Web取引ガイド

移動平均とは

移動平均とは

このケースにおいては、購入した3BTCのうち、売却した1BTCに係る取得原価(= 100円)と、売却時の時価(= 150円)の差額である50円が所得として認識され、移動平均法と総平均法の間で計算結果に違いはありません。

7日移動平均の算出と表示について #5000

The text was updated successfully, but these errors were encountered:

Cartman0 commented Jul 12, 2020

  • 極端なことを言うと,後6日分で計算しても問題ない
  • 等平均である必要もないので日数が離れた分を重みを小さくした重み付け平均も可能(実際は適切な重みを見つけるのが難しいので等平均が一般的ですが)

現在の7日移動平均の計算は最新値として間違いないのですが,
感染してから2週間後±誤差x日(個人差)で発症するケースで考えると,
均すべき誤差は前6日分でなく前後3日分のほうが適切ではないでしょうか?

例えば,現在のケースですと,5/7に最新データが入るとすると,
5/1-5/7分で7日移動平均が計算されて5/7の値が確定扱いになりますが,
実際は3日前の5/4分が確定されたと考えるほうが適切ではないでしょうか?

kaizumaki commented Jul 12, 2020

移動平均とは Cartman0 commented Jul 12, 2020 •

@kaizumaki
対応ありがとうございます.
曜日トレンドだけ見たい場合は今の計算でも問題ないのですが,
約3週間前に感染した人のデータも平均に含めても問題ないのか気になっていたのでよろしくお願いします.

ghost commented Jul 12, 2020 •

  • 大きなトレンドを広く一般の方がわかりやすいように伝える
  • 移動平均とは
  • 例えばサイエンスとしての立場で分析を行う

移動平均の目的として、東京都の資料には「ばらつきを平準化し全体の傾向を見る趣旨」と記載されています。
(ばらつきの原因はいくつかあるとは思うのですが、COVID-19の統計データの一部ではウイークエンドバイアスがよく指摘されています)
この考え方は、johns hopkins universityのサイトでも用いています。
https://coronavirus.jhu.edu/data/new-cases

試しに、daily_positive_detail.jsonのデータを7days/5days moving 移動平均とは averageのグラフにすると以下のようになります。
平準化という意図では7days moving averageの方がスムースになっていると思います。

7days_moving_average

5days_moving_average

Cartman0 移動平均とは 移動平均とは commented Jul 12, 2020

一応私の指摘としては,移動平均の使用する日数の問題でなく,
今の計算では7日移動平均が右にシフトしてしまってるのではないかという部分です. 移動平均とは
左に3日分シフトさせたほうが自然に見えませんかね?

仮想通貨の確定申告で利用される「移動平均法」「総平均法」の違いとは?

仮想通貨の確定申告で利用される「移動平均法」「総平均法」の違いとは?

仮想通貨の確定申告で利用される「移動平均法」「総平均法」の違いとは?


このケースにおいては、購入した3BTCのうち、売却した1BTCに係る取得原価(= 100円)と、売却時の時価(= 150円)の差額である50円が所得として認識され、移動平均法と総平均法の間で計算結果に違いはありません。

計算例2:仮想通貨の購入が2回以上ある場合

ビットコインを、①〜④の順で購入・売却した。
①時価100円/BTCで1BTCを購入
②時価150円/BTCで1BTCを購入
③時価200円/BTCで1BTCを売却
④時価275円/BTCで1BTCを購入


本設例においては仮想通貨の購入が計3回、売却が1回となっており、仮想通貨を売却した際の売却時価に対応する原価について、取得価額をどのように算出するかによって所得計算の結果がかわることになります。


まずは移動平均法についてです。移動平均法においては、 仮想通貨の取得価格(単価)は仮想通貨の購入の度に計算 します。

③の売却時においては、直前の②の購入までで計算された単価である125円をもって原価とするため、200円 – (125円 × 1BTC)= 75円が所得金額となります。


総平均法においては、基準期間(本設問においては①〜④の取引を含む全期間)に購入した金額合計を、基準期間に購入した仮想通貨の数量合計で除して、基準期間全体で一律の取得価額(単価)を利用します。

したがって、200円 – (175円 × 1BTC)= 25円が所得金額となります。

移動平均法と総平均法の違いは「計算のタイミング」

上記設例のように、移動平均法と総平均法の最大の違いは購入した 仮想通貨の取得価額(単価)を計算するタイミング です。移動平均法は購入の都度取得価額(単価)を計算しますが、総平均法は基準期間の最後にまとめて取得価額(単価)を計算します。

ビットコインなど仮想通貨の総平均法・移動平均法の違い

取得原価の計算方法について、前提仮想通貨の購入単価の計算に 移動平均法を使用した場合と総平均法を使用した場合の計算結果は、単年度では異なるものの、将来にわたって生じる所得金額は一致 します。

しかし、2017年度の仮想通貨市場や上記設例2のように、基準期間を通じて相場が 上昇トレンドの場合に総平均法を用いると 時価のあがった後半の期間に仮想通貨の購入を行うことにより、所得計算を行う売却時に利用する 取得価額(単価)が上昇するために結果として所得金額が少なくなる ことが多くなります。

総平均法の採用にはデメリットも

【移動平均法】

  • 購入の都度取得価額(単価)を算出するため、計算が煩雑
  • 経済的な実態に即した計算方法
  • 年度中に所得計算ができるため、所得の見積りや納税資金の準備が行いやすい。

【総平均法】

  • 年度内のすべての購入を集計し、一度で単価を計算できるため計算が容易
  • 購入タイミングや市場のトレンドによっては経済的な実態と乖離してしまう可能性がある。
  • 年度が終わらないと取得価額(単価)がわからないため、納税資金の準備が行いづらい。

移動平均法・総平均法で仮想通貨取引を計算するには?

ビットコインなどの仮想通貨における 移動平均法・総平均法の計算方法と、その詳しい違いについてご紹介してきました。これらの計算を手作業でやると、かなりの時間と労力が必要になると想像できるでしょう。 特に移動平均法の計算は非常に煩雑です。

そんな仮想通貨の計算や確定申告に関する負担を軽減するため、Aerial Partnersでは 仮想通貨の損益計算ソフト「Gtax」を提供しています。

移動平均とは

単純移動平均 一定区間のデータを平均したもので、一般的に移動平均といえば単純移動平均のことを指す。 加重移動平均 時点ごとに異なるウエイト(重み)を反映して平均を算出したもの。 指数移動平均 移動平均とは 移動平均とは 指数関数的にウエイト(重み)を減少させて平均を算出したもの。

後方移動平均 ある時点とそれ以後のデータの平均値を使う方法。 前方移動平均 ある時点とそれ以前のデータの平均値を使う方法。 中央移動平均 ある時点とその前後のデータの平均値を使う方法。

単純移動平均の計算方法

移動平均とは
抽せん数字 ミニ 5回 後方移動平均 5回 中央移動平均 5回 前方移動平均 4回 中央移動平均
回号
4141 56 NaN NaN 49.4 NaN
4142 0 NaN NaN 56.4 NaN
4143 95 NaN 49.4 63.0 53.00
4144 61 NaN 56.4 59.2 47.75
4145 35 49.4 63.0 53.8 70.50
4146 91 56.4 59.2 62.2 55.00
4147 33 63.0 53.8 NaN 58.75
4148 76 59.2 62.2 NaN 58.50
4149 34 53.8 NaN NaN 55.00
4150 77 62.移動平均とは 2 NaN NaN NaN

上の表は 前準備 で用意した python のデータフレームを使って作成しました。

後方移動平均

移動平均とは 移動平均とは
抽せん数字 ミニ 5回 後方移動平均
回号
4141 56 NaN
4142 0 NaN
4143 95 NaN
4144 61 NaN
4145 35 49.4
4146 91 56.4
4147 3363.0
4148 76 59.2
4149 34 53.8
4150 77 62.2

4141回から4144回は過去(後方)のデータが5回より不足しているので NaN 移動平均とは となっています。

中央移動平均

移動平均とは 移動平均とは
抽せん数字 ミニ 5回 中央移動平均
回号
4141 56NaN
4142 0 NaN
4143 95 49.4
4144 61 56.4
4145 35 63.0
4146 91 59.2
4147 33 53.8
4148 76 62.2
4149 34 NaN
4150 77NaN

4141回と4152回、そして4149回と4150回は前後のデータが5回より不足しているので NaN となっています。

中央移動平均で区間が偶数個の場合(移動平均とは 移動平均とは 4回 中央移動平均) 移動平均とは
抽せん数字 ミニ 4回 中央移動平均
回号
4141 56 NaN
4142 0 NaN
4143 95 53.00
4144 61 47.75
4145 35 70.50
4146 91 55.00
4147 33 58.75
4148 76 58.50
4149 34 55.00
4150 77 NaN

表には4回分の中央移動平均を計算していますが pandas の rolling メソッド で計算したもので、中央の回号は 「項目数 / 2 + 1」番目になります。

スピードマスターシリーズ 株式売買で勝つための 移動平均線の読み方

人気シリーズ「スピードマスター」から移動平均線の解説書が登場です! 移動平均とは
移動平均線は,株価チャートをチェックするうえでも重要なテクニカル分析の指標のひとつですが,基本がわからないとどこを見ればよいかもわかりづらいです。
そこで本書では,移動平均線に焦点を当てて,移動平均線の仕組みや見るべきポイント,パラメーターの設定のコツ,実践的な株式取引での役立て方などを丁寧に解説していきます。テクニカル分析の基本にして王道である移動平均線を理解し,エントリーのタイミングを見極めましょう!

こんな方におすすめ

  • 株価チャートの読み方やテクニカル分析の基礎を学びたい株式投資初心者

本書のサンプル

1章 移動平均線って何?

  • 01 チャート画面にある基本的な要素を知る
  • 02 テクニカル分析で何がわかるのか
  • 03 チャートはすべての要因を含んで動いている
  • 04 移動平均線の強みはシンプルさと有用性
  • 05 相場の心理を反映する移動平均線
  • 06 移動平均線でわかる現在の価格の傾向
  • 07 移動平均線でわかる今後のトレンド
  • 08 移動平均線の具体的なしくみを知る
  • 09 テクニカル指標で「勝てる場所」を探る
  • Column 1 ローソク足は日本発祥

2章 移動平均線の基本的な使い方

  • 01 移動平均線を使うメリットを知る
  • 02 ローソク足の基本をおさらいする
  • 03 ローソク足の予想を補完する
  • 04 ローソク足と併せてトレンドの確認に使う
  • 05 買い手と売り手の力関係を知る
  • 06 ほかのテクニカルで補完して精度を高める
  • 07 テクニカル指標に頼りすぎない
  • Column 2 酒田五法はローソク足のパターン

3章 効果的なパラメーターの設定の方法

  • 01 移動平均線にはいろいろな種類がある
  • 02 単純移動平均線を効果的に使う
  • 03 移動平均線のN期間は25日がベスト
  • 04 5日,25日,200日など各指標の特徴を知る
  • 05 短期・中期・長期の3本を同時に使う
  • 06 表示する時間軸でパラメーターを変える
  • 07 チャートソフトの設定を変更する
  • Column 3 DMAは「ずらした」移動平均線

4章 移動平均線から掴む売買のポイント

  • 01 序盤と終盤は値動きが定まりづらい
  • 02 トレンドの中盤は利益を出しやすい
  • 03 エントリーのタイミングの見極め方
  • 04 移動平均線から知るチャートの注目ポイント
  • 05 ローソク足と移動平均線の位置関係を見る
  • 06 トレンドが継続するかを見極める
  • 07 手を出すべき相場を見極める
  • 08 グランビルの法則で売買のポイントを知る
  • 09 上昇トレンドへの転換は新規の買いを狙う
  • 10 上昇トレンド中の押し目買いを狙う
  • 11 上昇トレンド中の押し目買い増し
  • 12 上昇トレンド調整後の短期の買いを狙う
  • 13 4つの売りパターンを把握する
  • 14 移動平均とは 実際のチャートで見るグランビルの法則
  • 15 反対側の視点も踏まえて分析する
  • 16 複数の移動平均線とグランビルの法則を使う
  • 17 パーフェクトオーダーとの合わせ技を使う
  • 18 GCとDCをチャート分析に用いる
  • Column 4 銘柄ごとにパラメーターを変える

5章 実践的な移動平均線の応用方法

  • 01 買いの例① トレンドの序盤
  • 02 買いの例② トレンドの中盤
  • 03 買いの例③ トレンドの終盤
  • 04 買いの例④ 移動平均線を変更
  • 05 売りの例① トレンドに乗る
  • 06 売りの例② 移動平均とは 3本のSMAを使う
  • 07 移動平均線で今後のシナリオを想定
  • 08 オシレーター系RSIと移動平均線を使う
  • 09 ボリンジャーバンドと移動平均線を使う
  • 10 MACDと移動平均線を使う
  • 11 多くの人が注目するポイントを見る

著者プロフィール

和島英樹(わじまひでき)

監修者
経済ジャーナリスト 移動平均とは
1985年,日本勧業角丸証券(現みずほ証券)に入社。1988年,株式新聞社に入社。企業へのトップインタービューやマーケット取材などを担当。2000年にラジオNIKKEIに入社。東証記者クラブキャップ,解説委員などを歴任。企業トップへの取材は延べ1000社以上。2020年6月に独立。
現在のレギュラー番組は「マーケット・プレス」(ラジオNIKKEI),「デイリー・フォーカス」(日経CNBC),ストックボイス(MXテレビ),「和島英樹のウィークエンド・ストック(週末株)!」(有料コンテンツ)。
四季報オンライン(東洋経済新報社),週刊エコノミスト(毎日新聞出版),日経マネー(日経BP),かぶたんなど寄稿多数。
国際認定テクニカルアナリスト(CFTe),日本テクニカルアナリスト協会評議委員としても活躍している。

移動平均とは

私がこのコラム「チャートの極意」で解説したいのは、それぞれのテクニカル指標の本質です。本質とは、その指標が価格変動の中で何に注目し、何を判断して買いシグナル、売りシグナルを発しているかです。

たとえば本日解説する移動平均線には「ゴールデンクロス」という有名な買いシグナル、「デッドクロス」という売りシグナルがあります。しかし、そこで売買すれば必ず成功するのかと言えば「騙し」がいっぱいあります。それをどう克服していけばいいのか?それはゴールデンクロスが何故買いシグナルでデッドクロスが何故売りシグナルかという「意味」を理解していれば克服出来るのです。その「意味」を理解することこそ、小次郎講師流チャート分析の極意なのです。

テクニカル指標マスターの手順

【小次郎講師流テクニカル指標学習メソッド】
1、計算式を覚える。
2、計算式の意味を理解する。 移動平均とは
3、計算式を元に、その指標がどこを見ているかを知る。
4、その指標の買いシグナル・売りシグナルを学ぶ。
5、それが何故買いシグナルなのか、何故売りシグナルなのかを理解する。

計算式こそ、指標の意味を知るキーポイント!

3、移動平均線をマスターする

計算式を覚える

計算式の意味

移動平均とは過去N日間の平均値のことです。それはとりもなおさず、過去何日間の平均的買値(=平均的売値)を示しています。

その指標がどこを見ているか

それは現在の価格と比較するためなのです。移動平均線の本質は「過去N日間の平均買値(=平均売値)と現在の価格を比較する!」というところにあるのです。

移動平均線の買いシグナル・売りシグナル

【移動平均線の買いサイン・売りサイン】
ゴールデンクロス・・・価格が移動平均線を下から上へクロスする・・・買いサイン
デッドクロス・・・価格が移動平均線を上から下へクロスする・・・売りサイン

何故それが買いチャンス、売りチャンスなのか?

【移動平均線と価格の関係】※例として25日移動平均線とする
価格が移動平均線の上にある・・・過去25日間に買った人は(平均的に)儲かっている。
価格が移動平均線の下にある・・・過去25日間に買った人は(平均的に)損している。

先ほどの図をもう一度見てください。図の中央やや左部分にゴールデンクロスがあります。ゴールデンクロスより前は価格が移動平均線の下にあり、いわゆる買方損失時代。ところがゴールデンクロスより後は、価格が移動平均線の上にあり買方利益時代。つまりゴールデンクロスとは今までマイナスだった買方がプラスに転じる分岐点とわかります。

ゴールデンクロスより前は、買方はマイナスなので不安になっていつ決済しようか考えます。買方の決済ですから売り注文となって市場に出ます。ところがゴールデンクロスを経ると、買方はプラスに転じて調子づき、追撃買いを検討するようになるわけです。ゴールデンクロスをきっかけに売方優勢の時代から買方優勢の時代へとがらっと変わります。その分的点だからゴールデンクロスが買いサインなのです。

【ゴールデンクロス時の買方の気持ちの変化】
ゴールデンクロス前、マイナス状態でいつ売り決済しようかと考える。
ゴールデンクロス後、プラスに転じ追撃買いを検討。
【デッドクロス時の買方の気持ちの変化】
デッドクロス前、プラスなので安心して買いを持っている。
デッドクロス後、マイナスに転じあわてて売り決済を検討。

【ゴールデンクロス時の売方の気持ちの変化】
ゴールデンクロス前、プラス状態なので安心して売りを持っている。
ゴールデンクロス後、マイナスに転じあわてて買い決済を検討。
【デッドクロス時の売方の気持ちの変化】
デッドクロス前、マイナスなのでいつ買い決済をしようかと考えている。
デッドクロス後、プラスに転じ追撃売りを検討。

4、騙しが起こりやすいのはどういうとき?

ゴールデンクロスは下降トレンドが上昇トレンドに切り替わるところで有効となり、デッドクロスは上昇トレンドが下降トレンドに切り替わるところで有効となります。ということはもみあい相場のときにはゴールデンクロス・デッドクロスは機能しないのです。

単に価格が移動平均線を上抜けたらゴールデンクロスだから買いサイン、価格が移動平均線を下抜けたらデッドクロスだから売りサインと思ってはいけません。

5、移動平均線の奥義!

移動平均線はゴールデンクロス・デッドクロスばかりが注目されていますが、大事なのは、「移動平均線は過去一定期間の平均買値(=売値)と現在の価格を比較するためのもの」ということです。そのとき、単に儲かっている損しているではなくて、どれくらい儲かっているかどれくらい損しているかを把握することが大切なのです。何故でしょう?

当コンテンツは為替相場等に関連する一般的な情報の提供を目的としたコラムです。特定の投資方法等を推奨するものではなく、また投資の勧誘を目的とするものでもありません。
コンテンツの内容につきましては万全を期すよう管理しておりますが、その正確性や普遍性を当社や執筆者が保証するものではありません。記載内容に因り万が一損失が発生した場合においても、当社及び執筆者は一切の責任を負うことは出来ませんので、ご了承のうえでご参照ください。
当コンテンツの無断転用や再配布は固く禁じます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる