲームデバイス マウス

製品の詳細・仕様

スワップシミュレーション
メーカー Xtrfy(エクストリファイ)
型番 M42W-RGB-BLACK
マウスタイプ ゲーミングマウス
マウスデザイン 右利き用/左右対称
有線/無線 ワイヤレスタイプ
カラー 黒(ブラック)
センサー方式 オプティカル(光学式)
センサー型番 Pixart 3370 optical gaming sensor
CPI設定 400/800/1200/1600/3200/4000/7200/19000
最大トラッキング速度 400IPS
最大加速度 50(G)
インターフェイス 2.4GHzワイヤレス/ USB
ポーリングレート設定 125/500/1000Hz
メインスイッチ Kailh GM 8.スワップシミュレーション 0
スイッチ寿命/耐久 8000万回以上
発光ユニット 搭載
LEDカラー RGB
バッテリー 500 mA
電池寿命 最大75時間(バッテリー駆動時間は、Hz、照明のオン/オフ、プレイスタイルによって異なります。)スワップシミュレーション
無線方式 2.4Ghz
マウス寸法 --
本体重量 67g (ケーブルを除く)
レシーバーサイズ --
レシーバー重量 --
ケーブル長 1.スワップシミュレーション 8m
ケーブルタイプ Xtrfy EZcord® Pro
対応OS Win XP以降、 Mac OSX 10.1 以降
保証期間 1年間
発売日 2022-06-03
JAN/EUCコード 4562312235250

■THE MOST VERSATILE XTRFY MOUSE. BETTER THAN EVER.
サイズ調整可能な左右対称形状。M42ワイヤレスは、Xtrfy M42の汎用性の高いデザインを特徴としており、あらゆるゲームプレーヤーに快適に フィットするように作られています。アップグレードされたコンポーネント、拡張された機能、このマウスはあなたが最高の状態でプレイする手助けをします。

■ESPORTS-GRADE WIRELESS PERFORMANCE.
2.4GHzラグフリーワイヤレス。1,000Hzのポーリングレート。有線マウスと同じ速度と反応性。完全に自由に動くことができます。

■SYMMETRICAL SHAPE. ADJUSTABLE SIZE.
かぶせ、つかみ、つまみ持ち?M42ワイヤレスは、すべてのグリップスタイルを念頭に置いて設計されているだけでなく、両手利き形状としての汎用性を さらに高めます。バックシェルを交換し、マウスのサイズを調整して手に完全にフィットさせます。

■67 GRAMS. WITH ADJUSTABLE WEIGHT BALANCE.
超軽量67グラム、重量配分を調整できる構造。M42ワイヤレスは、入手可能な最も軽いワイヤレスマウスの1つです。 マウスの持ち方によって重心が変動するため、 あなた独自のグリップに合わせて調整できるようにしました。バッテリーを前方、後方に移動して、完全にバランスの取れたマウスを体験してください。

■PLAY UP TO 75 HOURS ON ONE CHARGE.
週末のLANパーティー、それとも24時間ライブ配信ですか?心配ありません。バッテリーは最大75 *時間のゲームプレイを提供します。充電時にはコードを接続して 引き続きプレイを続けます。M42ワイヤレスには柔軟なXtrfy EZコード Pro充電ケーブルが付属しており、マウスをケーブルに接続した状態でもスムーズに動くことが可能です。

■TOP-TIER COMPONENTS.
完璧なワイヤレス精度を実現するPixart3370センサー搭載。Kailh GM 8.0スイッチは、8000万回の明瞭なクリックを提供します。妥協のないスピードと安定性のために、ARM32 ビットマイクロコントローラーによって動作します。M42ワイヤレスは最高レベルのコンポーネントで構築されています。

■SETTINGS OPTIMIZED FOR ESPORTS – NO SOFTWARE.
eスポーツに最適化された設定。すべての設定はソフトウェア不要です。マウス本体のスイッチのフリック、ボタンの押下によって、RGB照明の効果、色、および明るさの コントロール、さらにCPI、ポーリングレート、リフトオフディスタンス、デバウンスタイムのすべてが調整できます。設定の調整が完了したら、スイッチを「PGDN」に 合わせることで、トップボタンをゲーム内で必要なものにバインドできます。

■ULTRA-LIGHT YET DURABLE.
超軽量かつ耐久性を実現。軽量化は決して品質の低下を意味してはなりません。M42ワイヤレスは耐久性を維持しながら重量を最小限に抑えるよう徹底的に設計されています。

■MADE WITH RECYCLED PLASTIC.
私たちは、可能な限り二酸化炭素排出量の削減に努めています。このマウスのシェルは、60%再生プラスチックで作られています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる