FXのやり方紹介

バイナリーオプション三角持ち合い出現

バイナリーオプション三角持ち合い出現
バイナリー

バイナリー オプションで勝率を上げる方法/レジサポの引き方とレンジの考え方

バイナリー オプションで勝率を上げる方法

バイナリー

少しでも今後の バイナリーオプションで勝率を上げる ために

バイナリーオプションで勝率を上げる考え方

私も YouTube 動画でトレード動画をよく見ます。

FX の手法を解説している YouTuber さんは

ただ残念なことにバイナリーオプションの手法を解説している YouTuber さんは

などと説明しているバイナリーオプションの YouTuber さんが多すぎます。

あくまでも補助的なものであり、ローソク足の動きが重要です。

バイナリーオプションで稼いでいるかどうか見分ける方法

  1. インジケーター頼りの手法をたくさんアップしている
  2. チャート画面のローソク足を拡大して解説している
  3. マーチン手法ありきで高勝率を謳っている

このような人たちは、 偽物 だと私は判断します。

バイナリーオプションで勝率を上げるレジサポの引き方

何度も跳ね返されている価格帯

三尊逆三尊、ダブルトップダブルボトムのネックライン

今までにない上下のヒゲ

トレンド転換のきっかけになった押し安値戻り高値

  • 上昇トレンド中のレンジでは上限では売らない
  • 下降トレンド中のレンジでは下限では買わない

特に レンジブレイクの可能性が高い パターンです。

バイナリーオプションは、 FX よりも簡単という人がいますが

関連記事 この記事を読んだ人はこれも読んでいます!

ハイローオーストラリア実践_エントリー動画-値幅観測論ヒント

ハイローオーストラリアはきちんと出金できるの?

いろんな噂があるハイローオーストラリアですが 実際に、出金申請してみました。 口座凍結や出金拒否などいろんな噂があるハイローオーストラリアですが 管理人も、まだ、出金申請をしたことがなかったので きちんと、振込があるか確認するた.

フィボナッチ

フィボナッチ数列は、レオナルドフィボナッチが発見し、 隣合った二つの数値の合計をつなげて作られる数列をフィボナッチ指数という。 フィボナッチ数列の特性 フィボナッチ数列・・・1,1,2,3,5,8,13,2.

移動平均線

移動平均線とは 移動平均線とは一定期間の価格の平均を導き出し、 その期間の終わりに表示させ時間の経過に沿って並べたものである。 200日移動平均線が一番信頼できる とジョセフ・E・グランビル氏が 紹介したのが最初である。.

ADX バイナリー/ DMI ADXの設定と使い方からバイナリー攻略手法まで

DMI バイナリーオプション三角持ち合い出現 ADXのバイナリー攻略手法 今回のDMI ADXのバイナリー攻略手法は トレンドの勢いを確認してからエントリー/ 後出しじゃんけん的手法 になります。 【推奨通貨ペア】 EUR/USD USD/J.

20190522-実践記、大失敗の巻

今日の午前中から、別府に1泊2日で旅行に行くので 出発前にササッとエントリーしたが思わぬ3連敗。 そんなに甘いものでは無いと痛感しました!! やっぱり、きちんと時間をかけてライン取りしないといけないと大反省。 .

チャート分析するなら知っておきたいチャートパターンの見方とおすすめアプリ・ソフト大全

ゴールデンクロスとは、短期の移動平均線が中長期移動平均線を下から上に交錯して抜くことを言います。ゴールデンクロスがあらわれると、株価は上昇傾向を迎えたと判断することができます。

一方、デッドクロスとは、短期の移動平均線が中長期移動平均線を上から下に交錯して抜くことを言います。デッドクロスが表れると、株価は下落傾向を迎えたと判断することができます。

チャート分析の見方・ダブルトップ

ダブルトップの売買サインは2つの高値をつけた後に、その間にできた安値を下回った地点が売りサインとなります。

チャート分析の見方・パラボリック

パラボリック(Parabolic SaR)は、SAR(Stop And Reverse)という2本の放物線状の線を用いて売買シグナルを見る、トレンド追随型のチャート分析手法です。

通常、ローソク足がパラボリックの上にある場合は「上げ相場」を示し、一方で下にある場合は「下げ相場」を示します。上昇相場でローソク足がパラボリックを下抜けから「売りサイン」、下降相場でローソク足がパラボリックを上抜けたら「買いサイン」です。

チャート分析の見方・RSI

RSI(Relative Strength Index)は、日本語で「相対力指数」と呼ばれ、一定期間における値動きの強弱を数値で表した分析手法です。直近の一定期間において終値ベースで上昇変動と下落変動のどちらの勢いが強いのかを計測します。

通常、RSIが70%(80%)以上であれば相場は買われすぎ、逆にRSIが30%(20%)以下であれば相場は売られ過ぎであると判断されます。

チャート分析の勉強法

上では、様々なチャート分析手法とその見方について簡単に説明してきました。しかし、チャート分析はただ読めるようになるだけではなく、仕組みを理解して使いこなせるようにしなければなりません。以下では、チャート分析におすすめの本について紹介していきます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる