FX戦略編

信用取引コストで選ぶ

信用取引コストで選ぶ
カスタマーサービスにご相談ください。

国内株式のリスクと費用について

国内株式の委託手数料は「超割コース」「いちにち定額コース」の2コースから選択することができます。
〔超割コース(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
5万円まで 55円(税込)
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 115円(税込)
50万円まで 275円(税込)
100万円まで535円(税込)
150万円まで640円(税込)
3,000万円まで1,013円(税込)
3,000万円超 1,070円(税込)

〔超割コース(信用取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 148円(税込)
50万円まで 198円(税込)
50万円超 信用取引コストで選ぶ 385円(税込)

超割コース大口優遇の判定条件を達成すると、以下の優遇手数料が適用されます。大口優遇は一度条件を達成すると、3ヶ月間適用になります。詳しくは当社ウェブページをご参照ください。
〔超割コース 大口優遇(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 0円
20万円まで110円(税込)
50万円まで 261円(税込)
100万円まで 468円(税込)
150万円まで559円(税込)
3,000万円まで 886円(税込)
3,000万円超936円(税込)

〔超割コース 大口優遇(信用取引)〕
約定金額にかかわらず取引手数料は0円です。

〔いちにち定額コース〕
1日の取引金額合計(現物取引と信用取引合計)で手数料が決まります。
1日の取引金額合計 取引手数料
100万円まで0円
200万円まで 2,200円(税込)
300万円まで 3,300円(税込)
以降、100万円増えるごとに1,100円(税込)追加。 信用取引コストで選ぶ 信用取引コストで選ぶ
※1日の取引金額合計は、前営業日の夜間取引と当日の日中取引を合算して計算いたします。
※一般信用取引における返済期日が当日の「いちにち信用取引」、および当社が別途指定する銘柄の手数料は0円です。これらのお取引は、いちにち定額コースの取引金額合計に含まれません。

  • カスタマーサービスセンターのオペレーターの取次ぎによる電話注文は、上記いずれのコースかに関わらず、1回のお取引ごとにオペレーター取次ぎによる手数料(最大で4,950円(税込))を頂戴いたします。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引には、上記の売買手数料の他にも各種費用がかかります。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引をおこなうには、委託保証金の差し入れが必要です。最低委託保証金は30万円、委託保証金率は30%、委託保証金最低維持率(追証ライン)が20%です。委託保証金の保証金率が20%未満となった場合、不足額を所定の時限までに当社に差し入れていただき、委託保証金へ振替えていただくか、建玉を決済していただく必要があります。
    レバレッジ型ETF等の一部の銘柄の場合や市場区分、市場の状況等により、30%を上回る委託保証金が必要な場合がありますので、ご注意ください。

【貸株サービス・信用貸株にかかるリスクおよび費用】

リスクについて 貸株サービスの利用に当社とお客様が締結する契約は「消費貸借契約」となります。株券等を貸付いただくにあたり、楽天証券よりお客様へ担保の提供はなされません(無担保取引)。
(信用貸株のみ) 株券等の貸出設定について 信用貸株において、お客様が代用有価証券として当社に差入れている株券等(但し、当社が信用貸株の対象としていない銘柄は除く)のうち、一部の銘柄に限定して貸出すことができますが、各銘柄につき一部の数量のみに限定することはできませんので、ご注意ください。

当社の信用リスク 当社がお客様に引渡すべき株券等の引渡しが、履行期日又は両者が合意した日に行われない場合があります。この場合、「株券等貸借取引に関する基本契約書」・「信用取引規定兼株券貸借取引取扱規定第2章」に基づき遅延損害金をお客様にお支払いいたしますが、履行期日又は両者が合意した日に返還を受けていた場合に株主として得られる権利(株主優待、議決権等)は、お客様は取得できません。 投資者保護基金の対象とはなりません 貸付いただいた株券等は、証券会社が自社の資産とお客様の資産を区別して管理する分別保管および投資者保護基金による保護の対象とはなりません。 手数料等諸費用について お客様は、株券等を貸付いただくにあたり、取引手数料等の費用をお支払いいただく必要はありません。 配当金等、株主の権利・義務について 貸借期間中、株券等は楽天証券名義又は第三者名義等になっており、この期間中において、お客様は株主としての権利義務をすべて喪失します。そのため一定期間株式を所有することで得られる株主提案権等について、貸借期間中はその株式を所有していないこととなりますので、ご注意ください。(但し、信用貸株では貸借期間中の全部又は一部においてお客様名義のままの場合もあり、この場合、お客様は株主としての権利義務の一部又は全部が保持されます。)株式分割等コーポレートアクションが発生した場合、自動的にお客様の口座に対象銘柄を返却することで、株主の権利を獲得します。権利獲得後の貸出設定は、お客様のお取引状況によってお手続きが異なりますのでご注意ください。貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金については、発行会社より配当の支払いがあった後所定の期日に、所得税相当額を差し引いた配当金相当額が楽天証券からお客様へ支払われます。 株主優待、配当金の情報について 株主優待の情報は、東洋経済新報社から提供されるデータを基にしており、原則として毎月1回の更新となります。更新日から次回更新日までの内容変更、売買単位の変更、分割による株数の変動には対応しておりません。また、貸株サービス・信用貸株内における配当金の情報は、TMI(Tokyo Market Information;東京証券取引所)より提供されるデータを基にしており、原則として毎営業日の更新となります。株主優待・配当金は各企業の判断で廃止・変更になる場合がありますので、必ず当該企業のホームページ等で内容をご確認ください。 大量保有報告(短期大量譲渡に伴う変更報告書)の提出について 楽天証券、または楽天証券と共同保有者(金融商品取引法第27条の23第5項)の関係にある楽天証券グループ会社等が、貸株対象銘柄について変更報告書(同法第27条の25第2項)を提出する場合において、当社がお客様からお借りした同銘柄の株券等を同変更報告書提出義務発生日の直近60日間に、お客様に返還させていただいているときは、お客様の氏名、取引株数、契約の種類(株券消費貸借契約である旨)等、同銘柄についての楽天証券の譲渡の相手方、および対価に関する事項を同変更報告書に記載させていただく場合がございますので、予めご了承ください。 税制について 株券貸借取引で支払われる貸借料及び貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金相当額は、お客様が個人の場合、一般に雑所得又は事業所得として、総合課税の対象となります。なお、配当金相当額は、配当所得そのものではないため、配当控除は受けられません。また、お客様が法人の場合、一般に法人税に係る所得の計算上、益金の額に算入されます。税制は、お客様によりお取り扱いが異なる場合がありますので、詳しくは、税務署又は税理士等の専門家にご確認ください。

国内株式のリスクと費用について

国内株式の委託手数料は「超割コース」「いちにち定額コース」の2コースから選択することができます。
〔超割コース(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
5万円まで 55円(税込)
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 115円(税込)
50万円まで 275円(税込)
100万円まで535円(税込)
150万円まで640円(税込)
3,000万円まで1,013円(税込)
3,000万円超 1,070円(税込)

〔超割コース(信用取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 148円(税込)
50万円まで 198円(税込)
50万円超 385円(税込)

超割コース大口優遇の判定条件を達成すると、以下の優遇手数料が適用されます。大口優遇は一度条件を達成すると、3ヶ月間適用になります。詳しくは当社ウェブページをご参照ください。
〔超割コース 大口優遇(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 0円
20万円まで110円(税込)
50万円まで 261円(税込)
100万円まで 信用取引コストで選ぶ 468円(税込)
150万円まで559円(税込)
3,000万円まで 886円(税込)
3,000万円超936円(税込)

〔超割コース 大口優遇(信用取引)〕
約定金額にかかわらず取引手数料は0円です。

〔いちにち定額コース〕
1日の取引金額合計(現物取引と信用取引合計)で手数料が決まります。
1日の取引金額合計 取引手数料
100万円まで0円
200万円まで 2,200円(税込)
300万円まで 3,300円(税込)
以降、100万円増えるごとに1,100円(税込)追加。
※1日の取引金額合計は、前営業日の夜間取引と当日の日中取引を合算して計算いたします。
※一般信用取引における返済期日が当日の「いちにち信用取引」、および当社が別途指定する銘柄の手数料は0円です。これらのお取引は、いちにち定額コースの取引金額合計に含まれません。

  • カスタマーサービスセンターのオペレーターの取次ぎによる電話注文は、上記いずれのコースかに関わらず、1回のお取引ごとにオペレーター取次ぎによる手数料(最大で4,950円(税込))を頂戴いたします。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引には、上記の売買手数料の他にも各種費用がかかります。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引をおこなうには、委託保証金の差し入れが必要です。最低委託保証金は30万円、委託保証金率は30%、委託保証金最低維持率(追証ライン)が20%です。委託保証金の保証金率が20%未満となった場合、不足額を所定の時限までに当社に差し入れていただき、委託保証金へ振替えていただくか、建玉を決済していただく必要があります。
    レバレッジ型ETF等の一部の銘柄の場合や市場区分、市場の状況等により、30%を上回る委託保証金が必要な場合がありますので、ご注意ください。

【貸株サービス・信用貸株にかかるリスクおよび費用】

リスクについて 貸株サービスの利用に当社とお客様が締結する契約は「消費貸借契約」となります。株券等を貸付いただくにあたり、楽天証券よりお客様へ担保の提供はなされません(無担保取引)。
(信用貸株のみ) 株券等の貸出設定について 信用貸株において、お客様が代用有価証券として当社に差入れている株券等(但し、当社が信用貸株の対象としていない銘柄は除く)のうち、一部の銘柄に限定して貸出すことができますが、各銘柄につき一部の数量のみに限定することはできませんので、ご注意ください。

当社の信用リスク 当社がお客様に引渡すべき株券等の引渡しが、履行期日又は両者が合意した日に行われない場合があります。この場合、「株券等貸借取引に関する基本契約書」・「信用取引規定兼株券貸借取引取扱規定第2章」に基づき遅延損害金をお客様にお支払いいたしますが、履行期日又は両者が合意した日に返還を受けていた場合に株主として得られる権利(株主優待、議決権等)は、お客様は取得できません。 投資者保護基金の対象とはなりません 貸付いただいた株券等は、証券会社が自社の資産とお客様の資産を区別して管理する分別保管および投資者保護基金による保護の対象とはなりません。 手数料等諸費用について お客様は、株券等を貸付いただくにあたり、取引手数料等の費用をお支払いいただく必要はありません。 配当金等、株主の権利・義務について 貸借期間中、株券等は楽天証券名義又は第三者名義等になっており、この期間中において、お客様は株主としての権利義務をすべて喪失します。そのため一定期間株式を所有することで得られる株主提案権等について、貸借期間中はその株式を所有していないこととなりますので、ご注意ください。(但し、信用貸株では貸借期間中の全部又は一部においてお客様名義のままの場合もあり、この場合、お客様は株主としての権利義務の一部又は全部が保持されます。)株式分割等コーポレートアクションが発生した場合、自動的にお客様の口座に対象銘柄を返却することで、株主の権利を獲得します。権利獲得後の貸出設定は、お客様のお取引状況によってお手続きが異なりますのでご注意ください。貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金については、発行会社より配当の支払いがあった後所定の期日に、所得税相当額を差し引いた配当金相当額が楽天証券からお客様へ支払われます。 株主優待、配当金の情報について 株主優待の情報は、東洋経済新報社から提供されるデータを基にしており、原則として毎月1回の更新となります。更新日から次回更新日までの内容変更、売買単位の変更、分割による株数の変動には対応しておりません。また、貸株サービス・信用貸株内における配当金の情報は、TMI(Tokyo Market Information;東京証券取引所)より提供されるデータを基にしており、原則として毎営業日の更新となります。株主優待・配当金は各企業の判断で廃止・変更になる場合がありますので、必ず当該企業のホームページ等で内容をご確認ください。 大量保有報告(短期大量譲渡に伴う変更報告書)の提出について 楽天証券、または楽天証券と共同保有者(金融商品取引法第27条の23第5項)の関係にある楽天証券グループ会社等が、貸株対象銘柄について変更報告書(同法第27条の25第2項)を提出する場合において、当社がお客様からお借りした同銘柄の株券等を同変更報告書提出義務発生日の直近60日間に、お客様に返還させていただいているときは、お客様の氏名、取引株数、契約の種類(株券消費貸借契約である旨)等、同銘柄についての楽天証券の譲渡の相手方、および対価に関する事項を同変更報告書に記載させていただく場合がございますので、予めご了承ください。 税制について 信用取引コストで選ぶ 株券貸借取引で支払われる貸借料及び貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金相当額は、お客様が個人の場合、一般に雑所得又は事業所得として、総合課税の対象となります。なお、配当金相当額は、配当所得そのものではないため、配当控除は受けられません。また、お客様が法人の場合、一般に法人税に係る所得の計算上、益金の額に算入されます。税制は、お客様によりお取り扱いが異なる場合がありますので、詳しくは、税務署又は税理士等の専門家にご確認ください。

信用取引口座のおすすめランキング

ネット証券の信用取引ランキング

信用取引は資金以上の株を売買できたり, 新規売建ができるなどメリットの大きいサービスです。ただ現物取引とは違うサービスとなり, 内容も少し複雑になりますので信用取引を始める方はちゃんと勉強してから取引を初めましょう。またネット証券会社の信用取引サービスについて現物株以上に違いがあります。ネット証券各社の信用取引サービスの違いはこちらでしっかり理解して自分の投資スタイルにあった証券会社を選びましょう。

ネット証券の信用取引ランキング

SBI証券

信用取引情報

一般信用取引比較 信用取引コストで選ぶ 信用取引コストで選ぶ 信用取引コストで選ぶ
新規建 買建
売建
売建銘柄数 約3,079銘柄
返済期限 長期 無期限
短期 15営業日
1日 当日
金利※買建のみ 長期 2.80%
1日 1.80%
※ただし100万以上の場合は0.00%
貸株料 長期 1.10%
短期 3.90%
1日 0
制度信用取引比較
新規建 買建
売建
※貸借銘柄
返済期限 6ヶ月
金利※買建のみ 2.80%
貸株料(売建のみ) 1.10%
信用取引手数料
(約定ごと)
10万円 50万円 100万円 500万円
99円 198円 385円 385円

評価ポイント

SBI証券には無期限・短期・日計りと3種類の信用取引サービスがあり, 上手く使い分けることでトレードの幅を広げる事が可能です。あと信用取引口座開設で「HYPER 信用取引コストで選ぶ SBI」がずっと無料で使えるのも魅力です。

信用取引情報

一般信用取引比較 信用取引コストで選ぶ
新規建 買建
売建
売建銘柄数 約3,891銘柄
返済期限 長期 無期限
短期 14営業日
1日 当日
金利※買建のみ 長期 2.80%
1日 1.80%
※ただし100万以上の場合は0.00%
貸株料 長期 1.10%
短期 3.90%
1日 0
制度信用取引比較
新規建 買建
売建
※貸借銘柄
返済期限 6ヶ月
金利※買建のみ 2.80%
貸株料(売建のみ) 1.10%
信用取引手数料
(約定ごと)
10万円 50万円 100万円 500万円
99円 198円 385円 385円

評価ポイント

日計りの一般信用売建てができる「いちにち信用取引」は, 手数料無料・金利, 貸株料ともオンライン証券で最安とデイトレーダーにはお得なサービス。更に「短期売建て」と「無期限売建て」のサービスも開始。信用取引をするなら外せない1社と言えます。

auカブコム証券

信用取引情報

一般信用取引比較 信用取引コストで選ぶ
新規建 買建
売建
売建銘柄数 約3,933銘柄
返済期限 長期 原則, 10年
短期 -
1日 当日
金利※買建のみ 長期 2.79%
1日 1.80%
※ただし100万以上の場合は0.00%
貸株料長期 1.50%
短期 -
1日 1.80%
※ただし100万以上の場合は0.00%
制度信用取引比較
新規建 買建
売建
※貸借銘柄
返済期限 6ヶ月
金利※買建のみ 2.98%
貸株料(売建のみ) 1.15%
信用取引手数料
(約定ごと)
10万円 50万円 100万円 500万円
99円 198円 385円 385円

評価ポイント

GMOクリック証券

信用取引情報

一般信用取引比較 信用取引コストで選ぶ 信用取引コストで選ぶ 信用取引コストで選ぶ
新規建 買建
売建
売建銘柄数 約181銘柄
返済期限 長期 無期限
短期 15営業日
1日 -
金利※買建のみ 長期 2.00%
1日 -
貸株料 長期 0.008
短期 0.信用取引コストで選ぶ 0385
1日 -
制度信用取引比較
新規建 買建
売建
※貸借銘柄
返済期限 6ヶ月
金利※買建のみ 2.75%
貸株料(売建のみ) 1.10%
信用取引手数料
(約定ごと)
10万円 50万円 100万円 500万円
97円 187円 264円 264円

評価ポイント

信用取引情報

一般信用取引比較 信用取引コストで選ぶ
新規建 買建
売建
売建銘柄数 約1,012銘柄
返済期限 長期 無期限
短期 14営業日
1日 当日
金利※買建のみ 長期 4.10%
1日 1.80%
※ただし100万以上の場合は0.00%
貸株料 長期 2.00%
短期 ※銘柄によって違います
1日 1.80%
※ただし100万以上の場合は0.00%
制度信用取引比較 信用取引コストで選ぶ
新規建 買建
売建
※貸借銘柄
返済期限 6ヶ月
金利※買建のみ 3.10%
貸株料(売建のみ) 1.15%
信用取引手数料
(約定ごと)
10万円 50万円 100万円 500万円
0円 0円 1100円 3300円

評価ポイント

SBIネオトレード証券

信用取引情報

一般信用取引比較 信用取引コストで選ぶ 信用取引コストで選ぶ 信用取引コストで選ぶ 信用取引コストで選ぶ
新規建 買建
売建 ×
売建銘柄数 -
返済期限 長期 無期限
短期 -
1日 -
金利※買建のみ 長期 2.75%
1日 -
貸株料 長期 -
短期 -
1日 -
制度信用取引比較
新規建 買建
売建
※貸借銘柄
返済期限 6ヶ月
金利※買建のみ 2.30%
貸株料(売建のみ) 1.信用取引コストで選ぶ 10%
信用取引手数料
(約定ごと)
10万円 50万円 100万円 500万円
0円 0円 0円 0円

評価ポイント

マネックス証券

信用取引情報

一般信用取引比較 信用取引コストで選ぶ
新規建 買建
売建
売建銘柄数 約2,927銘柄
返済期限 長期 無期限
短期 15営業日
1日 当日
金利※買建のみ 長期 3.47%
1日 1.80%
※ただし100万以上の場合は0.00%
貸株料 長期 1.10%
短期 3.90%
1日 1.80%
※ただし100万以上の場合は0.00%
制度信用取引比較
新規建 買建
売建
※貸借銘柄
返済期限 6ヶ月
金利※買建のみ 2.80%
貸株料(売建のみ) 1.15%
信用取引手数料
(約定ごと)
10万円 50万円 100万円 500万円
99円 198円 385円 385円

評価ポイント

立花証券ストックハウス

信用取引情報

一般信用取引比較 信用取引コストで選ぶ
新規建 買建
売建 ×
売建銘柄数 -
返済期限 長期 無制限
短期 -
1日 -
金利※買建のみ 長期 0.信用取引コストで選ぶ 信用取引コストで選ぶ 信用取引コストで選ぶ 039
1日 -
貸株料 長期 -
短期 -
1日 -
制度信用取引比較 信用取引コストで選ぶ
新規建 買建
売建
※貸借銘柄
返済期限 6ヵ月
金利※買建のみ 0.026
貸株料(売建のみ) 0
信用取引手数料
(約定ごと)
10万円 50万円 100万円 500万円
0円 0円 0円 0円

評価ポイント

信用取引情報

一般信用取引比較 信用取引コストで選ぶ
新規建 買建
売建 ×
売建銘柄数 -
返済期限 長期無期限
短期 -
1日 当日
金利※買建のみ 長期 3.信用取引コストで選ぶ 09%
1日 -
貸株料 長期 0.019
短期 -
1日 -
制度信用取引比較 信用取引コストで選ぶ
新規建 買建
売建
※貸借銘柄
返済期限 6ヶ月
金利※買建のみ 0.021
貸株料(売建のみ) 0.011
信用取引手数料
(約定ごと)
10万円 50万円 100万円 500万円
88円 88円 88円 88円

評価ポイント

岡三オンライン

信用取引情報

一般信用取引比較
新規建 買建
売建 ×
売建銘柄数 -
返済期限 長期 無期限
短期 -
1日 -
金利※買建のみ 長期 2.80%
1日 -
貸株料 長期 -
短期 -
1日 -
制度信用取引比較
新規建 買建
売建
※貸借銘柄
返済期限 6ヶ月
金利※買建のみ 2.60%
貸株料(売建のみ) 2.00%
信用取引コストで選ぶ
信用取引手数料
(約定ごと)
10万円 50万円 100万円 500万円
108円 330円 550円 1100円

評価ポイント

その他の初心者におすすめ証券会社の紹介

SMBC日興証券

IPO取扱い銘柄数業界トップ水準

信用取引手数料0円

アナリストレポート充実の投資情報

信用取引はどちらかと言うとアクティブユーザ向けのサービスですが, 売買単位・回数とも多くネット証券の大きな収益源の一つで各社ともサービスに力を入れている点が印象的でした。個別に見るとSBI証券, 楽天証券、auカブコム証券, マネックス証券は一般信用取引売建銘柄をドンドン増やしており, 他社では取引できない銘柄を取引できることを差別化ポイントにしています。逆にGMOクリック証券, SBIネオトレード証券は低コストを売りにしているようです。

信用取引コストで選ぶ

立花証券ストックハウスの信用取引の魅力

魅力 取引手数料が0円!

魅力 高機能トレーディングツール
「立花トレードリッチ」

魅力 多彩な注文機能!

ストックハウス信用取引ルール、その他ご留意事項等

信用取引とは? ~はじめての信用取引~

信用取引のメリット

信用取引の種類

信用取引のコスト

信用取引の決済方法

信用取引の活用方法

追加保証金(追証=おいしょう)

株式取引特殊注文機能

信用取引コラム 実践編

信用取引の取引ツールと投資情報

立花トレードリッチ

立花トレード株アプリ

【無料】
iOS、Android端末に対応した、スマートフォン専用多機能株式取引アプリです。
銘柄情報、多機能チャート、ランキング、ニュースなどの充実のマーケット情報に加え、2WAY注文などの取引機能を実施しております。

会社四季報 最新銘柄レポート

会社四季報 最新銘柄レポート

株主優待情報

株主優待情報

投資に際してのご留意点等

  • 株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の変動に伴い、株価や基準価額が変動することにより、投資元本を割り込み、損失(元本欠損)が生じる恐れがあります。 また、これらにより生じる恐れがある損失の額は、差し入れた保証金(当初元本)を上回る損失が生じる恐れがあります。
  • 株式は株価変動等により損失が生じる恐れがあります。株式の発行者や組入れ有価証券の発行者の業務や財産の状況、市況の変化に伴い、株価や基準価額が変動することにより、投資元本を割り込み、損失(元本欠損)が生じる恐れがあります。ETNは裏付けとなる資産を保有せず、発行体となる金融機関の信用力を背景として発行される証券であることから、発行体の倒産や財務状況の悪化等の影響により、ETNの価格が下落する又は無価値となる可能性があります。これらにより生じる恐れがある損失の額は、預託した委託保証金の額を上回る恐れがあります。
  • 約諾書の印紙代が必要な場合は、当社が負担いたします。
  • 取引に際し、売買代金の30%かつ30万円以上の委託保証金が必要です。株式・投信で代用する場合は、原則、基準値段の80%で評価されます。
  • 信用取引は、取引しようとする額の30%の委託保証金(最低委託保証金額は30万円)を預託することにより取引が行えることから、取引額は預託すべき委託保証金の額を上回ります。その比率は、約3.33倍です。
  • 建株の評価損や諸経費、代用有価証券の値下がり等により、計算上の委託保証金の額が25%未満または30万円未満となった場合、不足額を当社所定の日時までに差し入れていただく必要があります。差し入れが確認できなかった場合、当社の任意で建株の全部を決済させていただきます。
  • 建株の株式分割時、分割比率が整数倍の場合は建株数が増加、建て単価が減額されます。分割比率が整数倍ではない場合、権利入札により権利処理価格が決定され、建て単価から減額されますが、入札時の相場状況・需給関係によっては、理論上の価格と乖離する場合があります。
  • 建株に係る株主優待は、受け取ることはできません。
  • お預かりする委託保証金は分別保管の対象ですが、信用取引により買い付けた株券、及び売り付けた代金は、分別保管の対象ではないため、当社の経営が破綻した場合等に、信用取引の決済が行えない可能性があります。この場合、原則、取引所が定めた株価等をもって金銭により清算されますが、支払い請求権には一切優先的地位が与えられないため、計算上利益が生じている場合であっても、これを受け取ることができない可能性があります。なお、当該債権は、投資者保護基金による補償対象にもなりません。

0120-66-3303

※ 携帯/PHS 03-5652-6221
平日8:30~17:00(土日祝日除く) 新型コロナウィルスの影響の為、当面の間、 【短縮営業】8:30~16:30(土日祝日を除く)とさせていただきます。

WEBからのお問い合わせはこちら

口座開設・お問い合わせ

口座開設はこちら(無料)

0120-66-3303

カスタマーサービスにご相談ください。

※ 携帯/PHS 03-5652-6221
平日8:30~17:00(土日祝日除く) 新型コロナウィルスの影響の為、当面の間、 【短縮営業】8:30~16:30(土日祝日を除く)とさせていただきます。

大口信用よりもお得!立花証券e支店の信用取引大口信用よりもお得!立花証券e支店の信用取引

新規口座開設で現物取引も約3ヵ月0円

立花証券e支店はとにかく信用取引がお得!

取引金額は関係なし!誰でも低コストで取引できます!

実際どのくらい低コストなの?

大手ネット証券の大口信用よりもお得です!

更に現物取引も!新規口座開設で現物手数料が約3ヵ月0円

どうして低コストなの?

お得な理由1 お得な理由1

手数料を限界まで見直し

お得な理由2 お得な理由2

経費を削減

お得な理由3 お得な理由3

株式取引のみに集中し負担を軽減

お得な理由4 お得な理由4

業界屈指の歴史と財務基盤

API接続サービス

  • 対象商品:
    国内株式(現物・信用)
  • 利用料金:
    無料

立花証券のココがスゴイ。立花証券ってどんな会社?

お陰様で創業67年

67

健全な財務体質

お客様に安心して取引いただけるよう創業時より一貫して自己資本の蓄積に取り組んでまいりました。 この財務体質の強化により自己資本規制比率は、610.4%と高い水準を維持しています(2021年3月末時点)。

自社開発システム

健全な財務体質の実現により業界最安値水準の手数料でお得に取引いただけます

株式取引に集中できる環境が整っています

口座開設の流れ

お客様情報の入力

口座開設書類をご郵送

投資に関してのご留意点等

  • 上場有価証券等の売買等にあたっては、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の変動や、投資信託、投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等の裏付けとなっている株式、債券、投資信託、不動産、商品、カバードワラント等(以下「裏付け資産」(※)といいます。)の価格や評価額の変動に伴い、上場有価証券等の価格が変動することによって損失が生じるおそれがあります。
  • 上場有価証券等の発行者又は保証会社等の業務や財産の状況に変化が生じた場合や、裏付け資産の発行者又は保証会社等の業務や財産の状況に変化が生じた場合、上場有価証券等の価格が変動することによって損失が生じるおそれがあります。
  • 上場有価証券等のうち、他の種類株式、社債、新株予約権その他の財産に転換される(できる)旨の条件又は権利が付されている場合において、当該財産の価格や評価額の変動や、当該財産の発行者の業務や財産の状況の変化に伴い、上場有価証券等の価格が変動することや、転換後の当該財産の価格や評価額が当初購入金額を下回ることによって損失が生じるおそれがあります。また、新株予約権、取得請求権等が付された上場有価証券等については、これらの権利を行使できる期間に制限がありますのでご留意ください。

【現物手数料約3ヶ月間無料サービスについて】

  • 新規で「証券口座」を開設されたお客様を対象に、証券口座開設完了日の翌営業日から3ヶ月間(60営業日・約定日ベース)、現物株式(NISA含む)の取引手数料を0円といたします。
  • 報告書電子交付のお客様が対象であり、手数料については、お客様の選択されている手数料コースのルールに則って拘束されますが、取引約定日の翌朝バッチ処理時間帯(午前3:30~午前5:30)に手数料0円で再計算されます。再計算された結果については、標準WEB画面の[資産・履歴]-[履歴]の「取引の履歴」および「取引報告書等電子交付」の取引報告書でご確認いただけます。ただし、株式取引画面の[注文照会]では約定日の表示内容と変わらないためご確認いただけません。あらかじめご留意ください。
  • 審査の結果、口座開設を承れない場合もございますが、理由については開示しておりません。
  • 証券口座を一旦解約し、再度、証券口座を開設した場合は適用対象外となります。
  • 端株のご注文は対象外です。
  • 当社が任意で行う取引(決済期日到来にともなう反対売買や、追加証拠金や不足金が期限までに充当されなかった場合など)には強制決済手数料が適用されます。
  • 無料サービスの内容および適用条件は、予告なく変更する場合があります。

【信用取引について】

  • 株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の変動に伴い、株価や基準価額が変動することにより、投資元本を割り込み、損失(元本欠損)が生じる恐れがあります。 また、これらにより生じる恐れがある損失の額は、差し入れた保証金(当初元本)を上回る損失が生じる恐れがあります。
  • 株式は株価変動等により損失が生じる恐れがあります。株式の発行者や組入れ有価証券の発行者の業務や財産の状況、市況の変化に伴い、株価や基準価額が変動することにより、投資元本を割り込み、損失(元本欠損)が生じる恐れがあります。ETNは裏付けとなる資産を保有せず、発行体となる金融機関の信用力を背景として発行される証券であることから、発行体の倒産や財務状況の悪化等の影響により、ETNの価格が下落する又は無価値となる可能性があります。これらにより生じる恐れがある損失の額は、預託した委託保証金の額を上回る恐れがあります。
  • 約諾書の印紙代が必要な場合は、当社が負担いたします。
  • 信用取引コストで選ぶ
  • 取引に際し、売買代金の33%かつ30万円以上の委託保証金が必要です。株式・投信で代用する場合は、原則、基準値段の80%で評価されます。
  • 信用取引は、取引しようとする額の33%の委託保証金(最低委託保証金額は30万円)を預託することにより取引が行えることから、取引額は預託すべき委託保証金の額を上回ります。その比率は、約3.03倍です。
  • 建株の評価損や諸経費、代用有価証券の値下がり等により、計算上の委託保証金の額が30%未満または30万円未満となった場合、不足額を当社所定の日時までに差し入れていただく必要があります。差し入れが確認できなかった場合、当社の任意で建株の一部または全部を決済させていただきます。
  • 建株の株式分割時、分割比率が整数倍の場合は建株数が増加、建て単価が減額されます。分割比率が整数倍ではない場合、権利入札により権利処理価格が決定され、建て単価から減額されますが、入札時の相場状況・需給関係によっては、理論上の価格と乖離する場合があります。
  • 建株に係る株主優待は、受け取ることはできません。
  • お預かりする委託保証金は分別保管の対象ですが、信用取引により買い付けた株券、及び売り付けた代金は、分別保管の対象ではないため、当社の経営が破綻した場合等に、信用取引の決済が行えない可能性があります。この場合、原則、取引所が定めた株価等をもって金銭により清算されますが、支払い請求権には一切優先的地位が与えられないため、計算上利益が生じている場合であっても、これを受け取ることができない可能性があります。なお、当該債権は、投資者保護基金による補償対象にもなりません。

立花証券株式会社(金融商品取引業者)関東財務局長(金商)第110号 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会 指定紛争解決機関/苦情・紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター(FINMAC)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる