初心者必見

株の買い方が知りたい

株の買い方が知りたい
画像=引用:SBI証券公式サイト

おすすめの株式投資本39選!おすすめランキングとネット証券もあわせて紹介

株式投資,ネット証券,信用取引,ファンダメンタル,システムトレード,初心者,初級,中級,上級,分析,書籍

楽天証券

(画像=引用:楽天証券公式サイト)

楽天証券は、さまざまな金融商品を取り扱う証券会社です。インターネットを中心に、幅広いサービスを展開する楽天グループ株式会社が運営しています。国内外の株式をはじめ、投資信託やFX、金・プラチナなど資産形成に効果的な商品の取り扱いも豊富です。

楽天証券の場合、楽天グループが運営する他のサービスと連携することで、よりお得に利用できます。例えば、楽天銀行で口座を開設して楽天証券と連携させると、振込手数料が無料になります。初めて信用取引する場合には「信用デビュー応援プログラム」が用意されており、条件を満たすことで楽天ポイントが200ポイントプレゼントされます。付与されたポイントは、楽天市場など他のサービスで利用可能です。特に楽天ユーザーに向いている証券会社といえるでしょう。

  • 外国株の取り扱いが豊富
  • 外国株の取引をするときの手続きが簡単
  • 他の楽天サービスをお得に利用可能
  • ポイント投資ができる
  • 米国株のリアルタイム確認に条件あり
  • 中国株の取引手数料が高め
  • ポイント投資に期間限定ポイント利用不可

楽天証券のメリット

金融商品の取り扱いが豊富なことが利用するメリットの一つです。国内株式やFXをはじめ、「iDeCo」や「NISA」などにも対応しています。また、楽天ポイントを使って、ポイント投資ができることも魅力。いきなり現金での投資にとまどいを感じる方などには、利用しやすいサービスだといえるでしょう。

外国株も豊富に取り扱っており、シンガポールやタイ、マレーシアなどの外国株へ投資可能。外国株の取引をする際の手続きも簡単にできます。外国株の取引をする場合、外国株式用の口座を別途に開設することが一般的ですが、楽天証券では総合口座を開設するだけで外国株の取引もできます。中国株をはじめとするアセアン株に投資したい方には、向いている証券会社でしょう。

楽天証券のデメリット

米国株の株価をリアルタイムで確認したいときは、月額料金がかかるので注意してください。基本的に米国株式の株価は、実際の時間より15分遅れて表示されています。楽天証券でリアルタイムに株価を確認する場合、月額330円(税込み)の利用料金を支払わなければなりません。ただし、月に1回以上の約定をしていれば無料です。楽天証券をメインに頻繁に取引するのであれば、大きなデメリットにはならないでしょう。

中国株の取り扱いはありますが、SBI証券などで取引した方が手数料を抑えることができます。楽天証券の場合、中国株の取引手数料は約定金の0.55%(税込み)ですが、SBI証券であればおよそ半分の0.286%しかかかりません。中国株を頻繁に取引する場合などには、利益に大きな影響を与えることもあるでしょう。

楽天証券のキャンペーン

キャンペーン期間 2022年1月13日~2022年3月31日午前10時まで
キャンペーン内容 キャンペーン期間中にエントリーし、はじめての米株積立または、ポイント投資(米国株式_円貨決済)設定と約定をされたお客様全員で200万ポイントを山分け!
※引用元:楽天証券「口座開設キャンペーン」
※2022年1月21日時点

SBI証券

SBI証券

画像=引用:SBI証券公式サイト

SBIホールディングス株式会社が運営する証券会社です。同社は証券や保険、住宅ローンをはじめとする金融商品全般を扱っており、ネット金融業界では大手企業として知られています。SBI証券はその子会社に当たる企業です。国内株式の個人取引シェア1位など(公式サイトより)、業界でもトップクラスの確かな実績を誇ります。

投資信託ではTポイントを使った取引も可能で、普段の買い物でためたポイントを資産運用にも活用できます。逆にSBI証券との取引でTポイントをためることもでき、サービスや取引内容に応じてTポイントが付与されます。新規口座開設の方であれば、申込時のポイント選択で「Tポイント」を選ぶことで100ポイントがもらえるなど、Tポイントでお得に利用したい方には、おすすめサービスです。

株の買い方が知りたい

誰でもIPO! は、新規上場株式を1株から1株単位で100株(1単元)まで、購入申し込みができます。 抽選倍率の高いIPOを、一人でも多くの方に体験いただき、今まで一部の投資家にチャンスが偏っていたIPOの購入申し込みに、少額から誰でも参加できるようにすることで、多くの方に当選の機会を作りたいとの思いでサービスを開始します。

そもそもIPOってなに?

IPO(Initial Public Offering)とは、新規株式公開と呼ばれ、未上場の企業が上場して新たに株式を公開することを言います。
IPOは公募価格(上場前に設定される株価)よりも初値(上場日に最初につく株価)が高くつくこともあり、上場後の株価の値上がりを期待する投資家もいます。直近10年間で初値が公募価格を上回った銘柄数は新規公開した銘柄のうち79%にもなります。(直近10年間:2008年10月~2018年10月 出所:Bloomberg)

どうやって参加すればいいの?

IPOへ参加するには証券会社の口座が必要です。 PayPay証券証券口座を開設していればどなたでも抽選申込可能です。
ただし、すべてのIPO銘柄を取り扱うわけではございません。
抽選申込するための応募の期間が限られているため、証券取引口座をお早めに開設することをおすすめします。
※通常、口座開設には1~2週間お時間を頂いておりますが、サービス開始時は、大変混雑が予想されます。 PayPay証券の口座開設は、全てのアプリ(PayPay証券、つみたてロボ貯蓄)に共通でお使いいただけますので、口座開設の手続きは、早めに準備されることをお勧めいたします。

現在のIPO(新規公開株式)
取扱銘柄

現在取扱中の銘柄はございません。

過去のIPO(新規公開株式)
取扱銘柄

ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社とは

ソフトバンクグループの日本における中心的な事業会社
ソフトバンク株式会社は、「情報革命で人々を幸せに」という経営理念の下、企業価値の最大化を図るとともに、人々が最も必要とするテクノロジーやサービスを提供する企業グループを目指し、情報・テクノロジー領域において、様々な事業に取り組んでいます。
※「株式売出届出目論見書 2018年11月」より抜粋

株の買い方が知りたい株の買い方が知りたい
取扱状況 取扱終了
銘柄名 ソフトバンク株式会社
銘柄コード 9434
上場市場 東京証券取引所 市場第一部
事業内容 移動通信サービスの提供、携帯端末の販売、固定通信サービスの提供、
インターネット接続サービスの提供。
申込単位 1株(申込下限株数:1株、申込上限株数:100株)
仮条件決定日 2018年11月30日 (金)
仮条件 1,500円
ブックビルディング
(需要申告)期間
2018年12月3日(月) 00:00 ~
2018年12月7日(金) 10:00
募集・売出価格決定日 2018年12月10日(月)
募集・売出価格 1,500円
当社募集申込期間 2018年12月11日 (火) 00:00 ~ 株の買い方が知りたい
2018年12月13日(木) 15:30
上場日 2018年12月19日(水)
売出数 1,427,287,400株
オーバーアロットメント
による売出数
160,369,400株
注意事項 (注)仮条件は1,500円の一本値となります。
(注)本件募集については、
国内:1,427,287,400株、
海外:176,406,300株
計1,603,693,700株となります。
  • 口座を開設されていないお客様はブックビルディング参加ができませんので、口座開設後にご参加ください。なお、手続き上、間に合わない場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • ブックビルディング(需要申告)をいただく際には、当社の「IPO専用アプリ」をダウンロードいただきお申込いただけます。
  • ブックビルディング(需要申告)をいただく際には、事前に購入希望金額以上のご入金が必要となります。
  • ご購入をご希望の方は、目論見書の内容をご確認のうえ、ご自身の判断と責任において、お申込をお願いいたします。
  • 「目論見書」の内容は随時更新されます。また日程、募集・売出総数等は変更となる場合があります。ブックビルディング(需要申込)及び、購入申込に際し、目論見書の内容を必ずご確認のうえ、お申込ください。
  • この情報は、日本国内の個人の投資家のみを対象として提供しております。
  • その他情報が更新される場合がありますので、適宜WEB上で内容のご確認をお願いいたします。
  • 本銘柄は株式ですので、株価の変動等により損失が生じるおそれがあります。
  • 本ページは、情報の提供のみを目的としており、投資その他の行動を勧誘するものではありません。銘柄の選択、ブックビルディングの申込と購入申込、売買(申告)価格などの投資にかかる最終決定は、目論見書の内容をご確認の上、お客さまご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
  • 日程、募集売出総数等は変更となる場合がございます。
  • 株券等の配分を行うに際して、当社はあらかじめお客様の需要動向の把握に努め、適切な募集等の取扱いを行うとともに、公平かつ公正な配分に努めることを基本方針としております。
    募集等に係る株券等の顧客への配分に係る基本方針

PayPay証券の口座を
お持ちでない方 はこちらから

PayPay証券の口座を
お持ちの方 はこちらから


QRコード


QRコード

リスク及び手数料相当額について

株式取引は、株価の変動等により損失が生じるおそれがあります。
新規公開株式(IPO)は、国内外の事業会社が発行する株式で、これまで金融商品取引所に上場されていなかったものであり、上場後は、株式相場の変動や当該事業会社等の経営・財務状況、信用状況に対応して価格が変動すること等により、損失が生ずるおそれがあります。
新規公開株式(IPO)を購入する場合は、購入対価のみのお支払いとなります。
詳しくは、目論見書、契約締結前交付書面等を必ずご覧いただき、内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお申込みください。

商号等/PayPay証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2883号
加入協会/日本証券業協会

金融商品取引業者 PayPay証券株式会社 関東財務局長(金商)第2883号 加入協会/日本証券業協会
PayPay証券はPayPay証券株式会社が運営しているサービスです

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる