FXを極めよう

FX取引の詳細とコストについて

FX取引の詳細とコストについて
※日本時間月曜日午前7時(取引開始)前の30分間は注文の受付をいたしません。
※上記時間内においても、※ニューヨーク時間の取引終了後(米国標準時間の場合は日本時間午前7時前/米国夏時間の場合は日本時間午前6時前)から10~15分程度、日次処理のために注文受付を停止いたします。日次処理は、相場状況等により長引く場合もありますのでご了承ください。 ※取引時間外に成行注文は受付いたしません。

ガソリン代高騰が続く中、ガソリン代節約のために理論的には完璧な「1000円給油」のメリットとは?

ご存知のようにガソリン価格には、そもそもの原油市場と為替市場それぞれの取引レートが関係している。特に、このところのガソリン価格上昇には1ドル130円という円安が大いに影響しているといえる。 さて、為替といえば外貨投資において『ドルコスト平均法』と呼ばれる定番手法がある。価格が変動する商品に対して「常に一定金額を、定期的」に購入する投資方法で、単純にいうと積立投資のように、毎月1万円分ずつ商品を購入し続けることで、トータルで投資期間における購入価格を平準化する手法だ。 例えば、日本円でドルに投資するケースの場合、1ドル100円のときは1万円で100ドルが購入できるが、1ドル130円では77ドル程になり、1ドル150円であれば66.5ドル程度になる(いずれも手数料などは無視)。 計算すると、この期間で購入したドルの平均為替は約123円(3万円で243.5ドルを買ったことになる)。円安がどんどん進んでいることを考えると、1ドル150円のときよりも価格を抑えて効果的に購入できていることがわかる。つまり購入価格を分散することで、投資効果の期待できる手法が「ドルコスト平均法」ということになる。 上記の条件で、逆に毎月100ドルを購入したとして計算することにすると、300ドル分の購入費用が3万8000円となり、購入期間の平均為替は1ドル126.6円になる。ドルコスト平均法を利用すれば、とくに考えることなく投資効果は高くなるわけだ。

実際に「ドルコスト平均法」で給油してみた結果は…?

その応用として「1000円給油」というメソッドを考え、実行してみた。投資と消費はお金の流れとしては180度異なるものだが、為替に翻弄されているガソリン価格への対抗手段としては有効な可能性を見出したからだ。 つまり、1回の給油で1000円分だけを入れ続けるという方法だ。ガソリン代が安ければ1000円分で多めに給油できるし、高ければ少ししか給油できない。ドルコスト平均法が効果的な投資手法であるならば、1000円を基準に給油することでトータルでのコストを抑えることができると考えたからだ。 理論的には完璧なのだが、はたして…。その結果はどうなったのだろうか? 偽りなしのリアルな数字に日付を添えてお伝えしよう。 FX取引の詳細とコストについて 【3/31】157円/ 6.37L 【4/14】155円 /6.45L 【4/23】150円 /6.67L 【5/1】151円 /6.62L 【5/8】151円 /6.62L 【5/14】151円 /6.62L 1000円ずつ計6回の給油をしているので、支払合計は6000円。 あわせて39.35Lを給油しているので、ガゾリン購入価格の平均は152.5円/Lとなった。 結果論でいえば、ガソリン価格の落ち着いたゴールデンウイークあたりに集中的に給油したほうがガソリン代を抑えることができたといえるかもしれないが、一番損をするパターンである、3月末~4月中旬に満タンにしてしまいゴールデンウイーク明けに減ってきたところで給油するのに比べると、少しは節約できていると感じないだろうか。

FXとは?初心者でも運用できる?

FXとは?初心者でも運用できる?

OCOは「One Cancels the Other」の略。指値と逆指値の2つの注文を一度に行っておき、どちらかが成立すると、もう一つが自動的にキャンセルになるという意味です。例えば指値価格と逆指値価格の両方の注文価格を指定し、高くなったら売る、下がったら売るといった注文を行うことができます。この際、価格が高く利益確定すると、下がった場合の売り注文はキャンセルされます。これによって、価格が上がった時には利益確定ができ、価格が下落しそうな場合には損切りができるという、利益確定と損切の両方を同時に行うことができるわけです。

IFD注文

IFD-OCO注文

全決済注文

FXのメリット

FXのメリット

少額の資金で大きな取引ができる

金利差によるスワップポイントがもらえる

ほぼ24時間いつでも取引ができる

FXのデメリット

FXのデメリット

レバレッジで損失が大きくなる

為替レートの変動は予測が難しい

まとめ

監修者プロフィール

小川 洋平(オガワ ヨウヘイ)
日本FP協会認定 CFP®、合同会社clientsbenefit 代表、FP相談ねっと認定FP、SG中越代表

ブルベアって何?

コモディティとは?

キャピタルゲインとインカムゲインってなに?

株にかかる税金はどうなるの?

注目のキーワード

人気記事ランキング

キャンペーン

LINE証券の公式SNS

LINE証券 LINE公式アカウントでおトクな情報を受け取ろう

LINE証券 最短3分・スマホで完結 いますぐ無料口座開設

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。 FX取引の詳細とコストについて
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる