日本のバイナリーオプション業者

サービスブローカーとは

サービスブローカーとは

Oracle Blogs 日本語のまとめ

Oracle サービスブローカーとは Blogsの主としてテクノロジー製品のエントリを日本語でご紹介します(オリジナルのエントリを投稿することもあります)。厳密性をご所望の方は原文をどうぞ。よい内容でしたら原文に対し、"Good Entry, thanks!"でもいいので、是非コメントお願いします(Typoや誤訳はコメント欄からどうぞ)。なお、このエントリは個人の見解であり、所属する会社の公式見解ではありません。また、エントリ内でご紹介している製品・サービスは国内導入時期が未定の場合もありますのでご了承下さい。

Good entries on Oracle Blogs are put into Japanese. Mainly this blog covers technology products. Opinions expressed in this blog is my personal one and does not represent the official opinion of Oracle Corporation and my employer.

[Cloud] Service Broker for Kubernetesの提供を開始/Introducing Service Broker for Kubernetes

原文はこちら
https://blogs.oracle.com/cloud-infrastructure/introducing-service-broker-for-kubernetes


Oracle Cloud Infrastructure Service サービスブローカーとは Broker for KubernetesのGeneral Availabilityをお知らせします。DevOpsとKubernetesへの適応を続けていくにあたり、開発者たちは彼らのアプリケーションやマイクロサービスが依存するクラウドサービスのプロビジョニング、およびバインディングを、自動化されたデプロイメントストラテジに含め、能率化することを望んでいます。 例えば、あなたのアプリケーションがどこで動くにせよオブジェクトストレージに依存しているとした場合、ストレージ・バケットのプロビジョニングはアプリケーションのデプロイメントプロセスの一部となっているべきです。さらに、できればKubernetesの中のデプロイメントプロセスとしたいところです。


このシンプルで統合されたデプロイメントという構想から、クラウドサービスをアプリケーションおよびそのデプロイツールに対して公開するための一貫性のあるモデルを提供するOpen Service Broker APIプロジェクトが生まれました。この新しいサービスブローカーは、Kubernetesクラスタで、また、Oracle Cloud Infrastructureサービスと組合せて使うためのOpen サービスブローカーとは Service Broker APIの実装です。マイクロサービスやコンテナ化されたアプリケーションのための高いスケーラビリティを持ち、自動化され、自律チューニングするバックエンドであるAutonomous DatabaseなどのOracle Cloud Infrastructureサービスへのアクセスが、このサービスブローカーによってシンプルになります。

OCI Service Broker Architecture

Service Brokerの動作の仕組み

Oracle Cloud Infrastructure Service Broker for KubernetesはHelmチャートとして、Dockerコンテナとして、また、オープンソースとして利用可能です。以下のサービス(今後追加されていきます)へのサービスブローカーアダプタが含まれています:

  • Autonomous Transaction Processing
  • Autonomous Data Warehouse
  • Object サービスブローカーとは Storage
  • Streaming

サービスブローカーをあなたのKubernetesクラスタに追加すると、kubectlの中でOpen Service Broker APIを使って前述のサービスとやり取りできます。これらのサービスをアプリケーションのデプロイ前にあらかじめプロビジョニングしておく必要はありません。アプリケーションを破棄したときにはこれらのサービスを片づけることも忘れないでください。

アプリケーションポータビリティをさらに強化するために、サービスブローカーはクラウドサービスへのサービスバインディングを作成するのにも使うことができます。各バインディングについてサービスブローカーはサービスに接続するために必要になるKubernetesシークレットを作成します。内容、フォーマットは様々で、たとえばObject Storageサービスへのバインディングには、ストレージバケットへアクセスするためのpre-authenticated URI(事前認証済URI)が含まれます。

サービスブローカーとは

SQL Server Service Broker の インスタンス間のメッセージ交換のチュートリアルをやったのですがうまく動かせなかったので対処方法をメモ。

1. SQL Service のユーザー(ほっとしたら SQL Agentのユーザー化も) をログインユーザに登録してエンドポイントに対して CONNECT 権限を設定した

SQL Profiler を見ると、”Connection handshake failed. The login ‘SB2012sqlsvc’ does not have CONNECT permission on the endpoint. State 84.” というトレースが Broker:Connection イベント で記録されていたので、 メッセージ交換を行う発信先、発信側 SQL ServerのそれぞれのService Broker 用のエンドポイントに対して SQL Server サービスのユーザーに対して Connect サービスブローカーとは 権限を設定しました。

ちなみにsys.transmission_queue の transmission_status を確認するとAn error occurred while receiving data: ‘10054(An existing connection was forcibly closed by the remote host.)’, An error occurred while receiving data: ‘10054(既存の接続はリモート ホストに強制的に切断されました。)’. みたいなエラーになっていました。SQL Serverのサービスのユーザーのログインを作成し、CONNECT 権限を ユーザーに付与しました。

— 発信先、発信側のサーバーで実行
use master;

CREATE LOGIN [XXSqlServiceのユーザー] FROM WINDOWS;
GO
GRANT CONNECT サービスブローカーとは ON ENDPOINT::[XXXEndpoint] TO [XXSqlServiceのユーザー];
GO

発信先のSQL Serverに対してプロファイラーを設定したところ “サービスブローカーとは Could not forward the message because forwarding is disabled in this SQL Server instance.” のようなメッセージが記録されたので、 フォアワーディングの設定をしました。下のSQL 参照。エンドポイント名は適宜変更してください。

— 発信先で実施
ALTER ENDPOINT TargeEndpoint
FOR SERVICE_BROKER ( MESSAGE_FORWARDING = ENABLED )

ALTER DATABASE TargetTestDB
SET ENABLE_BROKER

ServiceBroker のトラブルシュートをする場合は、 SQL サービスブローカーとは Profiler を使用して、 Service Broker 関連のイベントをトレースしたり、ssbdiagnose ツールを使えます。また、sys.transmission_queue サービスブローカーとは の transmission_status を確認することもできます。

ssbdiagnose のツールの詳細な使い方はMSDNを確認してください。たとえば、次のようにメッセージ交換するSQL Server のインスタンスに接続して診断を行えます。

ssbdiagnose サービスブローカーとは サービスブローカーとは runtime connect to -S Server1 connect to -S Server2

コメントを残す コメントをキャンセル

最近の投稿

  • Azure D シリーズめっちゃ高くなってた
  • ASP.サービスブローカーとは NET MVC5 で NInject を使用した DI機能はNuGetパッケージをインストールするだけで OK!!
  • MDR-NWBT20N と Lumia 830 でペアリング (NFCを使用します)
  • 画像をCSSでスタイリング
  • Sitecore 8 でエクスペリエンスエディターにツリービューナビゲーションが追加されていた

アーカイブ

カテゴリー

新ブログ

    12月 9, 2020

Pretium lorem primis senectus サービスブローカーとは habitasse lectus s. Suscipit taciti primis tempor sagittis euismod libero facilisi aptent elementum felis blandit cursus gravida sociis eleifend lectus nullam dapibus netus feugiat curae curabitur. Curae fringilla porttitor quam sollicitudin iaculis aptent leo ligula euismod dictumst penatibus mauris eros etiam praesent volutpat […]

Pretium lorem primis senectus habitasse lectus. Suscipit taciti primis tempor sagittis euismod libero facilisi aptent elementum felis blandit cursus gravida sociis eleifend lectus nullam dapibus netus feugiat curae curabitur. Curae サービスブローカーとは サービスブローカーとは fringilla porttitor quam sollicitudin iaculis aptent leo ligula euismod dictumst penatibus mauris eros etiam サービスブローカーとは praesent volutpat p […]

Pretium lorem primis senectus habitasse lectus. Suscipit taciti primis tempor sagittis euismod libero facilisi aptent elementum felis blandit cursus gravida sociis eleifend lectus nullam dapibus netus feugiat curae curabitur. Curae fringilla porttitor quam sollicitudin iaculis aptent leo ligula euismod dictumst penatibus mauris eros etiam praesent volutpat p […]

I learned it the hard way, tried all methods サービスブローカーとは and finally came to the conclusion that this guide is the safest to go with, nothing can go wrong here, you will have all you need.

This サービスブローカーとは サービスブローカーとは simple guide helped me move several wordpress sites over the years, the layout and design of the software might have changed a bit, but the concept is サービスブローカーとは the same.

クラウドブローカーサービスの提供について ~顧客ニーズに最適なクラウド基盤の選定から複数クラウド基盤の統合的な管理・運用をサポート~

これまでNTTデータは自社データセンターやNTTコミュニケーションズのパブリッククラウド「Bizホスティング Cloud n サービスブローカーとは 」 注2 を利用し、クラウドサービスを提供してきました。それらのサービス提供により蓄積してきたノウハウを活用し、顧客ニーズにより柔軟に対応するため、今回AWSをラインナップに追加しました。さらに今後ディメンションデータが提供するManaged Cloud Platformにも対応予定です。

マルチクラウドコントロールサービス

【図】

「マルチクラウドインフラ提供サービス」におけるクラウドサービスラインナップの拡充

『BizXaaS プラットフォームサービス Flex-A』の提供開始

AWSのクラウド基盤をベースに、そのサービス利用時に必要となるシステム運用、バックアップサービスを付加した包括的なメニューとして、『BizXaaS サービスブローカーとは プラットフォームサービス Flex-A』を新たにラインナップに追加しました。

サービスの特長

  • AWSサービス利用までのリードタイム短縮

サービス名称の変更について

サービスブローカーとは
サービス名称 内容
BizXaaS プラットフォームサービス Base(旧称:BizXaaS プラットフォームサービス) 当社データセンター上の仮想サーバーに監視・バックアップを付与した運用サービス
BizXaaS プラットフォームサービス Flex-C(旧称:BizXaaS プラットフォームサービス Flex) NTTコミュニケーションズが提供するパブリッククラウド「Bizホスティング Cloud n 」に、監視・バックアップを付帯した運用サービス
BizXaaS プラットフォームサービス Flex-A(新設)AWSに監視・バックアップを付帯した運用サービス

今後について

Hinemos ® クラウド管理オプション

2013年5月27日ニュースリリース

  • 注1 MM総研による市場予測
  • 注2 Bizホスティング Cloud n
  • 「BizXaaS」は日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
  • 「Managed Cloud Platform」は日本国内における株式会社ディメンションデータの登録商標です。
  • Amazon Web Services、アマゾン ウェブ サービス、およびAWSはAmazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
  • その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
甘田(かんだ)
TEL:03-5546-8051

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
ビジネスソリューション事業本部
クラウドコンピューティングビジネスユニット
浅野、金本
TEL:050-5546-9940

sapcp_ja: Cloud Foundry Open Service Broker (JA)

This is a blog about Open Service Broker in Cloud Foundry environment.

I had a lighting talk session in the SAP Community event at Microsoft Japan.

For the Open Service Broker blogs in English, Take a look at below blogs by Harini Gunabalan.

chillSAP第2回イベント『SAPなんでもライトニングトーク祭』

SAP Cloud Platform から Microsoft サービスブローカーとは Azureサービス利用は便利だった

私のネタは最近感動した Open Service Broker です。今回はマイクロソフトさんが会場提供してくださったので、Microsoft Azure 連携で紹介しました。

SAP サービスブローカーとは Cloud Platform をプロジェクトで利用するのは SAPを使っているお客さんのプロジェクトの場合がほとんどです。既に多くのエンジニアは、 Azure, AWS, サービスブローカーとは GCP などで何らかのサービスを利用経験した事があると思います。例えば Azure CosmosDB を使ったことがあるとか。

そんなエンジニアの方々には SAP Cloud Platform から Azure サービスが使えるから非常に便利です。これは Cloud Foundry のオープンさを示すいい例で、最近感動した1つです。

Open Service Broker を利用すると Service Marketplace から Azure サービスが見えて、いつもと同じようにバッキングサービスとして利用できます。

Azure と同じように AWS, GCP とでもできます。こうなるとビジネスよりのサービスとプラットフォームサービスの住み分けができて、協業してビジネスを進められるという、いいスキームになりました。

SAPは Azure, AWS, GCP などで提供されているサービスはどんどん利用していき、同じサービスはSAPでは提供しなくていい、よりビジネスサービスに注力したサービスを提供できるようになります。そういう意味で、最近は SAP Cloud Platform はビジネスプラットフォームと呼んでいます。

サービスブローカーとは

古いブラウザを使用しています。より速く、より安全なブラウジング体験のために、今すぐ無料でアップグレードしてください。

Insurance Broker

保険ブローカーとは

「保険の手配」から「リスクマネジメント」へ

保険代理店と保険仲立人(ブローカー)の違い

お客様の目線で考えるのが保険仲立人(ブローカー)に課せられた使命です。
リスクが複雑化している今日、特定の保険会社があらかじめ用意する保険だけではお客様のご要望にお応えするリスクマネジメントが達成できるとは限りません。
私どもマルニックスは、ブローカーとしてお客様の立場で、海外を含めた多くの保険マーケットと条件や価格の交渉を行い、より多くの選択肢をご提示することで、お客様のニーズに沿った形のリスクマネジメントサービスをご提供しています。

保険代理店と保険仲立人(ブローカー)の違い

最適なリスクマネジメントオプションのご提示

安定した企業経営実現のために。保険ブローカー起用はグローバルスタンダードです。
欧米では保険ブローカーは保険流通の中心的存在。
多くの企業がリスクの専門家である保険ブローカーからリスクマネジメントについてサポートを受けています。
日本では、1996年4月の保険業法改正に伴い保険仲立人(ブローカー)が制度化。
保険仲立人(ブローカー)は顧客のために誠実に保険契約の媒介を行うことが義務づけられ、複数の保険会社と交渉してお客様にとって最適な保険商品をご提案しています。
企業のグローバル化の一層の進展などにより、リスクの捉え方も変化が求められている時代、マルニックスは企業のリスクをあらゆる角度から分析・評価し、最適なリスクマネジメントプログラムをご提案、実行いたします。
国内の保険会社はもとより、当社海外拠点で得られる保険マーケットでの知見を十分に活かし、広く全世界から保険カバーを調達。お客様のご要望を基に、保険マーケットの状況から最適と思われるリスクマネジメントのオプションをご提示してまいります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる