株初心者向け

スプレッド取引

スプレッド取引

スプレッド取引

TT Mobile スプレッド取引 スプレッド取引 を使って、Android や iOS デバイスから Autospreader 注文の発注と管理を行います。TT Mobile について詳しく表示.

FIX の有効化

FIX を通じて Autospreader と Aggregator を発注して管理できます。FIX サービスについて詳しく表示.

機能ハイライト
  • オフィスや自宅、どこからでもスプレッド定義を利用できます。
  • 取引所上場スプレッドまたはユーザー定義スプレッドを発注できます。
  • 独自の条件ロジックを作成できます。
  • ポスト ヘッジ ルールを使ってレッグ ヘッジ注文を管理できます。
  • 簡単に銘柄間スプレッドを視覚化できます。

Autospreader

オリジナルのスプレッド ツールを使って、1つまたは複数の取引所間で合成スプレッドを作成して取引できます。
Autospreader ® スプレッド取引 ルール
ヘッジするクォートの変換
Autospreader ® リロード
優先順位ホルダー

Autospreader の特定の注文タイプを最適化し、複数の価格帯のスプレッド レッグでクォート注文を発注できます。

パフォーマンス

弊社インフラストラクチャーはのコロケーションかつ近接ベースで設置されているため、比類のないスピードで注文に操作を執行することができます。
コロケーション

弊社のコロケーション データ センターを通じて、最速のスピードで取引所に直接接続して、サーバーでスプレッド取引を実行できます。

TT ® Prime を考慮した設計

専用インフラストラクチャーに展開された、カスタム設計の Autospreader により、最速のスプレッド取引ソリューションを提供しています。TT Prime について詳しく表示

多様なツール

様々な高度なツールを使って、スプレッド取引の機能を強化できます。

Combine the power and flexibility of ADL with the speed and reliability of Autospreader with more control than ever before by driving spread execution across one or more data centers. Learn more.

Aggregator

Access greater liquidity by combining two or more instruments from different markets into a single synthetic instrument.

スプレッド価格表

合成スプレッドと取引所上場カレンダー スプレッドの両方のインサイド マーケットを表示して発注できます。

トレーニング動画

Autospreader® の概要
Autospreader® リロード
Autospreader® 優先順位ホルダー
Aggregator の概要
Aggregator の設定
スプレッド価格表

関連リソース

  • Autospreader 製品情報
  • Autospreader ヘルプ ライブラリ
  • Aggregator ヘルプ ライブラリ
  • スプレッド価格表ヘルプ ライブラリ
  • コミュニティ
  • 使用料金

今すぐ開始

Copyright © 2022 Trading Technologies International, Inc. All rights reserved.

This website uses cookies for analytics and functionality purposes. To スプレッド取引 find out more about our use of cookies or to manage your choices, view our cookies policy. To view our privacy policy, click スプレッド取引 here. ACCEPTREFUSE

FXのスプレッドとは?

この現象は、先程も指摘したように、 「日本円→米ドル」に適用されるレートと「米ドル→日本円」に適用されるレートに違いがある からです。この差額がスプレッドと呼ばれるもので、外貨両替に対応した金融機関の手数料収入に相当します。
FXでは、 通貨ペアを売る際に適用される「Bid(売値)」と、通貨ペアを買う際に適用される「Ask(買値)」差額がスプレッド となります。たとえば、米ドル/円の「Bid」が103.753円で「Ask」が103.755円の場合、スプレッドは0.002円となります。取引手数料にあたるので、 スプレッドが小さければ小さいほどコストをおさえることができます 。

これに対し、FXの例では0.2銭超の円安になった時点で利益が発生します。このように、スプレッドが狭い(差額が小さい)ほうが利益を狙いやすくなるのです。

1万米ドルを購入した場合…

外貨両替:スプレッド2円×1万=2万円(手数料負担の合計)
FX:スプレッド0.2銭(0.002円)×1万=20円(手数料負担の合計)

スプレッドは「横並びでどこも同じ」ではない!

米ドル/円が0.2銭、ユーロ/円が0.4銭、英ポンド/円が0.8銭、南アフリカランド/円が0.9銭といったように、通貨ペアによってスプレッドには違いがあります。通貨の流通量などによって、調達コストに差が出てくるからです。

スプレッドとは、金融機関の判断で自由に定められるものです。しかし、これまでFXは外貨預金や外貨建てMMFと比べて非常に狭いスプレッドをつねに提示してきました。

また、FX会社によってもスプレッドの設定には違いがあります。たとえ 1通貨単位ではわずかな差であっても、レバレッジをかけてそれなりの規模の取引を行えば、軽視できないコストの違いを生む ことになるでしょう。

なお、「みんなのFX」では業界最狭水準のスプレッドを常に提示できるよう努めています。つまり、安い取引手数料で取引ができますので、同じ価格で売買をしてもスプレッドが広い業者で取引をするより、利益を増やすことが可能となります。

スプレッドの単位とは?

スプレッドの単位は「」と「pips」の2種類があります。

「銭」は、通貨ペアのうち一方が日本円の場合に用いられます。例えば、ドル/円(USD/JPY)、ユーロ/円(EUR/JPY)、英ポンド/円(GBP/JPY)などです。

「pips」は、日本円以外の通貨ペアの場合に用いられます。例えば、NZドル/米ドル(NZD/USD)、英ポンド/豪ドル(GBP/AUD)、米ドル/スイスフラン(USD/CHF)などです。

スプレッド取引
スプレッドの単位 pips
対象となる通貨ペア 一方が日本円の通貨ペア
ドル/円(USD/JPY)、ユーロ/円(EUR/JPY)、英ポンド/円(GBP/JPY)など
日本円以外の通貨ペア
NZドル/米ドル(NZD/USD)、英ポンド/豪ドル(GBP/AUD)、米ドル/スイスフラン(USD/CHF)など

・1銭=1pips=0.01円
・10銭=10pips=0.1円
・100銭=100pips=1円

「同じ会社ならつねに同じ」ではない!? スプレッドは変動するの?

スプレッドが変動する理由

さらに、スプレッドの違いについて知っておきたい事実があります。それは、 同じFX会社で同じ通貨ペアを取引しても、つねにスプレッドが一定しているわけではない ことです。

本来なら、顧客に提示するスプレッドもそれに伴って小刻みに変わるはずなのです。しかし、それでは取引しづらいとの配慮から、現在は「原則固定」という方式を打ち出しているFX会社が主流となっています。

これは、 特殊な事情が生じた場合などを除き、原則としてそのFX会社が各通貨ペアに定めているスプレッドを固定する というものです。では、原則外となってスプレッドに変化が出るのは、どういった局面なのでしょうか?

スプレッドが広がるタイミング

一つは、「○○ショック」などと呼ばれる現象を機に、為替市場で大幅な変動が生じた場合です。
例えば、記憶に新しいところでは2020年春の「コロナショック」の際には外国為替市場は乱高下し、スプレッドは拡大しやすくなりました。各社、狭いスプレッドを維持するのが困難になり、当社以外のほとんどすべてのFX会社がスプレッドの原則固定を中止したのも記憶に新しいところです。
また、アメリカの雇用統計のように重要な経済指標の発表前後、戦争のような世界規模のニュースなどが出てきた時もスプレッドは拡大しやすくなります。

もう一つ、市場の流動性が下がった時にもスプレッドは拡大します。たとえば早朝の取引時間もそれにあたります。日本時間の早朝(NY市場クローズ後)は市場参加者が少ないため、日中よりスプレッドが開くことがあります。また、投資家の間で様子見(買い控え・売り控え)ムードが強まって、取引参加者が少なくなり取引量が減少しているときも、スプレッドが拡大する可能性が高くなります。
市場参加者が少なくなればそれだけ流通量も減って、インターバンク市場における「Bid」と「Ask」の差も拡大していきます。

スプレッドに変化が出る局面

スプレッドについて、変動以外にも注意しておくべきポイントとは?

先に述べたように、 スプレッドが狭ければ狭いほど、為替差益を得やすくなります 。もっとも、スプレッドはかなり狭くなっているものの、FX会社によっては別途手数料を設定しているというケースも考えられ、その場合はそれぞれのコスト負担を両睨みで比較すべきです。

スプレッドで注意すべきチェックポイント

  • スプレッド以外の手数料がないか?
  • 期間限定のスプレッド縮小キャンペーンを行っていないか?
  • スプレッド取引 スプレッド取引 スプレッド取引
  • スプレッドは「原則固定」か?

スプレッドとともに、約定率の高さもきちんとチェックしておこう!

スプレッドは狭いのに越したことがありませんが、「原則固定」のFX会社を選んだほうがいいことなど、いくつかの注意点について触れてきました。もう一つだけ付け加えておくとすれば、スプレッドとともに 約定率 (自分が意図した通りのレートで売買が成立する確率)の高さもしっかりチェックしておいたほうがいい ということです。

なぜなら、 スプレッドが狭くてもなかなか約定しなければ、絶好のチャンスを逃してしまう ことになりかねないからです。つまり、本末転倒ということです。
自分が意図したレートで売買できなければ、せっかくの狭いスプレッドは“絵に描いたモチ”のようなものです。

これからFX取引を始める方は、「スプレッドが狭い」「約定率が高い」「スワップが高い」と三拍子そろった「みんなのFX」で始めてみてはいかがでしょうか。

タイプ別FX運用スタイル徹底比較

  • 【初心者】王道の通貨ペアでFXデビュー
  • 【初心者】スマホ1台!人気通貨で中長期投資
  • 【中級者】シストレも取り入れ高金利通貨を安定運用
  • 【中級者】貯金代わりに レバレッジを抑えて高金利通貨のスワップで資産形成
  • 【上級者】積極的な資金運用で中長期取引
  • 【上級者】ドル/円と高金利通貨を短中期で運用

FXがはじめての方

FXをもっと知る

約5分で申込完了!最短当日取引可能

今なら新規口座開設で
最大 50,000 円キャッシュバック

App Store アイコン Google Play アイコン

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及びロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 スプレッド取引 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

手数料・スプレッド

スプレッド部門第1位獲得

※主要経済指標発表時等の急変時、国内外の休日や平日早朝など著しい流動性低下時はやむをえずスプレッドを拡大することがあります。メンテナンス時間(火-金 6:55~7:スプレッド取引 スプレッド取引 10、土曜日6:50~月曜日7:00)は適用時間に含まれません。各通貨ペアのスプレッド提示状況は、主要通貨ペアスプレッド提示実績[PDF]をご覧ください。
※2:注文数量の上限は取引要綱より「取引上限」の項目をご確認ください。
※3:トルコリラ相場の急変など市場情勢の変化に伴い、トルコリラを含む通貨ペアの実勢インターバンクレートのスプレッドが著しい拡大傾向にあるため、11月22日より当面の間、トルコリラ/円における5万100通貨以上のお取引をパートナーズFXnanoでのスプレッド広告適用対象外とさせていただきます。
※スプレッド縮小キャンペーンの開催に伴い、上記基準スプレッドと異なるスプレッドが適用される時間帯がございます。
※米ドル/円につきましては、取引提携金融機関(カウンターパーティ)から当社に配信される米ドル/円のレートが極めて不安定になっているため、 4月11日より、スプレッド縮小キャンペーン実施期間中は24時間0.0銭のスプレッドが適用される取引数量を1回あたり1万通貨までとします。
※米ドル/円の1万100通貨以上のお取引につきましては、取引提携金融機関(カウンターパーティ)から当社に配信される米ドル/円のレートが極めて不安定になっているため、4月11日より、スプレッド縮小キャンペーン実施期間中は6時~8時(月曜日は7時~9時)がスプレッド7.9銭となります。

パートナーズFXnano リアルタイムレート

※上記通貨ペア以外のレート・スプレッドは、取引ツールよりご確認ください。
※メンテナンス時間中はレートの配信を実施しておりません。詳しくは取引要綱より「取引時間」の項目をご確認ください。
※米ドル/円・ユーロ/円・豪ドル/円・ユーロ/米ドル・ポンド/米ドルは1万通貨まで、ポンド/円は5,000通貨まで、トルコリラ/円、メキシコペソ/円、南アランド/円は3万通貨までの場合の数値を表示しております

スプレッド

menu

【SBI スプレッド取引 FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】
店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。
*為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【オプションFX(店頭通貨オプション取引)】
店頭通貨オプション取引は店頭外国為替証拠金取引の通貨を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。当社が提示するオプションの取引価格は、買値と売値に差があります。当社の提供する店頭通貨オプション取引の決済方法は反対売買による清算となり、また、NDO(ノンデリバラブル・オプション)であるため権利行使日に権利行使価格と実勢価格による反対売買を行います。
【暗号資産CFD(店頭暗号資産証拠金取引)】
店頭暗号資産証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。暗号資産の価格の変動によって思わぬ損失が生ずるおそれがあり、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。当社の取り扱う暗号資産は、本邦通貨または外国通貨ではありません。また、特定の国家または特定の者によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。取引価格は、買値と売値に差(スプレッド)があります。スプレッドは暗号資産の価格の急変時や流動性の低下時には拡大することがあり、お客様の意図した取引が行えない可能性があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。暗号資産の現物でのお預かり、お受取りはできません。店頭暗号資産証拠金取引を行う上で必要な証拠金の額は取り扱う暗号資産ごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(個人のお客様:50%(レバレッジ2倍)、法人のお客様:一般社団法人日本暗号資産取引業協会が毎週発表する暗号資産ごとの暗号資産リスク想定比率*(暗号資産ごとにそれぞれレバレッジが異なります))の証拠金が必要となります。証拠金の詳細については、当社ホームページでご確認ください。取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、当社ホームページでご確認ください。
*暗号資産リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第51項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【共通】
店頭暗号資産証拠金取引を除くその他のサービスは、原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。ただし、当社が提供するその他の付随サービスをご利用いただく場合は、この限りではありません。また、元本及び利益が保証されるものではありません。決済方法は反対売買による差金決済又は清算となります。お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」、「取引約款」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。

SBI FXトレード株式会社(金融商品取引業者)
関東財務局長(金商)第2635号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

スプレッド取引(すぷれっどとりひき)

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、大阪取引所、堂島取引所、S&P Global、S&P Dow Jones In dices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services、JPX総研等から情報の提供を受けています。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる