取引システム

海外FXのトレンド相場とは

海外FXのトレンド相場とは
1つ目は通貨ペアの力関係がどちらか一方に傾き、「 上がり続けてる 」または「 下がり続けてる 」といった状況の トレンド相場 です。

ダウ理論とは?6つの法則や相場分析に使えるインジケーターを解説

その名前を冠したダウ理論とは、ダウの考案したマーケット理論です。厳密にいえば、ダウ自らが著作を残しているわけではなく、彼がウォール・ストリート・ジャーナルで論説していた内容を、その没後にS・A・ネルソンが『The ABC of Stock Speculation』で体系化し、またW・ハミルトンが『The Stock Market Barometer』で紹介、そしてロバート・リーが『The Dow Theory』でさらに発展させたという経緯をたどります。

ダウ理論の6つの基本法則

基本原則①:平均株価はすべての事象を織り込む

基本原則②トレンドには3種類ある

上昇トレンド

海外FXのトレンド相場とは 海外FXのトレンド相場とは
長期トレンド
(プライマリーサイクル)
上昇または下降の明確な方向性を表す。通常、1年~数年間継続する
中期トレンド
(セカンダリーサイクル)
長期トレンドと逆行する調整局面を表す。通常、3週間~3か月継続する
短期トレンド
(マイナーサイクル)
中期トレンドの短期的な調整局面を表す。通常、数時間~3週間継続する

基本原則③長期トレンドは3段階からなる

長期トレンドは、3段階で構成される

基本原則④平均は相互に確認されなければならない

基本原則⑤トレンドは出来高でも確認されなければならない

基本原則⑥トレンドは転換の明白なシグナルが出るまで継続する

転換シグナル

ダウ理論の分析に使えるインジケーター

OANDA_Auto_fibonacci

OANDA_Auto_fibonacciの表示例

ZigZag(ジグザグ)

ZigZagを表示させたチャート

ZigZagの設定方法

MT4への設定方法

MT5への設定方法

Tradingviewへの設定方法

ダウ理論に関する本

DVD ダウ理論で読み取る FXシンプルチャート分析

図8/DVD ダウ理論で読み取る FXシンプルチャート分析

平野朋之氏監修 ダウ理論を使ったトレードアイデア

FXの相場理論を学びたい方へオススメのコンテンツ

CCI

OANDA証券株式会社 第一種 金融商品取引業 関東財務局長 (金商) 第2137号 加入協会等:一般社団法人 金融先物取引業協会 日本証券業協会 日本投資者保護基金

© since 1996 OANDA Japan Inc All rights reserved."OANDA", "fxTrade" and OANDA's "fx" family of trade marks are owned by OANDA Corporation.
All other trade marks appearing on this Website are the property of their respective owners.

海外FXの王道トレード手法とは?現役トレーダーが基礎の基礎から教えます

海外FXの王道トレード手法とは?現役トレーダーが基礎の基礎から教えます

チャート2


※高安値の流れを分かりやすくするために、10期間の単純移動平均線を表示しています。

緑枠で囲った部分は、 高値を切り下げ安値を更新する下降トレンド

一方赤枠で囲った部分は、 高値を更新したあたりから上昇トレンドに転換 していますね。

  • それまでの下降トレンドで売りポジションを持っていた人が、高値更新を見て利確や損切りのために買い注文を出した。
  • 高値更新をトレンド転換と見た市場参加者が、買い注文を入れてきた。

同じ通貨ペアでも時間軸によって相場状況は変わる

なぜなら、 トレンド方向や相場参加者の思惑はそれぞれの時間軸に存在 するからです。

1時間足チャート

1時間足

4時間足チャート

4時間足

日足チャート

日足

このような様々なチャートを活用して分析する方法を「マルチタイムフレーム分析(MTF分析)」といいます。

相場には意識される価格がある

チャート6

何度も安値をつけている価格や、何度も高値をつけている価格がありますね。これらをサポートライン、レジスタンスラインと呼びます。

  • サポートライン(支持線) . 複数回安値をつけた価格のこと
  • レジスタンスライン(抵抗線) . 複数回高値をつけた価格のこと
  • トレンドラインやチャネルラインのように、斜めラインによって示せる節目
  • フィボナッチ・リトレースメントに代表される、ある高安値を基準として意識される価格
  • ボリンジャーバンドの±2σラインや、よく使われる期間設定の移動平均線によるサポート/レジスタンス
  • レートのキリ番

海外FXのトレード手法とエントリータイミング

この章では、今まで紹介した相場把握の基本的な考え方に基づいた「海外FXのトレード手法」「海外FXにおけるエントリータイミング」を解説したいと思います。

トレード手法の基本「押し目買い・戻り売り」

「押し目買い」と「戻り売り」は、先ほどご紹介した 「トレンドフォロー」を基本とする順張りのトレード手法 です。

チャート7

まずは1時間足から今の市場トレンドを把握します。今回は下降トレンドですね。

  • 現状下降トレンドでかつ、レジスタンスラインで停滞しているため、1時間足で有力な戻り目が形成されつつある。

クスノキがトレード手法を解説

5分・1時間足チャート

主要な安値を割り5分足でも転換が認識されることで、結果的にさらにレートは下がりましたね。

チャート9

※上が1時間足で下が5分足です。チャートの右側は消してあります。

このチャートでは1時間足は上昇トレンド中であることが分かり、さらにレジスタンス/サポートラインも確認できます。

一方、5分足の直近の流れは下降トレンド中であることも分かりますね。

チャート10

エントリーポイントは、 5分足ダブルボトムの青ラインを更新した時 。もしそれを逃した場合は、 高値を更新するポイントなど が挙げられます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる