外国為替証拠金取引

MT4でティックチャートを使用する方法

MT4でティックチャートを使用する方法

ちなみに、ストップロスとテイクプロフィットは後からでも設定可能です。推定損失と推定利益を見る事ができるので、初心者でも損益状況を一目で把握する事ができますね。

金融市場データ調査備忘録

MT4からティックデータを取得すること自体はOnTick()イベント関数などで容易にできます。 しかし、これはあくまでもサーバ側からパソコンなどのクライアント端末に受信された単一ティックのみとなっているようです。 サーバとの通信が一時的に途絶えた時など単一ティックの継続的受信がなされなかった場合、この分のティック履歴は欠落することになります。 そこで、このようなティック履歴の欠落を補う方法としてticks.rawファイルが使えないのかと思ったのです。

MT4起動直後の気配値表示の「ティックチャート」タブには07:25:46までのティックが表示されています。 また、ティックチャートの最新のティック価格はAsk:1.13797、Bid:1.13781となっています。 一方でticks.rawには、timeの範囲が07:18:20から07:24:25までの100ティックが保持されているようです。 また、最新のティック価格はAsk:1.13788、Bid:1.MT4でティックチャートを使用する方法 13771となっています。 どうやらMT4起動直後のticks.rawは、気配値表示の「ティックチャート」タブの内容よりも若干古い内容になっているようです。

気配値表示の「ティックチャート」タブについては、特にコメントするような事はない感じです。 問題はticks.rawのほうです。 なんとMT4起動直後から内容が変わっていません・・・。 これは雲行きが怪しい気がします。

まず、気配値表示の「ティックチャート」タブについては、MT4が起動していなかった約5分間分のティックが欠落しているようです。 この事は、ティックチャートのBid価格が1.13795を超えている時がないのに対して、1分足(M1)チャートの右から6本分のバーが1.13795を超える価格を付けていることからわかります。 一方でticks.rawの内容にも変化が見られます。 timeの範囲が07:29:23から07:33:02までの77ティックが保持されているようです。 これはどうやらMT4を一旦終了した直後のティックまでが保持されている感じです。

  • 気配値表示の「ティックチャート」タブには、あくまでもリアルタイムにサーバから受信できたティックのみが表示される
  • サーバとの通信が一時的に途絶えた時など単一ティックの継続的受信がなされなかった場合、気配値表示の「ティックチャート」タブのティックにも欠落が生じる
  • 気配値表示の「ティックチャート」タブの表示内容はticks.rawファイルと同期されていない
  • 気配値表示の「ティックチャート」タブの表示内容がticks.rawファイルに反映される(Flushされる)タイミングはMT4を終了する寸前のみ

このような仕組みではティック履歴の欠落を補う方法としてticks.rawファイルは使えそうにありません・・・。 また、このような現状からMT4でティックデータを直接売買シグナルとして使うことが如何に信憑性に欠けるのかを思い知らされるような結果でもある気がしています。 少なくともティックデータの欠落を想定してある程度の範囲で集計した結果を用いて観測誤差を抑えるような扱い方が無難かもしれません。

【XMのスマホアプリ】使い方を完全攻略したようなので解説します

XMのスマホアプリの使い方

XMアプリの基本画面・基本操作を確認


XMスマホアプリの会員ページにログインしている人は、左上の完了ボタンを押すとログインページに戻る事ができます。

MT5へログイン

気配値について

MT4で通貨ペアを表示する

一番右上の財布マークをタップすれば、口座残高・損益・有効証拠金・必要証拠金・証拠金維持率・余剰証拠金がでてきます。

証拠金などの確認

ウォッチリストを管理する

ウォッチリストに追加する

銘柄タブを選択する

  • i:通貨ペアについての情報を見れる
  • +:通貨ペアを追加する事ができる

注文の管理画面

マイページや入手金管理画面

XMスマホアプリの売買方法

XMアプリの売買方法を確認


XMのスマホアプリでの売買は、タブの一番左にある「気配値」の画面からできます。

右下のプラスボタンからも注文可能

  • 成行注文:その時の価格で注文する方法
  • 予約注文:価格を指定して注文を待つ方法

一点注意が必要で、 XMのアプリでは注文する時、同時にチャートを見る事ができません。

XMスマホアプリの成行決済画面

MT5の純正アプリ

XMアプリの決済画面

売り・買い売り注文か買い注文かを選択します。背景が濃い方の方法で注文されます。
ロット数0.01が最低です。1lot=10万通貨=10万ドル=1000万円のポジション計算です。
ストップロス損切りライン設定。推定損失がわかります。
テイクプロフィット利益確定ライン設定。推定利益がわかります。

損切りと利確について


ちなみに、ストップロスとテイクプロフィットは後からでも設定可能です。推定損失と推定利益を見る事ができるので、初心者でも損益状況を一目で把握する事ができますね。

MT4でティックチャートを使用する方法

【PC/スマホ】MT5にログインできない・接続できない原因と対処法

MT5は優れた取引ツールですが、ログインできなくては始まりません。 ある日、突然入れなくなることもありますし、初回から入れないケースもあるでしょう。 そのようなトラブルに見舞われると、誰しも困ってしま .

MT5を複数インストール・複数起動する方法| MT5の設定を移行する方法も解説

2つ以上の口座を別々に運用したり、複数のMT5を同時に表示させて効率的に分析したい方もいるのではないでしょうか。 当記事では、MT5を複数インストール・複数起動する方法を解説していきます。 MT5を複 .

MT5板情報の表示方法と使い方(見方・注文・決済方法)

MT5(MetaTrader5)には、MT4にはなかった、「板情報」を表示する機能があります。 板情報とは、どの価格帯にどの程度の注文が入っているかを確認できるツールです。 そこから相場の流れを読み取 .

【PC/スマホ】MT5の時間足を変更する方法|ショートカットの設置とカスタマイズ方法

MT5でトレーリングストップ注文の設定方法

FXの注文方法の1つであるトレーリングストップ。 利益を最大限まで伸ばすことができると、多くの投資家が利用しています。 ただ、トレーリングストップの仕組みや注文方法がわからない人も多いでしょう。 この .

MT5にRCIを表示させる方法とトレード手法を解説

RCIは時間の要素を取り入れた、オシレーター系のインジケーターです。 主に株式チャートで使われていますが、FX市場でも使うことができます。 MT5でも使えますが、標準で搭載されていないため、後から追加 .

【FX手法】ボブ・ホルマンが愛用しているスキャルピングトレード手法『70ティックチャート』について徹底解説してみた

FX 70ティックチャート

FX手法

70ティックチャートとは

FX 70ティックチャート

『実際に売買が行われた回数である値動き』に対してチャートが作られます。

FX 70ティックチャート

70ティックチャートの特徴

ティックの回数を基準に形成される

相場の本質的な動きを表す

チャートがシンプル

70ティックチャートのトレード概要

プライスアクションをベースにトレード

EMAを活用する

70ティックチャートでは『EMA』も活用します。

ボブ・ボルマン氏は『20』の期間を使うことを推奨しています。

個人的には『21、100、200』などの期間が機能すると思うのでオススメです。

形成される時間からボラティリティを判断

70ティックチャートのトレード手法

①:ダブル同時線ブレイク(DB)
②:ファースト・ブレイク(FB)
③:セカンド・ブレイク(SB)
④:ブロック・ブレイク(BB)
⑤:レンジ・ブレイク(RB)
⑥:インサイド・レンジ・ブレイク(IRB)
⑦:アドバンスト・レンジ・ブレイク(ARB)

【2022年最新】MT4とMT5の違いを徹底解説。結局どっちを利用したらいいの?

MT4とMT5の違い。結局どっちを利用すべき?

【海外FXのトリセツ管理人の結論】

MT5は、 利用する価値あり 。MT5はMT4よりも 使いやすさと動作スピードが格段に良くなっている 。ただし、インディケーター・EA(自動売買)の種類は未だにMT4が優勢だ。
MT4のマニアックなインディケーターを使いまわしたい場合や、EA(自動売買)取引がメインのユーザーはMT4を使い続ければいいだろう。それ以外の方、特に 裁量トレードが主な方は、MT5をあえて避ける理由はない

MT4とMT5の違いまとめ

MT5の方が動作スピードが優秀

MT4はメモリの消費量が低いかわりに、動作スピードは若干もっさり している。

それに比べて、MT5はメモリ量を多く使う代わりに( ) 動作はかなりサクサクヌルヌル になった。

( ※ )【MT5はハイスペックPCでないと重くなる】は嘘

MT5は、MT4よりも多くのメモリを使うので、メモリ量が大きいハイスペックなPCでないと使えないと言われていた

しかし、 現在ではよほど古いPCを使っていない限り(例えば4年前、5年前のもの)問題ない

MT5の方が分足・時間足の表示が12種類も多い

MT5は時間足を細かく設定できる

チャート分析中心のトレーダーは重宝 するだろう。
(管理人も8時間足や、12時間足をかなり使っている)

MT4の時間足(9種類)

  • 分足:M1(1分足) M5(5分足) M15(15分足) M30(30分足)
  • 時間足:H1(1時間足) H4(4時間足) D1(日足)
  • その他:W1(週足) MN(月足)

MT5の時間足(21種類)

  • 分足:M1(1分足) M2(2分足) M3(3分足) M4(4分足) M5(5分足) M6(6分足) M10(10分足) MT4でティックチャートを使用する方法 M12(12分足) M15(15分足) M20(20分足) M30(30分足)
  • 時間足:H1(1時間足) H2(2時間足) H3(3時間足) H4(4時間足) H6(6時間足) H8(8時間足) H12(12時間足)
  • その他:D1(日足) W1(週足) MN(月足)

気配値・ナビゲーターウィンドウがMT5の方が便利で使いやすい

気配値ウィンドウ

MT4とMT5の気配値ウィンドウの違い

MT4では『通貨ペアリスト』『ティックチャート』のみしか見れないが、 MT5はそれに加え『プライスボード』『詳細』が見れる ようになっている。

MT5の気配値ウィンドウの詳細タブの内容

プライスボードタブ

MT5の気配値ウィンドウのプライスボードタブの内容

ナビゲーターウィンドウ

MT4とMT5のナビゲーターウィンドウの違い

開発元はMT5にチカラを入れていることが読み取れる

つまりアップデートの回数が多ければ多いほど、そのサービスに注力しているということになる。

項目
2017年、2018年の
アップデート回数
2017年:4回
2018年:0回
2017年:12回
2018年:2回
2016年~ MT4でティックチャートを使用する方法
2018年6月までの
合計アップデート
回数
15回38回
最終アップデート日2017年5月2018年2月
開発元の意向開発終了宣言開発にチカラを
入れていく

実に 1年以上もMT4はアップデートされていない のだ。

このことから、 開発元(メタクオーツ社)はMT5にチカラを入れまくっている ことが伺える。

公式ページからMT4のダウンロードができなくなっている

メタクオーツ社の公式ページからはMT4のダウンロードリンクが消されている

カスタムインディケーター・EAの種類はMT4の方が多い

カスタムインディケーターやEAの種類に関しては、未だにMT4に軍配 があがる。

もしあなたがEAをつかったトレードをしたい場合はMT4を使うべき だろう。

ただし、インディケーターに関しては、MT4に数こそ劣るもののMT5もここ何年かでかなり充実してきている。

MetaTraderは、独自のプログラミング言語『MQL(Meta Quotes Language)』を用いてインディケーターやEA(自動売買システム)が開発されている。

さらに厄介なのが、MT4とMT5は全く互換性がない

さらに、MQL4はプログラミング経験があれば比較的簡単に開発することができるのだが、MQL5は開発の難易度が高い

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる